open2ch.net
携帯で見る

社会学@おーぷん2ちゃんねる

ローカルルールの議論・経過についてはwiki
おーぷん初心者はよくある質問と回答を見てね
板一覧 | ヘッドライン | ランキング | 履歴

設定
レス順 | 作成順   
1: 市民層 概論 (161) 2: マル激トーク・オン・ディマンド (7) 3: マルクス隔離所 (31) 4: ハイコンテクストな文化とローコンテクストな文化 (12) 5: 日本で少なくない個人主義に対する誤解 (4) 6: お勧めの社会学の本をかいていくスレ (4) 7: ゛野球゛をサンプルとする日本文化の社会学的考察 (7) 8: なぜ日本人はロリコンなのか (6) 9: アクターネットワーク論とは? (2) 10:八巻正治教育学博士について語ろう!! (2) 11:◆この板の自治雑談質問相談投票スレ立て依頼総合★1 (5) 12:ネット犯罪予告研究所 (6) 13:(Sweden)大量の移民を受け入れたスウェーデンの惨状 (7) 14:【PRC】中国女性の自殺率、世界で唯一男性より高い (3) 15:【研究する人生 ′ ′ ′ 】@Sociology (5) 16:川成洋 『大学崩壊!』 (宝島社新書、2000年) (4) 17:山形浩生の「経済のトリセツ」(hatenawlj-Friday) (4) 18:宮台が英語書けない喋れない件 (6) 19:竹中平蔵の出世作は盗作だった【慶大教授】 (10) 20:茂木健一郎にdisられる日本の「社会学」 (5) 21:英語で論文の書けない日本人社会学者 (4) 22:Test & Links (5) 23:金正勲(ジョン・キムJohnKim)慶應大学-メディア (7) 24:【生姜】姜尚中【猫なで声の反日工作員】偽善 (9) 25:【第三者の審級】大澤真幸【THINKING「O」】 (50)  
スレッド一覧   過去ログ   ごみ箱(仮)

【1:161】市民層 概論
※ID非表示スレ
1市井の居士◆dgvbGqecqY:2017/10/22(日)20:53:05 ID:???
とりあえず過去レスリンクを貼っとくよ。日付が一番古いのはL.1、んでL.7までいったらコメントレス109,-129. これより後のレスは、ここにはリンクしてない。

オレの過去レス (旧2ちゃんリンク集)

コメントレス
109.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/335
110.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/336
111.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/337
112.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/338

113.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/339
114.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/340
115.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/341
116.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/342

117.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/350
118.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/351
119.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/352
120.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/353
121.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/354
122.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/355
(つづく)



152市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/07/30(月)09:48:30 ID:???
11 of 34 (つづき)

あくまでこの集団生活というものの相対的有意さの範疇においてのみ存在価値がある。
例えば福島原発事故があったにもかかわらず、わずか数年でその記憶が薄れ、エートスから放射能に対する警戒心が消滅していくのも、あるいはまた人類を含めた全動物種の存亡に関わる危険性が指摘されて久しい
環境ホルモン(※注)に対する関心が全くと言って良いほど高まらないことも、彼らが個人としては真理・真実性に関心を持たず、唯々ひたすら生活の便宜のための集合意識/社会性/人間関係/感情的好悪等しか意識しないC型人間だからだ。
(※注 現代物質文明が造り出し、既に全地球の陸地/大気/海洋に驚くほど大量に存在する内分泌攪乱物質。人類が創り出した最も恐ろしい毒物と言われるダイオキシンやプラスチックに含まれるビスフェノールAなどが有名。)

すなわち以上のこと共を踏まえると、「現生人類ホモ・サピエンスは、A型(論理性)とC型(自動性)という全く異なる方向性を持つ思考能を先天的に保持し合うところの認知的二亜種に分岐した上で(※注1)、この両亜種は完全に補完的に進化したと帰納できる(※注2)。
すなわち前者は自発的努力性向を、後者は普遍的均質性を持つことによってであり、もしどちらか一方の亜種が滅んでいたならば、ホモ・サピエンスは今日、現存していない。
(※注1 例えば我が国の場合は弥生時代(金属器・農耕時代)に、(一般の共同墓地とは異なり)下界から仰ぎ見る位置等に所在する「墳丘墓」が登場したことから、指導者・特権者階層がこの時代に確立したことが分る。)
(※注2 C型人間にしても真理と虚偽の区別等を認識したり、これを口先で語ることは在る。しかしそうであっても例えば真理を意識的に求めて、あるいは虚飾等を排するために果敢な行動を採るなどということまではできないのが普通だ(※注3)。
とどのつまりこうした行為とは自意識内での合理的な因果・方法論の樹立なしには不可能なのであり、集合意識への同調性の如きものからは金輪際、生起し得ないのである。)
(※注3 例えばダンテ「神曲」(1472)で、ダンテがウェルギリウスと次のように問答する箇所がある。
ダンテ「確か先生は先生の御本の何処かでハッキリと"祈り"で"天の法"は曲がらぬと言われましたが、それなのに連中はひたすらこればかりを祈っています。
(つづく)

153市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/07/30(月)09:49:05 ID:???
12 of 34 (つづき)

すると彼らの希望はアダになりますか?それとも私が先生の御説を取り違えましたか?」
ウェルギリウス「私が書いたことは平明の理だ。この人たちの希望は健全な頭で良く考えれば空望みでないことが分かるはずだ。(中略)私がその点を論述した頃は、祈ったところで過ちが償われるわけではなかった。
(中略)しかしこうした難しい問題については真理と知性の間の光となる方が、何かお前に言われるまでは、結論は下さぬが良い。」(煉獄篇 第六歌)
と、このようにウェルギリウスは自分に都合が悪い状況だと見て取るや否や、途端に権威を盾にして詭弁を弄し、相手を煙に巻いている。
その上でC型人間には、このような行動を為すことに対する不快感/自己批判等を強いるような思考統御・監督系諸機能(人格的能力)が、確立していない。)

すなわちC型人間がA型人間により正しいツボ(秩序性)にはめこめられた後は、普遍的均質性によって人類は、必要なだけの財の生産効率性を確保してきたのである。
しかしいずれにしてもC型人間とは、世俗の生産活動に煩わされる必要がない存在拘束性を持つA型人間が獲得した自発的努力性向(エントロピー減少)に依存するという前提の上で、
普遍的均質性(エントロピー増大)という安逸な連携能を顕現させるための道を、どこまでも(例えその先には破滅しかないことが彼ら自身にも分かりきっている時でさえも)とことん行くだけの凡庸者であるわけだ。

では次にこの連携能を顕現させるためには、やはり非常に重要であるところのC型人間のもう一つの属性についても説明する。

“戦争を知らない子供たち”などと、かつて流行歌に唄われたこともある第二次大戦後生まれの日本人たちは、性善説的人間観を公教育/エートスにより刷り込まれてきた。
大抵の戦後リベラル時代生まれの者は、人間は本然的に我が子を慈しんだり、家族/友人らに対する優しさ/思いやりの心を持つ、そのような習性(行動的属性)を“生来的に”持つ社会性動物であるかのように教育されている。
しかし経験・実証主義的な眼をもってして(大量虐殺を無数に繰り返してきたところの)人類史、あるいは世界中の今を生きる人々を見るならば、人間とは他者に対するそんな親和性をデフォールトで持てるほど“ご立派”な動物ではない、と直ちに結論できる。
(つづく)

154市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/07/30(月)09:49:52 ID:???
13 of 34 (つづき)

そうである。人間とは他の野生動物と何も変わることのないところの、外観の穏やかさ/相互扶助性と並んで自己中心性/暴力性等をも持ち続けている、ありふれた動物種に過ぎない(※注)。
すなわち大抵の動物同様、状況次第で我が子/家族/友人など、いとも簡単に見捨てるし、自己保存のためなら最大限の凶暴性をも発揮する。これが嘘偽りのない人間の真の姿である。
(※注 但し、第九回でも述べたように人間脳は動物脳とは異なり言語野を持つから、多様広範な抽象的概念/イデオロギーを認知し、これがために動物には在り得ないような精神の興奮/高揚/歓喜/焦燥/落胆/動揺/絶望等々の様々な意識状態が現出する。
こうして人類には、まるでキチガイ・鬼畜の如くになり得るという、特殊な存在拘束性が顕現する。) 

その上でC型人間とは実はこのような、動物的であるがゆえに、人間界の集団的社会秩序の形成/維持にとっては危険な存在拘束性を和らげて、
社会の外観・建前上の様相を努めて親和的にさせるという重要な役割を、人類の発生以来、担い続けてきた。
すなわちこの『親和性』は具体的には、A型人間がともすれば陥りがちな過度の「赤の女王」的進化傾向の陥穽、すなわち自発的努力性向が必然的に要求するストイシズム系思考統御・監督系諸機能が極致的に行き着かせるところの、
過度の自意識の緊張/アドレナリン的攻撃性を和らげることに、とりわけ与している。

コンドルセの前掲書が言うように、「人間は苦しんでいる者を見て生ずる苦痛感が、苦しんでいる者が何を必要とするかが分かった場合、不安の感情に変ずるようでなければ、“家族”という社会を形成することも永続化することもできなかった。
このような者たちには、苦しんでいる者を救援してやろうとする願望が生じ、この欲求を満たした時には、この慈恵(行為)に対する自然的褒賞として生ずるところの、ほとんど機械的な快楽の激情が(上記の不安感から転じて)直ちに生じてきたに違いない。
とどのつまり人間同士がこのような感情変化を日常的に経験するような人々とこそ、最も積極的に結びつくようになることは、必然であった。そしてこれらの感情が(原始の)人間に最初の道徳的習性をもたらした。」(「第一期の歴史の断章」から要約。)
(つづく)

155市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/07/30(月)09:50:40 ID:???
14 of 34 (つづき)

ことで、親和性を獲得したC型人間による集団的社会秩序の形成・維持能の開発が始まったのである。

そもそもC型人間的連携能を支えさせるためのモチベーションとなるところの彼らの究極の幸福観とは、他者/社会との勝負に勝つことよりも、例えば「心から心配してくれる/してあげられる家族/知人等の中で穏やかに暮らす。」といった類の充足・満足感である。
そしてこれは実は、C型人間のみならずA型人間をも含めた人類全般の自殺せずに生きようとするモチベーションにも係るものである。てゆーかもしこの種の充足・満足感が不足しすぎるならば、多くの動物は虚無感を感じてしまう。
よってプロトホミニドから現生人類へ至る種の分化・C型人間の確立時期において、脳OS機能として当然の如く「他者との良好・相互的人格尊重・平和的な関係に対して幸福感を覚える能力」(これ以降は『連帯(社会)性』と呼ぶ。)が自然採択された。

というわけでC型人間の連携能(普遍的均質性/親和性)/自動性が合理性の力としての、言わば『人間性/人間らしさ』の一方としての連帯性(もう一方はA型人間の自発的努力性向/論理性が担うところの『進歩・発展性(集合知性の進歩・発展性)』)の根幹を担っている。
ついてはこの人間性の一翼であるところの連帯性、その中でもE.デュルケーム「社会分業論」(1893)により、あらゆる人間連帯の基礎であることが論証されたところの上記のC型人間的な連帯性を、
『集団的社会秩序の形成/維持のための一次的連帯(「機械的連帯(※注)」・・デュルケーム前掲書)性』(これ以降は『一次的連帯性』と略称する。)と呼ぶ事にする。
(※注 各人の個性が減少すればするほど強化するような社会的連帯性であり、これすなわち全員があえて「擬制的な巨大個人の構成者」として、共通の伝統/風習/
文化の下に生きようとする強烈な演繹的思考(感情系習慣的自動思考)様式的バイアスを持つ連帯性であり、人々の自意識は限りなく集合意識そのものに近いものとなる。
いわゆる“気心が通じる”状態であり、人々の口は重く話題も少ないが、会話などしなくとも隣人が何者であり何を思う者であるかは、お互いに十分に分かりあっている。
その上でデュルケームはこのようなタイプの連帯性が、あらゆる人間社会の第一次的段階として現出した後でなければ、
(つづく)

156市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/07/30(月)09:53:25 ID:???
15 of 34 (つづき)

より高次な連帯性は発生し得ないことを論じた。一次的連帯は、始原的であると同時に基礎・基盤的なのである。)

一次的連帯社会においては各人は、集団的昂揚感の虜となり、その固有の存在拘束性に見合った主体性/個性を洗練できるほどの環境的エントロピー縮減性を持ち得ず、
よってA型人間による指導者・特権者階層以外においては、あらゆる遺伝的資質もまた “ごった煮”状態となって、エントロピー増大的なまま人々に継承されることと相成る。
その上で人々は、前回述べた「道徳・倫理・義務的観念系行動文化」を共有した集団的エートス管理体制を設定することで、
この一次的連帯性社会にA型人間の自発的努力性向とC型人間の普遍的均質性/親和性に基づいた自然発生的な秩序を打建てようとするのである。

例えば典型的な保守的価値観の保持者であると見做せるC型人間のエドマンド・バークはこのような世間(道徳・倫理・義務的観念系行動文化)の様相を、主著の「フランス革命についての省察」(1790)において次のように、実に上手い比喩を用いて述べている。

「我々は人間がめいめい個々人の理性の私的な元手で生活し、商売することを恐れる。それはこの個人的元手が少額であり、従って彼らとしては国民全体と過ぎし時代の共通の銀行や元手を活用する方が、好都合と考えるためである。
それゆえに(中略)彼ら(我々)は滅多に失敗しないし、目当てのものを首尾よく発見すると、(中略)むしろ(中略)偏見の保存こそが、一層賢明な方策だと考える。
事実、理性と合わさったこの偏見は、理性を活動させる動機とそれを永続化させる愛情を育む。偏見は咄嗟の場合に直ちに応用が効く。それは予め心を叡智と美徳の安全な筋道に据えることで決断の瞬間に人間を狐疑逡巡の状態に置くことがない。
偏見は人間の美徳を彼の習慣へと仕上げ、決して一連の断片的行為のままに残さない。彼の義務感は正しい偏見により彼の本性の一部となる。」

このように集団的エートス追従者としてのC型人間は、自然発生的支配秩序を構築することに資するのならば、建前としてのA型人間的な真/美/善への愛着を叙情的に語り、
また外観/上っ面だけの“真/美/善”風をもって他者の心証を良くするための詐術に励むことをも厭わず、かつこのような歪んだ体制をもって諸事を成すことに大いに自己満足もする。
(つづく)

157市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/07/30(月)09:54:01 ID:???
16 of 34 (つづき)

しかして人にはそれぞれ小脳ROMに固定された固有の人格があるから、歪んだ体制の“歪んだ便法”をもってするのみでは、心底心地よくなれる程度には、余り高くはなれない限度がある。
こうしてエートス的な建前とは裏腹に、C型人間各人の本音的にはかなりのフラストレーション/ストレスが漸次的に亢進していく。

そこでどこまでも積み上がっていく欲求不満/鬱憤が閾値を超えてテロ/暴動等に至ることを防ぐための安全弁/捌(は)け口として、一次的連帯性社会に用意されることになるものが、「社会全体的事業(※注1)」であり、
この手のものの中でも“伝家の宝刀”と見做すべきものが、どこまでも各人の主体性/個性、事物の真理・真実性を否定した上での政治的イデオロギー/プロパガンダ等をもってするところの「人口と社会の地勢的規模の拡大」、
具体的には、経済市場の大規模化による繁栄を目指すものとしての『侵略戦争(※注2)』である。
(※注1  卑近な例としては、普通に死者が出る極めて危険な祝祭行事。例えば12世紀頃の京都の民衆世界で流行した「飛礫(ひれき)」は、人々が祭り気分で互いに石を投げ合う流行。
また現在も尚、存続する全国各地の喧嘩祭/諏訪大社の御柱祭など。)
(※注2 人類の戦争は、大林太良が言うように「同類と見做される者同士の戦いには“節度”が見られ、武器も余り殺傷力が大きくないものを選んだり、相手を皆殺しにしたりしないが、
他方、自分たちとは類を異にする者たちとの戦争では、仁義なき戦いとなり、どんな非道も許されるようになるという普遍的傾向」を持つ。
その上で文明の成長期までは「節度ある戦争」(ルールを定めた決闘方式/源平合戦のように名乗り合って儀式的に進行する戦闘など。)が採用されるが、
強力な指導者・特権者階層のヘゲモニーが樹立した以降の戦争は、勝つためには手段を選ばないところの「侵略戦争」となる。)

すなわち侵略戦争は、A型人間による体制的支配とC型人間による欺瞞的エートスの産物であるところの道徳・倫理・義務的観念系行動文化がもたらすものであり、
具体的には一次的連帯性社会においては侵略戦争を、「労働/繁殖のためのコミュニケーション」に基づくミクロ的(日常・個別的)専制支配をもってして周到に準備する。
(つづく)

158市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/07/30(月)09:57:00 ID:???
17 of 34 (つづき)

すなわち彼らは日々のコミュニケーションにおいて、「社会/人間関係」の中に見出す「(自らが属する特定社会の)正義/道徳/情愛/共感/権勢/縄張り/支配力」等を誇示し合い、その上でどこまでも各人の主体性/個性に基づく多様性、事物の真理・真実性を否定し、
もって生ずるC型人間的な普遍的均質性/親和性がもたらす「多数者の専制/パーティ会場の法則」(第八回 参照)効果・作用こそを最大限に利用するのである。
こうしてC型人間的連帯性を礎とする一次的連帯社会では、侵略戦争という将来の全社会的大事業のためには最も肝となるところの、集団的に一丸となれる感情系習慣的自動思考様式(イデオロジカル・シンキング・・第十一回)的心構えを準備できるのである。

さて一次的連帯社会が侵略戦争の結果として、巨大な経済市場を運営し、尚もより多くの繁栄を求めて活動し続けるならば、
やがて社会は、むしろA型人間的な進歩・発展性がもたらすようなタイプの紐帯を求めざるを得なくなるところの特異点に達する。
すなわちデュルケーム前掲書(第二篇第二章第四節)でも述べられているように、社会が拡大/拡張し続けると、個々の「環節的小社会(デュルケーム用語)」同士の合併が進行する。
そしてこの小社会融合により新たに生まれた巨大社会においては、以前の各々の小社会毎に存在したところの同一職業者の総計が多すぎて余剰し、もって余分な者を淘汰するための闘いが勃発するのである。

さてこの闘いに敗れた者は職業変更(破壊と創造)を余儀なくされる。こうして人々が破壊と創造ためのメタ認知系諸能力を高め合うことにより、社会全体の弁証法的運動が著しく亢進する。
このようにして現れる高度な分業社会では、自発的努力性向を持ち、機を見るに敏なA型人間は、積極的にプロト優秀者・優秀者化した上で指導者・特権者階層から一般社会内に見出した自らの新天地に船出していく。
こうして人々の連帯性は、集合意識とは異質の支配的観念を持つ他者と共生しなければならないハメとなるところの、A型人間が一定の勢力を確保する
『集団的社会秩序の形成/維持のための二次的連帯(・・デュルケーム用語では「有機的連帯」)性』(これ以降は『二次的連帯性』と略称する。)の段階に移行するのである(「社会分業論」第二篇第二章第三節 参照)。
(つづく)

159市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/07/30(月)09:57:42 ID:???
18 of 34 (つづき)

これは端的に言えば“田舎の連帯”から“都市の連帯”への移行であり、人々の“気心”は最早、自然には通じず、
他者は基本的に“得体の知れない他人”となり、もって常に“世間話”に花を咲かしてでもいない限りは、座がもたない/沈黙は居心地が悪くなるような状態である。
このことの結果、C型人間の自意識においては何が起こるかと言うと、孤独感とか、あるいは自己防衛的な同調性への過度の強迫観念等が強まったりする。こうして前述の(一次的連帯性としての)C型人間的幸福観が崩壊してゆく。
そしてこの後はC型人間は、正気を見失ったキチガイ・鬼畜性を亢進させていき(第九/十一回 参照)(※注)、A型人間の躍進/C型人間の凋落による秩序破壊/不穏さが顕現する。
(※注 我が国においては、群雄割拠の時代(侵略戦争期)が終わり、高度分業・管理型社会(徳川体制)へと社会が急転換していく17世紀前半期がこれに相当する。
血気盛んさだけが採り得の歴戦のツワモノたちは、巨大消費・遊興都市へと急変していく江戸/京都の、今風の人々が他人行儀となっていく世相には全く適応できず、結局、
そんな彼らの憂さ晴らしのための所構わない「辻斬り」が数十年間も流行し続けることとなり、この間、夥しい数の町人たちが、老若男女を問わず訳もなく手当たり次第に斬り捨てられまくった。)

というわけでこうした因果性は取りも直さず、

『自らの内面を良く見つめる者ならではの人間性の一方と見做すべき進歩・発展性を顕現させる高い論理性の発現者たる貴族たち/エントロピー縮減者としてのA型人間と、同じく人間らしさの一方と見做すべき連帯性の根幹を顕現させる
高い自動性の発現者たる平民たち/
エントロピー増大者としてのC型人間の適切な人口バランスこそが、安定した人類存続のための必須要件である。
もしこれが大きく損なわれるならば最終的に、小は家庭内の人間関係から大は国家同士の関係に至るまでの全人間関係は異様な緊張状態に入り、人間界は混乱の極みとなって、人類はやがて滅亡の危機にさえ瀕する。』(『進歩の自然法の第三定理(A・C型人間定理)』)

ことを示唆する。
(つづく)

160市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/07/30(月)09:58:19 ID:???
19 of 34 (つづき)

例えばC型人間的な親和性が行き過ぎ一次的連帯性が強まりすぎれば、弱者/全体の足でまといになる者を切り捨て難くなる、かつ個々人のフラストレーションの亢進により侵略戦争に捌け口を求めるようになるから、社会集団としての自己保存能は著しく劣化していく。
また例えばA型人間的な自発的努力性向が強まって人々の攻撃性が行き過ぎれば、トップクラスの僅少者しか生き残れないような熾烈な競争状態、
あるいは同じくA型人間の内向性が高じて社会性/処世智が貧弱な指導者/特権者を擁する社会等においても、やはり同様に社会集団としての自己保存能は著しく劣化するという具合だ。

そしてここまで分かったならば、いよいよ先天的資質としての二類型遺伝子の拡散と後天的資質としての優秀者との関係等についても、知らなければならなくなるのである。
(「先天的認知資質に基づく二つの基本的人間類型」 おわり)
(つづく)

161市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/07/30(月)11:00:58 ID:???
訂正
>>146

隔絶的環境に育った歴代直径者
      
      
       ↓

隔絶的環境に育った歴代直系者

名前: mail:

【2:7】マル激トーク・オン・ディマンド
※ID非表示スレ
1名無しさん@おーぷん:2017/10/13(金)06:23:23 ID:???
国際派ビデオジャーナリスト神保哲生と、気鋭の社会学者宮台真司が、
ゲストとともに毎週の主要なニュースを独自の論理で、徹底的に掘り下げていきます。
「丸激を見ずして、インターネット放送を語ることなかれ。」
ビデオニュース・ドットコムが自信を持ってお送りするニュース番組の決定版です。
(ホームページより引用)

ビデオニュース・ドットコム
http://www.videonews.com/



2名無しさん@おーぷん:2017/10/13(金)06:28:56 ID:???
BLOGOS
http://blogos.com/blogger/videonews/article/
ビデオニュース・チャンネル
http://www.youtube.com/user/videonewscom
Ustream支局
http://www.ustream.tv/channel/videonews-com-live

ビデオジャーナリスト 神保哲生 オフィシャルブログ
http://www.jimbo.tv/
社会学者 宮台真司 オフィシャルブログ
http://www.miyadai.com/

非公式ウィキ
http://www21.atwiki.jp/vinews/

3名無しさん@おーぷん:2017/10/13(金)06:34:12 ID:???
[マル激] 843 安倍政権の「働き方改革」が危険な理由 (竹信三恵子)
https://yahoo.jp/box/pWfGnM
https://yahoo.jp/box/9rtHwY
[マル激] 844 民営化では水道事業は守れない (橋本淳司)
https://yahoo.jp/box/GL8U_1
https://yahoo.jp/box/lb_ocG
[マル激] 845 何をやっても安倍政権の支持率が下がらない理由 (西田亮介)
https://yahoo.jp/box/nAX-Wr
https://yahoo.jp/box/bryseP
[マル激] 846 内閣官房長官の権力 (枝野幸男)
https://yahoo.jp/box/qobcd0
https://yahoo.jp/box/fXU4Ac
[マル激] 848 地位協定で主権を制限された日本に独自の憲法は書けない (伊勢崎賢治)
https://yahoo.jp/box/8Qeo3L
https://yahoo.jp/box/DV-mc4
[マル激・プラス] 3 お産の事故はなぜ繰り返されるのか (勝村久司)
https://yahoo.jp/box/cmsKyr
[マル激] 849 『森友、加計問題』の本質は情報公開と公文書管理にアリ (三木由希子)
https://yahoo.jp/box/GG20Ed
https://yahoo.jp/box/5jVenX

4名無しさん@おーぷん:2017/10/15(日)12:08:26 ID:???
[マル激] 850 石破政権を展望する (石破茂)
https://yahoo.jp/box/EsBZbx
https://yahoo.jp/box/tYc38R
[マル激] 851 国際政治学者だから気づいた間違いだらけの憲法解釈 (篠田英朗)
https://yahoo.jp/box/E-EkcA
https://yahoo.jp/box/2flzWh
[マル激] 852 北朝鮮問題に落としどころはあるのか (武貞秀士)
https://yahoo.jp/box/FRPHym
https://yahoo.jp/box/jddnsQ
[マル激] 853 「日本人は格差を望んでいる」は本当か (橘木俊詔)
https://yahoo.jp/box/CFxhYx
https://yahoo.jp/box/7KspG5
[マル激] 854 これでいいのか日本の大学 (吉見俊哉)
https://yahoo.jp/box/2MMkYF
https://yahoo.jp/box/AnSXTe
[マル激] 855 異常気象を日常としないために (三上岳彦)
https://yahoo.jp/box/qLCTXw
https://yahoo.jp/box/OguyDs

5名無しさん@おーぷん:2017/10/17(火)02:01:57 ID:???
例えば自分の住んでる田舎だと、田舎と言っても地方都市くらいなんだけど
市が管理している公園や交通機関はつまんなくて退屈なんだよ。
少し離れたところには国土交通省が管理している川があって
そっちの方が雰囲気いいのな、公園の小動物の管理も環境省がやってる
だから地方分権は自分の地域に限っては魅力的に見えなくて
中央がなにしてくれるのか期待してしまう

6名無しさん@おーぷん:2018/02/14(水)21:08:02 ID:???
[マル激] 814 トランプ政権への期待とリスク (西山隆行)
https://yahoo.jp/box/N3kyC3
https://yahoo.jp/box/HlI00K
[マル激] 867 トランプのアジア歴訪に見るパクス・アメリカーナの終焉 (渡辺靖)
https://yahoo.jp/box/pfpc84
https://yahoo.jp/box/a4SY6g
[マル激] 868 独立を強行したカタルーニャは何を求めているのか (田澤耕)
https://yahoo.jp/box/601cJv
https://yahoo.jp/box/_X3jUA
[マル激] 869 過剰コンプライアンスが生む日本企業の不正ドミノ (郷原信郎)
https://yahoo.jp/box/EGGhdD
https://yahoo.jp/box/IeIeQR
[マル激] 870 ポスト・トゥルース時代の保守とリベラルの役割 (中島岳志)
https://yahoo.jp/box/zkAk1N
https://yahoo.jp/box/q3F2-M
[マル激] 871 東京五輪を持続可能な大会にするために (花岡和佳男)
https://yahoo.jp/box/kkDqD1
https://yahoo.jp/box/NYTrB6
[マル激] 872 教育無償化のあるべき姿を考える (神野直彦)
https://yahoo.jp/box/0YCSdl
https://yahoo.jp/box/Py3IO5
[マル激] 874 2018年のテーマは「関係性の豊かさ」 (中野佳裕)
https://yahoo.jp/box/Vws5-e
https://yahoo.jp/box/ZNJauz
[マル激] 875 ポスト・トゥルース時代のメディアに何ができるか (水島宏明)
https://yahoo.jp/box/ACZpYs
https://yahoo.jp/box/NHJjPN
[マル激] 876 性暴力被害者に寄り添う社会を作るために (後藤弘子)
https://yahoo.jp/box/szdEks
https://yahoo.jp/box/3M1i-q
[マル激] 877 史上最大の防衛費は日本の安全に役立っているのか (半田滋)
https://yahoo.jp/box/__xKUV
https://yahoo.jp/box/44uffL
[マル激] 878 トランプ政権の1年はアメリカと世界をどう変えたのか (西山隆行)
https://yahoo.jp/box/UpmnjW
https://yahoo.jp/box/Nga5E4
[マル激] 879 民主国家はシャープパワーに太刀打ちできるのか (西田亮介)
https://yahoo.jp/box/UdaMXk
https://yahoo.jp/box/ymo-WN

名前: mail:

【3:31】マルクス隔離所
1拓也:2015/12/15(火)00:07:05 ID:VxP
さあ



21偽マルクス主義者◆ZbV3TMNKJw:2015/12/15(火)00:16:58 ID:yqW
ぬおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお拓也閣下ばんざあああああああい!

22偽マルクス主義者◆ZbV3TMNKJw:2015/12/15(火)00:17:35 ID:yqW
307 :拓也■忍法帖【Lv=19,アルミラージ,leV】 :2015/12/15(火)00:16:27 ID:OrY(主) ×
よし、マルクスを完全に隔離できた
これで拓也軍団は安泰ごん


おいこれはどういうことだゴン

23偽マルクス主義者◆ZbV3TMNKJw:2015/12/15(火)00:18:09 ID:yqW
アフリカアフリカ

24偽マルクス主義者◆ZbV3TMNKJw:2015/12/15(火)00:18:29 ID:yqW
ゥレアリー戦争…ゴン!

25拓也■忍法帖【Lv=19,アルミラージ,leV】:2015/12/15(火)00:19:58 ID:VxP
>>22
アンチンコの陰謀ごん!

26偽マルクス主義者◆ZbV3TMNKJw:2015/12/15(火)00:23:03 ID:yqW
>>25
うおおおおおおおおおおお
論破!論破ごん!

27偽マルクス主義者◆ZbV3TMNKJw:2015/12/15(火)00:27:49 ID:yqW
資本家(名無し)による搾取から脱却せねばならぬ
機械化に伴う分業化によって我々の賃金は低下の一途を辿っておる
よって我々は武力を蜂起し、決起せねばならないのだ
マルクスの望んだ民主制選挙などいらぬ
あるのはゥレアリー戦争…ゴン!!!

29デラックスうんこ饅頭:2015/12/15(火)09:41:52 ID:ow9

( ´ ▽ ` )

記念パピコww

30名無しさん@おーぷん:2016/11/03(木)09:44:33 ID:FO4


31名無しさん@おーぷん:2017/09/25(月)01:23:24 ID:KGT
最近マルクスの名を出す人で思いつくのはジジェクくらいか。

名前: mail:

【4:12】ハイコンテクストな文化とローコンテクストな文化
1名無しさん@おーぷん:2015/11/06(金)19:57:29 ID:DeE
他者や異文化理解で重要になるこの概念について語るスレ



3名無しさん@おーぷん:2015/11/06(金)20:03:02 ID:DeE
そして日本はハイコンテクストな文化が多いけど
ここで問題があって
日本人でも人や地域により別のコンテクスト文化を持っている
それを理解出来ず他者を理解出来ない人というのをしばしば見る
相手を理解しようとする人は違うんだけど
ローコンテクストな文化より他者理解出来る人が少ない感じ
それは別の見方をすれば集団主義文化優勢な国と個人主義優勢な文化の国とも言える

4名無しさん@おーぷん:2015/11/06(金)20:07:13 ID:DeE
そしてローコンテクストな文化があるという事を理解出来ない人もいる
ここでもその為に相手を理解出来ない人というのが日本ではやや多めになる
また他者をや他者の気持を理解出来る日本人が
理解出来ない人よって空気読めない人等不当に否定されがち

空気というのもニュートラルな意味としてはお約束で
察する云々とは別の話
良くない事を肯定した空気読め文化も日本には多い
他者の気持が分かる人は空気を読む事も読まない事もある
また感情や感覚を表に出す非抑圧文化な人が他者の気持を分かる人に多い

5名無しさん@おーぷん:2015/11/06(金)20:09:52 ID:DeE
ただハイコンテクストな文化そのものが悪いという事はなく
人によってそれは良い文化にもなる
他者を理解する能力があり理解しようとする人が担い手の場合は

6名無しさん@おーぷん:2015/11/06(金)20:10:56 ID:DeE
まあ他でも良くなる場合もあるだろうけど
ただ日本はローコンテクスト文化がもっと発達した方が良いな

7名無しさん@おーぷん:2015/11/11(水)11:01:56 ID:62b
個人主義ならハイコンテクストとローコンテクスト
どっちでもあり得るけど
集団主義なら必ずハイコンテクストになると言えるかな

ただどっちの人も多く主張しているような国だと
集団主義の人でも
個人主義の人や他のハイコンテクスト文化や
ローコンテクストを理解する人がある程度いるだろうけど

8名無しさん@おーぷん:2015/11/11(水)11:08:47 ID:62b
日本だと理解する集団主義の人もいるけど少ない

日本人でも個人主義者と集団主義者どっちもいるけど
東日本大震災以降日本は集団主義が優勢になった

ちなみに高度経済成長期が終わってから00年代まで
個人主義優勢の時代だった

9名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)12:14:30 ID:v2M
ある程度以上離れたタイプの異文化コミュニケーションは
基本ローコンテクスト
日本人同士でもそうだけど
ローコンテクストなコミュニケーション方法を
ある程度でも理解出来ないと
結構離れたタイプの人を理解するのは難しい

10名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)12:15:09 ID:v2M
ローコンテクストなコミュニケーション方法を
積極的に否定する人も一部いるけど
他者理解が出来てない人がそういう人には結構多い

11名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)12:18:14 ID:v2M
一応言っておくとさっき書いた積極的に否定って
積極的に否定する場合もあるってレベルじゃなく
ローコンテクストなコミュニケーションそのものを
全否定か全否定気味に否定する事

12名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)12:23:31 ID:v2M
ハイコンテクストなコミュニケーションそのものの全否定も違うが

てかハイコンテクストと言っても
日本だけで言っても様々なタイプのコンテクストがあるというのも重要

名前: mail:

【5:4】日本で少なくない個人主義に対する誤解
1名無しさん@おーぷん:2015/08/24(月)23:39:32 ID:sDB
個人主義とはいわゆる『砂粒の個人』思想ではなく
他者に対する無関心主義でもなく
個々人が互いに尊重する事を基本としたり
他者を理解する事を是とするという社会的な思想(何でもアリでは勿論ないが)

制度としては公序良俗に反しない限り選択の自由を積極的に認めたり
人道的である事を是とするのが個人主義になるけど
例えば教育制度で言えばホームスクールを義務教育と同等に認めたり
義務教育でも多種多様な道を積極的に認めるというのが個人主義になる

どこの国の人でも個人主義的な人も集団主義的な人もいるけど
制度としては日本は集団主義的な傾向があるし
それを積極的に支持する集団主義的な人もまた多いというのも事実



2名無しさん@おーぷん:2015/08/24(月)23:41:45 ID:sDB
あとは蛸壺的なのは集団主義なんだけど
これを個人主義と誤解して日本は個人主義的傾向だと言う人もいるがそれは違う
『砂粒の個人』思想は国家レベルでの全体主義と言えるけど
蛸壺的なのは小規模な集団主義的集団という事

3名無しさん@おーぷん:2015/08/26(水)17:04:20 ID:zE4
多様性主義と画一性主義と言ったほうがいいんじゃないかな?

4名無しさん@おーぷん:2015/10/09(金)09:52:47 ID:yYm
物質文明の歴史
http://youtu.be/XpTT20ly9hA

名前: mail:

【6:4】お勧めの社会学の本をかいていくスレ
1名無しさん@おーぷん:2015/07/28(火)22:52:00 ID:Cde
12歳からの現代思想



2名無しさん@おーぷん:2015/07/28(火)22:54:43 ID:Uxk
社会病理学概論

3名無しさん@おーぷん:2015/10/17(土)19:16:33 ID:4ZS
今なら社会学を学びたい人は
まず社会生物学(行動生態学)を学んだ方が良いだろうな

4名無しさん@おーぷん:2015/12/05(土)00:36:08 ID:nLl
ギデンズの『社会学』
分厚いけど文章はやさしいのですぐ読める。
社会学のテーマと論点が概観できておすすめ。

名前: mail:

【7:7】゛野球゛をサンプルとする日本文化の社会学的考察
1名無しさん@おーぷん:2014/09/28(日)17:07:55 ID:KEZwfFW1j
先程、泥縄式に即興的にエッセー風論考を書いたので、それを叩き台に世相の変遷をサンプルとする考察を進めたい。

私の即興小論文は一応、サンプリングとして、野球を採用しているが、論考対象はそれに拘らず、広く、スポーツ一般で良いと思う。



2名無しさん@おーぷん:2014/09/28(日)17:08:50 ID:KEZwfFW1j
野球文化階級論 1

この全6章にわたるミニ論文は日本の野球文化の衰退の原因の考察である。

日本に於ける野球文化は明治の中期、アメリカ人宣教師から旧制高等学校(現在の東京大学、京都大学の教養課程)の学生に伝わった、とされる。やがて、早稲田、慶応等の私立の大学にも広普及し、六大学連盟が結成された。

旧制中等学校(現在の高校)への普及はやや遅れてであったが、大正時代には甲子園で全国大会が開催されるほどの人気スポーツとなった。

東京六大学リーグ戦と甲子園の旧制中等学校の全国大会は共に野球文化の中心、華であった。これの意味する所は日本の野球は学生スポーツとして、受け容れられ、発展した、と言う事である。

3名無しさん@おーぷん:2014/09/28(日)17:09:54 ID:KEZwfFW1j
野球文化階級論 2

学生スポーツとして普及を見た野球の担い手は東大生や早稲田、慶応の現役の学生であった訳だが、当時の日本国家の教育予算、及び、国民個人会計の財政事情は戦後のそれと異なっていた。学校の総数自体、限定されており、旧制中等学校への進学率は二割未満であった。激しい受験競争を伴っていたのである。

激しい受験競争に勝ち残ったのは旧士族、地方の素封家たちであった。当初、野球を愛好したのは受験競争の選抜に勝ち残った旧士族や地方の豪農、造り酒屋、新興産業資本家と言った富裕階層、もしくは(貧しくとも)前時代の支配階層であった家系の子弟たちだったのである。国民はそれらのエリートの子弟のスポーツの場での恰も真剣で立ち合うが如き競い合いに観衆として、熱狂したのである。

4名無しさん@おーぷん:2014/09/28(日)17:11:30 ID:KEZwfFW1j
野球文化階級論 3

戦前、中等学校への進学率は18%であった。中等学校への進学は広く、国民の憧れであり、今日の大卒以上の希少性を認知されていたのである。野球はそうしたエリートの遊ぶ競技であった(厳密に申すなら、野球に限らず、当時のアマチュアスポーツ全般がそうであったが)。敷衍するなら、我々が゛体育会系気質゛と呼ぶ所の日本独特の蛮風は侍階級が歴史的に継承して来たバーバリズムであったのである。

故に、初期の野球人は旧士族階級出身や地方の素封家出身者が圧倒的に多かったのである。そもそも、東京六大学の何れかに進学するには旧制中等学校に入学しなければならないが、激しい受験競争に勝ち残るのは確率論的に偏差の法則が作動し、上記の家系の者たち以外は淘汰されたのである。

我々の記憶に残る往古のプロ野球の名選手もまた、そうであったのだ。

5名無しさん@おーぷん:2014/09/28(日)17:14:26 ID:KEZwfFW1j
野球文化階級論 4

所が、戦後のアメリカ軍占領以降、我が国の国民意識は大きく変容を遂げ、旧士族の家系の者の階級的アイデンティティー、価値観は民主主義的価値観によって優先順位を完全に置換されてしまったのである。

今日のプロ野球人気の下降は国民に浸透した民主主義の価値観が旧士族階級のアイデンティティーに取って換わった所産であるのは明らかである。士族の野球人の代表的な例証は広岡達郎氏である。氏の毅然たる言動、振る舞いは野球の魅力のコアをなす武士的精神性を体現している。

時系列は異なるが、同じ早稲田の氏の先輩である三原脩氏も野球の魅力の源動性を具現化させた指導者の一人であった。和歌山中ー立教出身の西本幸雄氏も同様の指導者であろう。

6名無しさん@おーぷん:2014/09/28(日)17:16:34 ID:KEZwfFW1j
野球文化階級論 5

1960年代半ば迄は、戦前に教育を受けた世代が現役選手としてプレーしていた。1980年代初期までは野球界自体に士族的文化の余韻が生きていた。だが、1982年、統計的に戦後生まれの日本人と戦前生まれの日本人の人口比が逆転すると、やがて、日本の野球文化そのものへの士族的価値観のアイデンティティーは戦後民主主義教育の影響下で人となりを形成した若い世代によって新陳代謝的に入れ替わり、広岡達郎氏や三原脩氏西本幸雄氏の体現するインテリジェンスのある毅然たる指導者像は望んでも得られない、後継者不在の絶滅希少品種化の道を辿る事となったのである。

それに平仄を合わせるかのように国民の野球観、否、野球に求める要求、観賞能力の幅自体も著しく変質し、専門誌、スポーツ紙の見出し、記事内容の゛低学歴化゛、幼児退行的大衆迎合性が顕著となり、総じて、野球文化そのものの激烈な低俗化に繋がったのである。

7名無しさん@おーぷん:2014/09/28(日)17:18:59 ID:KEZwfFW1j
野球文化階級論 6

野球に限らず、日本のスポーツ文化のこの大衆迎合的低教養化、愚民化の趨勢はスポーツの魅力を致命的に棄損している。プレーヤー然り、報道然り、指導者然り、主催者然りである。

確かに゛階級差別゛は、あってはならない。人間には皆、平等に機会を与えられなくてはならぬ。誰であろうと国民の間で特権は認めるべきではないだろう。だが、戦前の我が国に明白に存在していた人としての倫理規範、矜持、自律の心、等々、先祖から継承させて来た我々共同体文化のコア=武士的アイデンティティーを破壊してまで、社会心理学的更地の不毛の荒野を現出させなければならない如何なる理由があった、と言うのであろう?

この稿、一応、了

名前: mail:

【8:6】なぜ日本人はロリコンなのか
1名無しさん@おーぷん:2014/07/23(水)01:24:31 ID:rxByrmEuP
ロリコン死ねよ



2名無しさん@おーぷん:2014/08/02(土)22:32:04 ID:rEJHRZfQP
年下女に彼氏取れれでもしたんか?どどんまい

3名無しさん@おーぷん:2014/08/13(水)14:41:37 ID:1rLTyfhVS
ロリコンきめえw

4名無しさん@おーぷん:2015/03/14(土)16:00:29 ID:Sg4
そもそも日本人がロリコンという命題は正しいのか?
そこからして疑問なのだが

5名無しさん@おーぷん:2015/05/02(土)16:43:41 ID:P4O
ロリコン差別はよくない。大事なのは対等な合意関係。

6名無しさん@おーぷん:2015/11/25(水)00:23:54 ID:fXo
小さいもの、可愛いもの、子供が好きという文化がある

名前: mail:

【9:2】アクターネットワーク論とは?
1名無しさん@おーぷん:2014/07/16(水)14:18:09 ID:6IYwf3noJ
教えて下さい



2名無しさん@おーぷん:2016/06/21(火)00:16:15 ID:GHL
そもそも「現実」とは何か?
「この現実」が「現実」としての価値を持っているのは何故にか?

そこから問い直せば、仮想現実のほうが「現実」としての価値をもつ時代が
やってきたとしても不思議じゃないことを理解できるはずだ。

最先端の社会学者はもうそのことを知っている。

名前: mail:

【10:2】八巻正治教育学博士について語ろう!!
※ID非表示スレ
1名無しさん:2014/04/13(日)19:39:56 ID:???
八巻正治教育学博士の輝かしい実績

http://hrr.ul.hirosaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10634/5876/1/HirogakuDaigakuinShakaiFukushi_3_57.pdf
弘前学院大学大学院社会福祉学研究科社会福祉学研究第3号(2008)

第1部研究論文
(中略)
八巻正治弘前学院大学大学院社会福祉学研究科教授・教育学博士(障害者福祉論〉
(攻略)

注・八巻正治氏への教育学博士号はニューポート大学より授与されたものである。
2000年03月27日  『米ニューポート大学』より 『教育学博士(Ed.D.)』の学位を取得

非認定校による 修士号・博士号 取得者一覧
http://ameblo.jp/shikakudou/entry-10066172138.html
「日本の大学だって、海外ならば非認定校だ。ディプロマミルと同列視されるのは、とても不愉快だ」
(弘前学院大学・八巻正治教授)八巻正治教育学博士のコメント、最高です。



2名無しさん@おーぷん:2016/04/21(木)19:57:52 ID:???
八巻正治教育学博士について語ろうwww

名前: mail:


新規スレッド作成
タイトル:
名前: mail:

スレッドをもっと見る(11~)
おーぷん2ちゃんねるの投稿は著作権を放棄しパブリックドメインとして公開しています。
まとめブログやウェブサイト上で自由に転載・創作を行えます。

おーぷん2ちゃんねるに関してのお問い合わせは こちらまで
2018 satoru.net