携帯で見る

社会学@おーぷん2ちゃんねる

ローカルルールの議論・経過についてはwiki
おーぷん初心者はよくある質問と回答を見てね
板一覧 | ヘッドライン | ランキング | 履歴

設定
レス順 | 作成順   
1: 市民層 概論 (141) 2: マル激トーク・オン・ディマンド (7) 3: マルクス隔離所 (31) 4: ハイコンテクストな文化とローコンテクストな文化 (12) 5: 日本で少なくない個人主義に対する誤解 (4) 6: お勧めの社会学の本をかいていくスレ (4) 7: ゛野球゛をサンプルとする日本文化の社会学的考察 (7) 8: なぜ日本人はロリコンなのか (6) 9: アクターネットワーク論とは? (2) 10:八巻正治教育学博士について語ろう!! (2) 11:◆この板の自治雑談質問相談投票スレ立て依頼総合★1 (5) 12:ネット犯罪予告研究所 (6) 13:(Sweden)大量の移民を受け入れたスウェーデンの惨状 (7) 14:【PRC】中国女性の自殺率、世界で唯一男性より高い (3) 15:【研究する人生 ′ ′ ′ 】@Sociology (5) 16:川成洋 『大学崩壊!』 (宝島社新書、2000年) (4) 17:山形浩生の「経済のトリセツ」(hatenawlj-Friday) (4) 18:宮台が英語書けない喋れない件 (6) 19:竹中平蔵の出世作は盗作だった【慶大教授】 (10) 20:茂木健一郎にdisられる日本の「社会学」 (5) 21:英語で論文の書けない日本人社会学者 (4) 22:Test & Links (5) 23:金正勲(ジョン・キムJohnKim)慶應大学-メディア (7) 24:【生姜】姜尚中【猫なで声の反日工作員】偽善 (9) 25:【第三者の審級】大澤真幸【THINKING「O」】 (50)  
スレッド一覧   過去ログ   ごみ箱(仮)

【1:141】市民層 概論
※ID非表示スレ
1市井の居士◆dgvbGqecqY:2017/10/22(日)20:53:05 ID:???
とりあえず過去レスリンクを貼っとくよ。日付が一番古いのはL.1、んでL.7までいったらコメントレス109,-129. これより後のレスは、ここにはリンクしてない。

オレの過去レス (旧2ちゃんリンク集)

コメントレス
109.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/335
110.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/336
111.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/337
112.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/338

113.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/339
114.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/340
115.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/341
116.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/342

117.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/350
118.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/351
119.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/352
120.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/353
121.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/354
122.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/355
(つづく)



132市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/05/18(金)17:02:47 ID:???
12 of 20 (つづき)

ところで初期のキリスト教教団は、司教を中心に組織された都市部の信徒集団であり、このシステムにおいては教会等の財産は信徒の共有物である。
しかして人口の大半が居住するところの田舎や辺境における教会組織においては、教会を自費で建立したゲルマン人領主等が所有者であり、もって当該教会組織を管理する司祭も(教区司教ではなく)彼自身が叙任するところとなった。
こうして7世紀から11世紀頃までの西欧キリスト教組織の基幹システムである「私有教会制」が始まる。

このゲルマン的私有教会制下においては教会組織自体が譲渡可能な資産であり、すなわちこれは不動産等の所有と何ら意味的に変わらず、
司教区全体が一般市民から国王に至るまでの様々な個人の運用可能な財産として分割所有された。

そしてこの状況下では、貧農/農奴への布教活動をも含むがゆえに真摯な態度で臨まなければならないところの、蛮族ゲルマンの根本的なキリスト教化の仕事は、マルティヌスが定着させたような禁欲修行(※注)から漸次、
発展/醸成された (貧民/病人の救済等の慈善事業等を含む)生活仕様高次ストイシズム系行動文化を保持する唯一の組織であるところの修道院が担うしかないことに、人々は気づかざるを得なかった。

とどのつまりローマ教会が頼みとした修道院の行動文化から生まれた帰納知が、荘厳ミサ/成務日課等の信仰形式といった、
中世キリスト教支配に欠かせない事物の確立に基幹的に与し、ひいては大聖堂建築/学術/文芸/芸術までの「西欧的総合知性」の形成にまで至るのである。
(※注 主として男色の危険を避けるための、修道士各人がそれぞれ孤立した僧房にこもって性欲/食欲の禁欲に励むというものであった。)

こうして中世中期頃までにおいて西欧社会支配のためのエートスの基盤形成を担うこととなった修道院制は、当初は禁欲修行者、その後は権勢に引き寄せられて立身出世を夢見て集まった修道士たちが、
自ら軍事力を持ったり自治権やその他の世俗的権力等も獲得しつつ、カトリック組織内で決定的政治力を行使するまでになり、ついに傘下に1千を超える系列修道院を擁し、
更にはローマ教皇直々に授与されたところの司教の権限さえ全く及ばない特権を獲得し、その全盛期においては西欧世界の実質的中心は如何なる国王、
(つづく)

133市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/05/18(金)17:03:46 ID:???
13 of 20 (つづき)

あるいはローマの教皇座でもなく、唯ひたすらクリュニーであったところの大修道院グループ(※注)を持つまでに至った。
そしてこの帰結としての11世紀の「グレゴリウス改革」により、「西欧封建社会」が、ついにその全容を整え終えたのである。
(※注 或る司教は「私は王の命令のままに戦う。正に我らの主人(クリュニー修道院長の)オディロンこそ王である。」と言ったし、また或る修道院長には「(クリュニーの支配領を旅している時に)私はここでは、
フランス王よりも強力である。何故なら人々は(フランス)王の支配など歯牙にもかけないからである。」とも言わしめた。)

また現代日本の人々に見られるが如くの、敢えて「世間者(せけんしゃ)」の立場で禅寺で「雲水(うんすい)」として修行したり、あるいは山伏などの「行人(ぎょうにん)」が為すような荒行の真似事をしたり、「聖(ひじり)」のように遍路修行に
出たりといった活動が後を絶たないという事もまた、生活仕様高次ストイシズム系行動文化こそが個人の論考の質の向上に決定的に寄与し、もって(破壊と創造により)高次存在拘束性の変換を実現させしめ得るものであることを、誰もが無意識的に知っていることを裏付けている。

とどのつまりストイシズム涵養こそが、世界の三大宗教すべての修行における中核的目的であるという事実は、取りも直さず人が真っ当な認知/認識を得ようとするならば、この「感情・欲求統御」問題こそが、とりあえずは最大の克服困難性を伴って
顕著に立ちはだかることを示しているのであり、実質的にもストイシズムを行使するとは、脳OSの設計思想「感情系を駆使した省エネ戦略」に対する“大反逆”を企てることであるからして、これはもとより一筋縄で済むような次元の問題ではない。

ではこの人類普遍の大難題の答を認知システム論的に求めていこう。すると己の感情/欲求という、この「意識が覚醒している限りは、脳OS(感情系習慣的自動思考様式)によって際限なく湧き出させしめられ続ける情動」を必要十分に統御し切るためには、
単に人格系メタ認知的論理思考様式によって、事を為すことの意味や理由等に思慮を巡らせているだけの限りにおいては、それが如何なる思慮であっても必ず克己心の限界という壁にぶつかり打ち負かされるしかない運命であることを認めるしかなく、もってここに
(つづく)

134市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/05/18(金)17:04:24 ID:???
14 of 20 (つづき)

『感情系習慣的自動思考様式に対抗しうるものは、同じ感情系習慣的自動思考様式以外にはない。』

という結論に立ち至る。具体的には己の自意識の如何には全く左右されないところの、モノを考えること自体を一切排し、全くの理屈抜きで感情・欲求抑制行為が正当であることの
自明性を始めから擬制してかかるような、“或る種の「被洗脳状態」に自意識が浸っている”状態に意図的に成るしかないのである。

『人間が己の克己心の限界を超えて感情/欲求を統御し切るには、自己のストイシズムとかその他のメタ認知系諸能力のみに依ってはこれを為すに能わず、唯一、自意識が“洗脳”されていることによってのみ可能となる。』

これが自意識の外からの強制力であるところの高次ストイシズム系行動文化が有効であることの真の理由なのである。その上でここにおいては、外部からの刺激に一対一対応する単なる感情系習慣的自動思考ではないところの、
自己由来のストイシズム系諸能力を始めとするメタ認知系諸能力を包含した人格系メタ認知的論理思考をフルに介在させることで生ずる『自己心理操作性』を取り入れた、
言わば『管理洗脳』とでも呼ぶべき自己心理操作術体系を構築することにより、洗脳内容の適宜・経済性を自らチェックしながら思考/判断の全体を包括的に統御しうる余地を生みだせるのである。

『(脳OSの設計思想に反逆するものとしての)ストイシズムは、単純/素朴な禁欲的意思のみに拠り運用されるならば、いずれは自意識が悶絶するような苦痛を感じるほどになり、もって克己心の限界に至り、
(脳OS(感情系習慣的自動思考様式)からの大反抗としての)感情・欲求的反動により打ち負かされることとなる。
よってストイシズムは、外部からの生活仕様高次ストイシズム系行動文化が感情系習慣的自動思考様式による有無を言わせない規律性強制力を持った上で、(これが)人格系メタ認知的論理思考様式による適宜・経済性判断に基づいて管理され、
もって感情抑制行動に自己心理操作性を伴わせるところの「管理洗脳」状態が実現する、すなわち感情系習慣的自動思考様式と人格系メタ認知的論理思考様式が合目的に協調する
『ストイシズム系管理洗脳的自己心理操作術体系』が存在する場合においてのみ、安定的な思考統御・監督系機能を保持し得る。』(『観念運動の自然法 第七定理(ストイシズム定理)』)
(つづく)

135市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/05/18(金)17:05:00 ID:???
15 of 20 (つづき)

すなわち感情/欲求/衝動の抑制的統御を持続的に為すにあたっては、例えば「何故、感情/欲求/衝動を抑制しなければならないのか?」などと、その意味/理由等を根源(大枠認識)的に考えたり問うたりした時点で己の負けなのである。
であるからして、ここで脳OSの圧倒的専制力に打ち勝つための唯一の方法が、「これら(感情/欲求/衝動)は抑え込まなきゃならんもの。」と、自分で自分を強い情動を伴って洗脳する、
つまり感情系習慣的自動思考様式という、脳OSの全く同じ情動的専制力をもってして対抗することだけなのだ(※注)。
その上でこのストイシズム系管理洗脳的自己心理操作術体系の特徴とは、例えばコップに水が半分入っている時に、「もう半分しか残っていない。」と思うか、
または「まだ半分も残っている。」と思うかの認識を操作するといった、人格系メタ認知的論理思考様式による中枠認識レベルでの多様な自己心理操作性を付与できる点にこそあるというわけだ。
(※注 人が今、この瞬間に自意識に生起しているところの特定感情等を如何に処置すべきか、などという適宜・経済性に係る論考については思考結果の曖昧性が大きく、そうであるならば考えれば考えるほど、脳OSに付け入らせる隙を与える。)

このような自己心理操作性の有意性の論証については、これを持たないところの、すなわち凡庸者的属性としての単純素朴性/無謬的信憑性/自他の分離観念の不全に因って、
行動文化が単に『道徳・倫理・義務的観念系行動文化』(ストイシズム系行動文化と同様に「洗脳系行動文化」の一種。)として認知されてしまう場合、すなわち人々の自意識において、「モーセの十戒」的“遵守すべき掟”の如くの箇条形式型行動規範群に
成ってしまう場合においては悲惨な結末(※注)を招来するという、人類がこれまでに幾度となく経験してきたところの厄災の記憶(経験的命題)の幾つかを提示するならば、それで十分である。
(※注 道徳・倫理・義務的観念系行動文化においては箇条型行動規範が、どこまでも無頓着、かつ強圧的に自意識に作用してくるために、幸福・充足感をもたらすための“本音”的認知がどんどん損なわれ、ついに人々から自然な人間味が失われていく。
(つづく)

136市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/05/18(金)17:05:34 ID:???
16 of 20 (つづき)

これは例えば「高い道徳性を備えた人物であればあるほど、とっつきにくく冷酷な感じがする/あまりに融通性がなく、息が詰まる」という、例えばイギリスなどの道徳/倫理を重視する価値観を持つ社会において、お馴染みの現象である。
すなわちこれは主として、紋切り型の義務意識がもたらした過分な欲求抑制による人格異常/情愛の決定的不足/世俗社会から切り離されたような孤独感等に所以するのであり、
最終的には切羽詰まったような精神異常や暴力性の顕現/指導者・特権者階層の放埒性/「機能不全家庭」(社会心理学用語)の大発生等にまで至る。
この手の惨事の典型的実例は、ブロンテ姉妹を生んだブロンテ家(父子家庭)。すなわち肖像画などからもその頑迷/狭量/内向的な気質が偲ばれるP.ブロンテ(牧師)の6人の子供たちの内で一意的に“幸福”と呼べるような人生を全うした者は唯の一人もいない。
例えば唯一の男児は自堕落の極みの末に廃人同様になって死に、その後を追うように妹E.ブロンテ(「嵐が丘」(1846)の作者)も孤独と寂寥に貫かれた短い生涯を終える。
C.ブロンテ(「ジェイン・エア」(1847)の作者)も狭量な父の不同意の中で強引に結婚するも一年にも満たない儚(はかな)い幸福の後に死ぬ。

またこれとは真逆の、モラルの厳しさが他者に及ぼす逆説的な「過分の生ぬるさ」の弊害も在る。例えば菊池寛の「父帰る」(1917)は、
モラル的な形式主義と義理のイデオロギーが帰結する"倒錯的生ぬるさ/なぁなぁ主義"によって、適宜・経済性的合理性が否定される物語。
作品には後日譚はないが、儒教的モラルに支配されていた近世・近代日本では、往々にしてこの手の道理の倒錯が現実世界においても日常茶飯的に生起したと考えられ、このような甘やかされた凡庸者が増長しファシスト化することで、大厄災が招来されるのである。)

とどのつまり(箇条形式型観念のような)最後の最期まで演繹的に強要されるだけの「外観保持義務的ストイシズム」こそは、厳に忌避されなければならないのである。
(つづく)

137市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/05/18(金)17:06:13 ID:???
17 of 20 (つづき)

一方で好ましいストイシズムとは例えば、「誰かの意見を中途で遮らないで最後まで聞ける/何かに熱中してる最中に声かけられても一意的に嫌な顔をしないことができる/急な変化にも条件反射せずに思慮深く対処できる」etc.・・といった、
日常の一コマ一コマにおいて普遍的に顕現するが如くの、自己管理意識下での中枠認識に係る人格系メタ認知的論理思考によるところの、さり気ない自己心理操作としての「適宜・経済的判断に拠った随時の感情・欲求抑制・統御」術の中に見い出せるようなものである。

というわけで己の合理主義的認知態度を保った上での被洗脳的義務観、すなわち己の必要のために己がより適切と見做す程度や方法を採ろうとする主体性を伴うところの管理洗脳こそが、
自意識の健全性を常態的に保ち、もって人と社会の双方に幸福をもたらし得るのである。
これ(ストイシズム系管理洗脳的自己心理操作術体系)は言わば、『フレキシブルな自己管理性を伴うストイシズム』、
一般的には『厳しさ』という言葉をもってして言い表すべき思考統御・監督系機能である。
(ちなみにこの厳しさがもたらす成果物の、或る特定の側面の外観に往々にして顕現するものでしかないところの「道徳/倫理」性を、
大抵の凡庸者は枢要な目的として誤って捉えてしまうために、人類は破滅的な厄災を度々招来してきたということだ。)

厳しさという思考統御・監督系機能は脳OSからの攻撃に直に対抗し、もって前回述べたようなその他の重要な
思考統御・監督系諸機能(主体的達成意欲・自己批判的観念系人格的能力に基づく。)を有意たらしめるための、言わば“論考の場の防衛軍”として安全保障的に機能するものである。
すなわち道徳・倫理・義務的観念という、自意識を容易に克己心の限界に至らせてしまうがゆえに、むしろ自意識を破壊しかねない危険なストイシズムではなくして、
適宜・経済的なストイシズム系行動をもたらすものとしての厳しさは、思考統御・監督系諸機能を司る三始原人格系諸能力の活動の場における、脳OSからの絶えざる攻撃に対する防壁として、ありとあらゆる人間活動の健全なる遂行を、その安全保障面から担保していると言える。

例えば新教宗派(禁欲的プロテスタンテイズム - カルヴァン派/洗礼派)が、「世俗内的禁欲」(M.ヴェーバー用語)という
(つづく)

138市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/05/18(金)17:06:54 ID:???
18 of 20 (つづき)

生活仕様高次ストイシズム系行動文化を職業生活に持ち込んだことで、優秀者の自意識において厳しさが形成され、もって帰納的思考能力(人格系メタ認知的論理思考能力)が高まり、従来的資本主義に“硬質な刃物”のような鋭さを加えた
近代資本主義システムの肝となる合理主義的因果・方法論(※注1)を構築し得たという知見を、是非ともヴェーバー理論に付け加えるべきだろう(※注2)。
(※注1 「暴利を貪らずに適正価格(掛け値でなく定価)を設定し、利潤を浪費せず設備等に再投資してビジネスを絶えず拡張することが、最大の繁栄をもたらす。」というものであり、
これは元々は彼らの生活仕様高次ストイシズム系観念であったものが、厳しさを伴う優秀者の帰納的思考により言語・論理化され、そのまま資本主義理念の母体となったのである。)
(※注2 ヴェーバーもまたオレのように明瞭に認識できるほどではなかったものの、「天職としての政治」(1919)においては、単に不毛な興奮に酔っただけの“素人”政治家と真の政治家を
区別する“物と人間に対して距離を置いて見ようとする態度(オレ注 ; メタ認知能力)”をもたらす“あの強靭な魂の抑制”という言い方で、漠然とは厳しさが、高度な人格系メタ認知的論理思考に欠かせないものであることに気づいていたようだ。)

またあるいは我が国の「明治維新」の際には、武士道により厳しさを既に確立しており、もって人格系メタ認知的論理思考能力を求められる職業に対応し終えていた
士族(旧武士)層の優秀者/秀才が、版籍奉還後、俸禄が公債に切り替わり実質的収入が減少していく中で、いわゆる「末は博士か大臣か・・」的「立身出世コース(※注)」において、
他の大多数の国民(小百姓/旧穢多(職人/行商人など))を尻目に、かなりの数の者がそれなりに夢を叶えることができた。
また更には幕末期に続々と来日してきたプロテスタント宣教師たちが開いた英語塾等にも、やはり武士たちが我先にと大量に押し寄せており、
これらの事例は総じて武士層だけが主として持つところの厳しさと知的活動との極めて深い連関性をまざまざと見せつけている。
(※注 名士の門を叩いて教えを乞う「書生」からコネを伝って「官員」と成り、「大臣/参議」を目指したり、あるいは「帝大生」から「博士」を目指す如きの明治初期の典型的成り上がり法。)
(つづく)

139市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/05/18(金)17:07:33 ID:???
19 of 20 (つづき)

というわけでそれなりの厳しさ(フレキシブルな自己管理性を伴うストイシズム)を修得し得た者は、悶絶するようなストレスを感じるどころか、
被洗脳状態がもたらす極めて安定・予定調和的な“心の張り”を伴った上での、主体的認知体系による自己管理性に支えられた自尊的マインドセットに拠るところの“(帰納知の充実に基づく)人生全般に係る幸福創造へのパスポート”を獲得したも同然なのである。

しかしてここに至り、人間社会に関する厳然たる或る一つの真理もまた浮かび上がろう。つまり厳しさとは、ここまで論説してきたように各人の個人的努力のみによって修得できるようなものではなく、
社会全体において集合知的に保持される行動文化に支えられてこそのものであった。
そしてこうなると現実には、ほとんどの先進文明社会では満足な帰納的思考者が見い出せないことになろう。例えばミルは次のように述べている。

「かなりの精神的資質のある人々でさえ、しばしば自分たちが偏見を抱いている意見の趣旨を理解しようという努力をほとんどしないし、また人々は一般にこの“故意の無知”を、
欠陥としてほとんど意識しないので、倫理諸学説の最も俗流的な誤解が、高度の原理と哲学の両方を持っていると最も自負している人々の熟慮した著作の中に絶えず出てくる」(J.S.ミル「功利主義」 1863 )

とりわけ20世紀後期以降は先進社会は「暇つぶし文明期(第七回 参照)」に突入したことで、社会から生活仕様高次ストイシズム系行動文化が急速に失われた。
例えばソクラテス/コペルニクス/ケプラー/ホッブズ/フロイトなどが持った観念や苦悩をアタマで理解したり批判できる者はゴマンと居るにしても、
自ら彼らが為したのと同様の厳しさを伴う人格系メタ認知的論理思考の十分の一も為せる者は、今となってはもう滅多に出ないのである。
つまり昨今はネットを検索していても、何処かの“鼻タレ小僧”学者みたいのが、「マルクスって間違いだらけで何の価値もないよね」的なことを言っていたりするわけだが、
実はこのような輩は厳しさをもって統御するしかない論考の困難さというものをそもそも知らず、マルクスを対等な立場で批判できる土俵にすら上がれていないことを、死ぬまで気づけない。
(つづく)

140市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/05/18(金)17:08:08 ID:???
20 of 20 (つづき)

すなわち150年も前の存在拘束性に縛られた人間が為したその仕事が、如何に困難と苦しみに打ち勝つための努力を要したものであったかを察することができない。

こうしてつまるところストイシズムの何たるかを理解し得た現代の優秀者は、やむを得ず生活仕様高次ストイシズム系行動文化の相当物を、外部からでなく、自分の自前で形成するように努めるしかなくなっている。
しかしこうした外部観念からの洗脳に依らないケースにおいては、普通は当該人物が元々、かなり良質なストイシズム系人格・観念的能力を養育者等から個人的に継承し、
幼児期において小脳ROM化できているような、言わば“準外部力”的な支援を既に獲得している場合でもなければ、成功はおぼつかない。

というのも自己心理操作的ストイシズムに基づく活動とは、管理洗脳下でのそれに他ならないのだから、いずれにしても何らかの感情系習慣的自動思考力(例えば相思相愛の配偶者などからの叱咤激励とか。)
による被洗脳的状態の確保ができなければ、自らの克己心の限界を越えることができないからだ。

というわけで昨今では慢性的運動不足が重大な健康被害をもたらすことがあまねく知れ渡ったおかげで、人々はウォーキング/ジョギング等でこれを解消することが当たり前になったわけだが、
ここに「厳しさ」不足による人格系メタ認知的論理思考能力の劣化がもたらすところの人間/社会に対する破滅的作用もまた、今後は人々に周知されてゆかなければならなくなったというわけである(※注1)。
(※注1 とりわけ我が国においては、かつて実際に存在したものとしての武士層の養育者が幼児期の被養育者に与える行動文化としての「叱って躾ける教育」文化を、
時代的存在拘束性がもたらす価値観にマッチするように生活仕様タイプにアレンジした上での再興が、現実的だろう。
その上で今般は、明治体制下で為された箇条形式的な道徳・倫理・義務的観念系行動文化(※注2)が、万が一にも再興しないように厳重監視しつつこれを為すべきなのは言うまでもない。)
(※注2 主として「教育勅語」(1890)と小学校の「修身書」による。)
(「フレキシブルな自己管理性を伴うストイシズム – “厳しさ”という能力 - 」 おわり)
(第十三回 おわり)

141ちえ:2018/06/05(火)20:24:24 ID:???
大阪府貝塚市南町9-31 坪井 内氏の娘は坪井 明美氏になり息子は坪井 成啓氏になりますが(娘は元演歌歌手の小村 美貴氏)この坪井成啓氏の金品強奪の件は、
ある警察官僚の協力のもとでの完全犯罪となりましたね。僕から金30万円を騙しとれた完全犯罪の成立時は嬉しかったことでしょうが、
悪事なる行為は駄目ですよね。
こんな風にその時の嬉しさが泡のように消えて行くと思います。
悪事なる行為は賢い日本国の国民様は、もうとっくに気づいております。最後まで騙すなら騙し続けてください。ではg

名前: mail:

【2:7】マル激トーク・オン・ディマンド
※ID非表示スレ
1名無しさん@おーぷん:2017/10/13(金)06:23:23 ID:???
国際派ビデオジャーナリスト神保哲生と、気鋭の社会学者宮台真司が、
ゲストとともに毎週の主要なニュースを独自の論理で、徹底的に掘り下げていきます。
「丸激を見ずして、インターネット放送を語ることなかれ。」
ビデオニュース・ドットコムが自信を持ってお送りするニュース番組の決定版です。
(ホームページより引用)

ビデオニュース・ドットコム
http://www.videonews.com/



2名無しさん@おーぷん:2017/10/13(金)06:28:56 ID:???
BLOGOS
http://blogos.com/blogger/videonews/article/
ビデオニュース・チャンネル
http://www.youtube.com/user/videonewscom
Ustream支局
http://www.ustream.tv/channel/videonews-com-live

ビデオジャーナリスト 神保哲生 オフィシャルブログ
http://www.jimbo.tv/
社会学者 宮台真司 オフィシャルブログ
http://www.miyadai.com/

非公式ウィキ
http://www21.atwiki.jp/vinews/

3名無しさん@おーぷん:2017/10/13(金)06:34:12 ID:???
[マル激] 843 安倍政権の「働き方改革」が危険な理由 (竹信三恵子)
https://yahoo.jp/box/pWfGnM
https://yahoo.jp/box/9rtHwY
[マル激] 844 民営化では水道事業は守れない (橋本淳司)
https://yahoo.jp/box/GL8U_1
https://yahoo.jp/box/lb_ocG
[マル激] 845 何をやっても安倍政権の支持率が下がらない理由 (西田亮介)
https://yahoo.jp/box/nAX-Wr
https://yahoo.jp/box/bryseP
[マル激] 846 内閣官房長官の権力 (枝野幸男)
https://yahoo.jp/box/qobcd0
https://yahoo.jp/box/fXU4Ac
[マル激] 848 地位協定で主権を制限された日本に独自の憲法は書けない (伊勢崎賢治)
https://yahoo.jp/box/8Qeo3L
https://yahoo.jp/box/DV-mc4
[マル激・プラス] 3 お産の事故はなぜ繰り返されるのか (勝村久司)
https://yahoo.jp/box/cmsKyr
[マル激] 849 『森友、加計問題』の本質は情報公開と公文書管理にアリ (三木由希子)
https://yahoo.jp/box/GG20Ed
https://yahoo.jp/box/5jVenX

4名無しさん@おーぷん:2017/10/15(日)12:08:26 ID:???
[マル激] 850 石破政権を展望する (石破茂)
https://yahoo.jp/box/EsBZbx
https://yahoo.jp/box/tYc38R
[マル激] 851 国際政治学者だから気づいた間違いだらけの憲法解釈 (篠田英朗)
https://yahoo.jp/box/E-EkcA
https://yahoo.jp/box/2flzWh
[マル激] 852 北朝鮮問題に落としどころはあるのか (武貞秀士)
https://yahoo.jp/box/FRPHym
https://yahoo.jp/box/jddnsQ
[マル激] 853 「日本人は格差を望んでいる」は本当か (橘木俊詔)
https://yahoo.jp/box/CFxhYx
https://yahoo.jp/box/7KspG5
[マル激] 854 これでいいのか日本の大学 (吉見俊哉)
https://yahoo.jp/box/2MMkYF
https://yahoo.jp/box/AnSXTe
[マル激] 855 異常気象を日常としないために (三上岳彦)
https://yahoo.jp/box/qLCTXw
https://yahoo.jp/box/OguyDs

5名無しさん@おーぷん:2017/10/17(火)02:01:57 ID:???
例えば自分の住んでる田舎だと、田舎と言っても地方都市くらいなんだけど
市が管理している公園や交通機関はつまんなくて退屈なんだよ。
少し離れたところには国土交通省が管理している川があって
そっちの方が雰囲気いいのな、公園の小動物の管理も環境省がやってる
だから地方分権は自分の地域に限っては魅力的に見えなくて
中央がなにしてくれるのか期待してしまう

6名無しさん@おーぷん:2018/02/14(水)21:08:02 ID:???
[マル激] 814 トランプ政権への期待とリスク (西山隆行)
https://yahoo.jp/box/N3kyC3
https://yahoo.jp/box/HlI00K
[マル激] 867 トランプのアジア歴訪に見るパクス・アメリカーナの終焉 (渡辺靖)
https://yahoo.jp/box/pfpc84
https://yahoo.jp/box/a4SY6g
[マル激] 868 独立を強行したカタルーニャは何を求めているのか (田澤耕)
https://yahoo.jp/box/601cJv
https://yahoo.jp/box/_X3jUA
[マル激] 869 過剰コンプライアンスが生む日本企業の不正ドミノ (郷原信郎)
https://yahoo.jp/box/EGGhdD
https://yahoo.jp/box/IeIeQR
[マル激] 870 ポスト・トゥルース時代の保守とリベラルの役割 (中島岳志)
https://yahoo.jp/box/zkAk1N
https://yahoo.jp/box/q3F2-M
[マル激] 871 東京五輪を持続可能な大会にするために (花岡和佳男)
https://yahoo.jp/box/kkDqD1
https://yahoo.jp/box/NYTrB6
[マル激] 872 教育無償化のあるべき姿を考える (神野直彦)
https://yahoo.jp/box/0YCSdl
https://yahoo.jp/box/Py3IO5
[マル激] 874 2018年のテーマは「関係性の豊かさ」 (中野佳裕)
https://yahoo.jp/box/Vws5-e
https://yahoo.jp/box/ZNJauz
[マル激] 875 ポスト・トゥルース時代のメディアに何ができるか (水島宏明)
https://yahoo.jp/box/ACZpYs
https://yahoo.jp/box/NHJjPN
[マル激] 876 性暴力被害者に寄り添う社会を作るために (後藤弘子)
https://yahoo.jp/box/szdEks
https://yahoo.jp/box/3M1i-q
[マル激] 877 史上最大の防衛費は日本の安全に役立っているのか (半田滋)
https://yahoo.jp/box/__xKUV
https://yahoo.jp/box/44uffL
[マル激] 878 トランプ政権の1年はアメリカと世界をどう変えたのか (西山隆行)
https://yahoo.jp/box/UpmnjW
https://yahoo.jp/box/Nga5E4
[マル激] 879 民主国家はシャープパワーに太刀打ちできるのか (西田亮介)
https://yahoo.jp/box/UdaMXk
https://yahoo.jp/box/ymo-WN

名前: mail:

【3:31】マルクス隔離所
1拓也:2015/12/15(火)00:07:05 ID:VxP
さあ



21偽マルクス主義者◆ZbV3TMNKJw:2015/12/15(火)00:16:58 ID:yqW
ぬおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお拓也閣下ばんざあああああああい!

22偽マルクス主義者◆ZbV3TMNKJw:2015/12/15(火)00:17:35 ID:yqW
307 :拓也■忍法帖【Lv=19,アルミラージ,leV】 :2015/12/15(火)00:16:27 ID:OrY(主) ×
よし、マルクスを完全に隔離できた
これで拓也軍団は安泰ごん


おいこれはどういうことだゴン

23偽マルクス主義者◆ZbV3TMNKJw:2015/12/15(火)00:18:09 ID:yqW
アフリカアフリカ

24偽マルクス主義者◆ZbV3TMNKJw:2015/12/15(火)00:18:29 ID:yqW
ゥレアリー戦争…ゴン!

25拓也■忍法帖【Lv=19,アルミラージ,leV】:2015/12/15(火)00:19:58 ID:VxP
>>22
アンチンコの陰謀ごん!

26偽マルクス主義者◆ZbV3TMNKJw:2015/12/15(火)00:23:03 ID:yqW
>>25
うおおおおおおおおおおお
論破!論破ごん!

27偽マルクス主義者◆ZbV3TMNKJw:2015/12/15(火)00:27:49 ID:yqW
資本家(名無し)による搾取から脱却せねばならぬ
機械化に伴う分業化によって我々の賃金は低下の一途を辿っておる
よって我々は武力を蜂起し、決起せねばならないのだ
マルクスの望んだ民主制選挙などいらぬ
あるのはゥレアリー戦争…ゴン!!!

29デラックスうんこ饅頭:2015/12/15(火)09:41:52 ID:ow9

( ´ ▽ ` )

記念パピコww

30名無しさん@おーぷん:2016/11/03(木)09:44:33 ID:FO4


31名無しさん@おーぷん:2017/09/25(月)01:23:24 ID:KGT
最近マルクスの名を出す人で思いつくのはジジェクくらいか。

名前: mail:

【4:12】ハイコンテクストな文化とローコンテクストな文化
1名無しさん@おーぷん:2015/11/06(金)19:57:29 ID:DeE
他者や異文化理解で重要になるこの概念について語るスレ



3名無しさん@おーぷん:2015/11/06(金)20:03:02 ID:DeE
そして日本はハイコンテクストな文化が多いけど
ここで問題があって
日本人でも人や地域により別のコンテクスト文化を持っている
それを理解出来ず他者を理解出来ない人というのをしばしば見る
相手を理解しようとする人は違うんだけど
ローコンテクストな文化より他者理解出来る人が少ない感じ
それは別の見方をすれば集団主義文化優勢な国と個人主義優勢な文化の国とも言える

4名無しさん@おーぷん:2015/11/06(金)20:07:13 ID:DeE
そしてローコンテクストな文化があるという事を理解出来ない人もいる
ここでもその為に相手を理解出来ない人というのが日本ではやや多めになる
また他者をや他者の気持を理解出来る日本人が
理解出来ない人よって空気読めない人等不当に否定されがち

空気というのもニュートラルな意味としてはお約束で
察する云々とは別の話
良くない事を肯定した空気読め文化も日本には多い
他者の気持が分かる人は空気を読む事も読まない事もある
また感情や感覚を表に出す非抑圧文化な人が他者の気持を分かる人に多い

5名無しさん@おーぷん:2015/11/06(金)20:09:52 ID:DeE
ただハイコンテクストな文化そのものが悪いという事はなく
人によってそれは良い文化にもなる
他者を理解する能力があり理解しようとする人が担い手の場合は

6名無しさん@おーぷん:2015/11/06(金)20:10:56 ID:DeE
まあ他でも良くなる場合もあるだろうけど
ただ日本はローコンテクスト文化がもっと発達した方が良いな

7名無しさん@おーぷん:2015/11/11(水)11:01:56 ID:62b
個人主義ならハイコンテクストとローコンテクスト
どっちでもあり得るけど
集団主義なら必ずハイコンテクストになると言えるかな

ただどっちの人も多く主張しているような国だと
集団主義の人でも
個人主義の人や他のハイコンテクスト文化や
ローコンテクストを理解する人がある程度いるだろうけど

8名無しさん@おーぷん:2015/11/11(水)11:08:47 ID:62b
日本だと理解する集団主義の人もいるけど少ない

日本人でも個人主義者と集団主義者どっちもいるけど
東日本大震災以降日本は集団主義が優勢になった

ちなみに高度経済成長期が終わってから00年代まで
個人主義優勢の時代だった

9名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)12:14:30 ID:v2M
ある程度以上離れたタイプの異文化コミュニケーションは
基本ローコンテクスト
日本人同士でもそうだけど
ローコンテクストなコミュニケーション方法を
ある程度でも理解出来ないと
結構離れたタイプの人を理解するのは難しい

10名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)12:15:09 ID:v2M
ローコンテクストなコミュニケーション方法を
積極的に否定する人も一部いるけど
他者理解が出来てない人がそういう人には結構多い

11名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)12:18:14 ID:v2M
一応言っておくとさっき書いた積極的に否定って
積極的に否定する場合もあるってレベルじゃなく
ローコンテクストなコミュニケーションそのものを
全否定か全否定気味に否定する事

12名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)12:23:31 ID:v2M
ハイコンテクストなコミュニケーションそのものの全否定も違うが

てかハイコンテクストと言っても
日本だけで言っても様々なタイプのコンテクストがあるというのも重要

名前: mail:

【5:4】日本で少なくない個人主義に対する誤解
1名無しさん@おーぷん:2015/08/24(月)23:39:32 ID:sDB
個人主義とはいわゆる『砂粒の個人』思想ではなく
他者に対する無関心主義でもなく
個々人が互いに尊重する事を基本としたり
他者を理解する事を是とするという社会的な思想(何でもアリでは勿論ないが)

制度としては公序良俗に反しない限り選択の自由を積極的に認めたり
人道的である事を是とするのが個人主義になるけど
例えば教育制度で言えばホームスクールを義務教育と同等に認めたり
義務教育でも多種多様な道を積極的に認めるというのが個人主義になる

どこの国の人でも個人主義的な人も集団主義的な人もいるけど
制度としては日本は集団主義的な傾向があるし
それを積極的に支持する集団主義的な人もまた多いというのも事実



2名無しさん@おーぷん:2015/08/24(月)23:41:45 ID:sDB
あとは蛸壺的なのは集団主義なんだけど
これを個人主義と誤解して日本は個人主義的傾向だと言う人もいるがそれは違う
『砂粒の個人』思想は国家レベルでの全体主義と言えるけど
蛸壺的なのは小規模な集団主義的集団という事

3名無しさん@おーぷん:2015/08/26(水)17:04:20 ID:zE4
多様性主義と画一性主義と言ったほうがいいんじゃないかな?

4名無しさん@おーぷん:2015/10/09(金)09:52:47 ID:yYm
物質文明の歴史
http://youtu.be/XpTT20ly9hA

名前: mail:

【6:4】お勧めの社会学の本をかいていくスレ
1名無しさん@おーぷん:2015/07/28(火)22:52:00 ID:Cde
12歳からの現代思想



2名無しさん@おーぷん:2015/07/28(火)22:54:43 ID:Uxk
社会病理学概論

3名無しさん@おーぷん:2015/10/17(土)19:16:33 ID:4ZS
今なら社会学を学びたい人は
まず社会生物学(行動生態学)を学んだ方が良いだろうな

4名無しさん@おーぷん:2015/12/05(土)00:36:08 ID:nLl
ギデンズの『社会学』
分厚いけど文章はやさしいのですぐ読める。
社会学のテーマと論点が概観できておすすめ。

名前: mail:

【7:7】゛野球゛をサンプルとする日本文化の社会学的考察
1名無しさん@おーぷん:2014/09/28(日)17:07:55 ID:KEZwfFW1j
先程、泥縄式に即興的にエッセー風論考を書いたので、それを叩き台に世相の変遷をサンプルとする考察を進めたい。

私の即興小論文は一応、サンプリングとして、野球を採用しているが、論考対象はそれに拘らず、広く、スポーツ一般で良いと思う。



2名無しさん@おーぷん:2014/09/28(日)17:08:50 ID:KEZwfFW1j
野球文化階級論 1

この全6章にわたるミニ論文は日本の野球文化の衰退の原因の考察である。

日本に於ける野球文化は明治の中期、アメリカ人宣教師から旧制高等学校(現在の東京大学、京都大学の教養課程)の学生に伝わった、とされる。やがて、早稲田、慶応等の私立の大学にも広普及し、六大学連盟が結成された。

旧制中等学校(現在の高校)への普及はやや遅れてであったが、大正時代には甲子園で全国大会が開催されるほどの人気スポーツとなった。

東京六大学リーグ戦と甲子園の旧制中等学校の全国大会は共に野球文化の中心、華であった。これの意味する所は日本の野球は学生スポーツとして、受け容れられ、発展した、と言う事である。

3名無しさん@おーぷん:2014/09/28(日)17:09:54 ID:KEZwfFW1j
野球文化階級論 2

学生スポーツとして普及を見た野球の担い手は東大生や早稲田、慶応の現役の学生であった訳だが、当時の日本国家の教育予算、及び、国民個人会計の財政事情は戦後のそれと異なっていた。学校の総数自体、限定されており、旧制中等学校への進学率は二割未満であった。激しい受験競争を伴っていたのである。

激しい受験競争に勝ち残ったのは旧士族、地方の素封家たちであった。当初、野球を愛好したのは受験競争の選抜に勝ち残った旧士族や地方の豪農、造り酒屋、新興産業資本家と言った富裕階層、もしくは(貧しくとも)前時代の支配階層であった家系の子弟たちだったのである。国民はそれらのエリートの子弟のスポーツの場での恰も真剣で立ち合うが如き競い合いに観衆として、熱狂したのである。

4名無しさん@おーぷん:2014/09/28(日)17:11:30 ID:KEZwfFW1j
野球文化階級論 3

戦前、中等学校への進学率は18%であった。中等学校への進学は広く、国民の憧れであり、今日の大卒以上の希少性を認知されていたのである。野球はそうしたエリートの遊ぶ競技であった(厳密に申すなら、野球に限らず、当時のアマチュアスポーツ全般がそうであったが)。敷衍するなら、我々が゛体育会系気質゛と呼ぶ所の日本独特の蛮風は侍階級が歴史的に継承して来たバーバリズムであったのである。

故に、初期の野球人は旧士族階級出身や地方の素封家出身者が圧倒的に多かったのである。そもそも、東京六大学の何れかに進学するには旧制中等学校に入学しなければならないが、激しい受験競争に勝ち残るのは確率論的に偏差の法則が作動し、上記の家系の者たち以外は淘汰されたのである。

我々の記憶に残る往古のプロ野球の名選手もまた、そうであったのだ。

5名無しさん@おーぷん:2014/09/28(日)17:14:26 ID:KEZwfFW1j
野球文化階級論 4

所が、戦後のアメリカ軍占領以降、我が国の国民意識は大きく変容を遂げ、旧士族の家系の者の階級的アイデンティティー、価値観は民主主義的価値観によって優先順位を完全に置換されてしまったのである。

今日のプロ野球人気の下降は国民に浸透した民主主義の価値観が旧士族階級のアイデンティティーに取って換わった所産であるのは明らかである。士族の野球人の代表的な例証は広岡達郎氏である。氏の毅然たる言動、振る舞いは野球の魅力のコアをなす武士的精神性を体現している。

時系列は異なるが、同じ早稲田の氏の先輩である三原脩氏も野球の魅力の源動性を具現化させた指導者の一人であった。和歌山中ー立教出身の西本幸雄氏も同様の指導者であろう。

6名無しさん@おーぷん:2014/09/28(日)17:16:34 ID:KEZwfFW1j
野球文化階級論 5

1960年代半ば迄は、戦前に教育を受けた世代が現役選手としてプレーしていた。1980年代初期までは野球界自体に士族的文化の余韻が生きていた。だが、1982年、統計的に戦後生まれの日本人と戦前生まれの日本人の人口比が逆転すると、やがて、日本の野球文化そのものへの士族的価値観のアイデンティティーは戦後民主主義教育の影響下で人となりを形成した若い世代によって新陳代謝的に入れ替わり、広岡達郎氏や三原脩氏西本幸雄氏の体現するインテリジェンスのある毅然たる指導者像は望んでも得られない、後継者不在の絶滅希少品種化の道を辿る事となったのである。

それに平仄を合わせるかのように国民の野球観、否、野球に求める要求、観賞能力の幅自体も著しく変質し、専門誌、スポーツ紙の見出し、記事内容の゛低学歴化゛、幼児退行的大衆迎合性が顕著となり、総じて、野球文化そのものの激烈な低俗化に繋がったのである。

7名無しさん@おーぷん:2014/09/28(日)17:18:59 ID:KEZwfFW1j
野球文化階級論 6

野球に限らず、日本のスポーツ文化のこの大衆迎合的低教養化、愚民化の趨勢はスポーツの魅力を致命的に棄損している。プレーヤー然り、報道然り、指導者然り、主催者然りである。

確かに゛階級差別゛は、あってはならない。人間には皆、平等に機会を与えられなくてはならぬ。誰であろうと国民の間で特権は認めるべきではないだろう。だが、戦前の我が国に明白に存在していた人としての倫理規範、矜持、自律の心、等々、先祖から継承させて来た我々共同体文化のコア=武士的アイデンティティーを破壊してまで、社会心理学的更地の不毛の荒野を現出させなければならない如何なる理由があった、と言うのであろう?

この稿、一応、了

名前: mail:

【8:6】なぜ日本人はロリコンなのか
1名無しさん@おーぷん:2014/07/23(水)01:24:31 ID:rxByrmEuP
ロリコン死ねよ



2名無しさん@おーぷん:2014/08/02(土)22:32:04 ID:rEJHRZfQP
年下女に彼氏取れれでもしたんか?どどんまい

3名無しさん@おーぷん:2014/08/13(水)14:41:37 ID:1rLTyfhVS
ロリコンきめえw

4名無しさん@おーぷん:2015/03/14(土)16:00:29 ID:Sg4
そもそも日本人がロリコンという命題は正しいのか?
そこからして疑問なのだが

5名無しさん@おーぷん:2015/05/02(土)16:43:41 ID:P4O
ロリコン差別はよくない。大事なのは対等な合意関係。

6名無しさん@おーぷん:2015/11/25(水)00:23:54 ID:fXo
小さいもの、可愛いもの、子供が好きという文化がある

名前: mail:

【9:2】アクターネットワーク論とは?
1名無しさん@おーぷん:2014/07/16(水)14:18:09 ID:6IYwf3noJ
教えて下さい



2名無しさん@おーぷん:2016/06/21(火)00:16:15 ID:GHL
そもそも「現実」とは何か?
「この現実」が「現実」としての価値を持っているのは何故にか?

そこから問い直せば、仮想現実のほうが「現実」としての価値をもつ時代が
やってきたとしても不思議じゃないことを理解できるはずだ。

最先端の社会学者はもうそのことを知っている。

名前: mail:

【10:2】八巻正治教育学博士について語ろう!!
※ID非表示スレ
1名無しさん:2014/04/13(日)19:39:56 ID:???
八巻正治教育学博士の輝かしい実績

http://hrr.ul.hirosaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10634/5876/1/HirogakuDaigakuinShakaiFukushi_3_57.pdf
弘前学院大学大学院社会福祉学研究科社会福祉学研究第3号(2008)

第1部研究論文
(中略)
八巻正治弘前学院大学大学院社会福祉学研究科教授・教育学博士(障害者福祉論〉
(攻略)

注・八巻正治氏への教育学博士号はニューポート大学より授与されたものである。
2000年03月27日  『米ニューポート大学』より 『教育学博士(Ed.D.)』の学位を取得

非認定校による 修士号・博士号 取得者一覧
http://ameblo.jp/shikakudou/entry-10066172138.html
「日本の大学だって、海外ならば非認定校だ。ディプロマミルと同列視されるのは、とても不愉快だ」
(弘前学院大学・八巻正治教授)八巻正治教育学博士のコメント、最高です。



2名無しさん@おーぷん:2016/04/21(木)19:57:52 ID:???
八巻正治教育学博士について語ろうwww

名前: mail:


新規スレッド作成
タイトル:
名前: mail:

スレッドをもっと見る(11~)
おーぷん2ちゃんねるの投稿は著作権を放棄しパブリックドメインとして公開しています。
まとめブログやウェブサイト上で自由に転載・創作を行えます。

おーぷん2ちゃんねるに関してのお問い合わせは こちらまで
2018 satoru.net