- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

●エアライン板ニュース速報●

22名無しさん@おーぷん :2017/01/25(水)18:52:51 ID:Bgd
2016/12/23 アメリカ合衆国ボーイングは2016年12月22日(木)、アビアンカ航空(南米一の老舗航空会社コロンビア国籍)に787の納入500機目を引き渡したと発表した。
同機はエアバスA350XWBシリーズと共に着実に次世代型ベストセラー機としてのシェアを獲得し、西側の経済成長や相互物流の基盤として活躍する。
このB787は、固体機体記号(レジ)「N793AV」としてアビアンカ航空のスペイン宗主国路線(大西洋横断)路線などに投入される。同時に同社は黒字転換し、大きな成長を遂げている航空業界と共に歩むために良い一歩だ。とコメントした。
これによってボーイングB787(ドリームライナーシリーズ)は、昨年末の―10型初飛行成功に加えて、B767を超えるベストセラー機としての地位を確立した。500機への到達はB777以来であり、B747-8ICの製造も今年に入り受注を獲得している。
さらに新型攻撃機スコーピオンも初飛行し、ボーイング社は絶好調だと言える。ライバルエアバス社(独仏)は2年前から米国内でA321型機の製造を開始しており、より実務性の高い欧米での協力体制と、確実な成長を遂げている。
「10000万機製造(エアバス2016年)の記念碑的機材」も好騎手を祝った。今回はエアバスヘリコプター社が次期ブラジル海軍艦載大型ヘリコプター選定に関してプレスカンファレンスで明らかにした。ここではA350-1000型機の初飛行も話題として祝賀された。
より利用者の立場に立ったA330やA350の増産に務めるとした。エアバスミリタリー社ではA400Mの量産を再開し、タクティカル型強化A400Mアトラス輸送機を英国及び独仏トルコ・マレーシア空軍に納入した。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





●エアライン板ニュース速報●