携帯で見る

社会学@おーぷん2ちゃんねる

ローカルルールの議論・経過についてはwiki
おーぷん初心者はよくある質問と回答を見てね
板一覧 | ヘッドライン | ランキング | 履歴

設定
レス順 | 作成順   
1: 市民層 概論 (120) 2: 金正勲(ジョン・キムJohnKim)慶應大学-メディア (6) 3: マル激トーク・オン・ディマンド (7) 4: 竹中平蔵の出世作は盗作だった【慶大教授】 (10) 5: 【毒入り危険】檜垣幸人【食べたら死ぬナリ】 (2) 6: 【PRC】中国女性の自殺率、世界で唯一男性より高い (3) 7: マルクス隔離所 (31) 8: ◆この板の自治雑談質問相談投票スレ立て依頼総合★1 (5) 9: ハイコンテクストな文化とローコンテクストな文化 (12) 10:日本で少なくない個人主義に対する誤解 (4) 11:お勧めの社会学の本をかいていくスレ (4) 12:゛野球゛をサンプルとする日本文化の社会学的考察 (7) 13:【生姜】姜尚中【猫なで声の反日工作員】偽善 (9) 14:【第三者の審級】大澤真幸【THINKING「O」】 (50) 15:なぜ日本人はロリコンなのか (6) 16:アクターネットワーク論とは? (2) 17:茂木健一郎にdisられる日本の「社会学」 (5) 18:(Sweden)大量の移民を受け入れたスウェーデンの惨状 (7) 19:宮台が英語書けない喋れない件 (6) 20:八巻正治教育学博士について語ろう!! (2) 21:英語で論文の書けない日本人社会学者 (4) 22:川成洋 『大学崩壊!』 (宝島社新書、2000年) (4) 23:ネット犯罪予告研究所 (6) 24:【研究する人生 ′ ′ ′ 】@Sociology (5) 25:山形浩生の「経済のトリセツ」(hatenawlj-Friday) (4) 26:Test & Links (5)  
スレッド一覧   過去ログ   ごみ箱(仮)

【1:120】市民層 概論
※ID非表示スレ
1市井の居士◆dgvbGqecqY:2017/10/22(日)20:53:05 ID:???
とりあえず過去レスリンクを貼っとくよ。日付が一番古いのはL.1、んでL.7までいったらコメントレス109,-129. これより後のレスは、ここにはリンクしてない。

オレの過去レス (旧2ちゃんリンク集)

コメントレス
109.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/335
110.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/336
111.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/337
112.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/338

113.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/339
114.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/340
115.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/341
116.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/342

117.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/350
118.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/351
119.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/352
120.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/353
121.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/354
122.
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/life/1455198620/355
(つづく)



111市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/04/03(火)16:14:32 ID:???
23 of 32

その上でアリストテレスが宣言したように、「如何なる技術も如何なる研究も(中略)ことごとく何らかの“善きモノ”を追求」(「ニコマコス倫理学」第一巻第一章の冒頭)しているという矜持を持ったならば、こうした“曖昧模糊とした胡散臭い”学術環境とは、
凡そ善きモノとは程遠い“悪しきモノ”しか生み得ないことは、当時の彼ら“愛知者”自身においてさえも、本音レベルでは解りきったことであった。

しかして多数派である凡庸者においては、論考の成果物の質を担保するものの一翼であるところの人格的諸能力が未熟であるから、現実の歴史においては、18世紀も末になりイギリス経験論者(ロックなど)の登場により背中を押されるまでは、
現実にこうした存在拘束性の陥穽から本気で脱出しようとする気運は、形而上学界には現れなかった(※注)。
(※注 ついにカントが、人は全く経験に因らずに頭の中だけで、完全な自明性を伴う諸認識(「ア・プリオリ(先験的)な認識」なるもの)を得ていることを論証しようとした。
すなわち、「先験知を正しく理解し用いるという“修正”を成すなら、形而上学は自然科学同様に実証主義的科学たり得、もって尚も存続する価値が在る。」と必死に力説したのである(「純粋理性批判」 1781)。
しかしてカント批判哲学自体が、「神/霊魂」等にまつわる一切の言葉の使用を避けただけの相変わらずの純粋演繹論であり、これを理解しようと努めたところで当然の如くに何の(包括的)自明性も得られない。
が、とにもかくにもこの風変わりな“修正主義形而上知”に埋め込まれた(カント本人的にはさして重要ではない)弁証法が、実質的にはマルクスにまで至るところの経験・実証主義知の画期的な新系譜をスタートさせることとなった。)

というわけでここで、この後1,000年以上にも及んで、その根幹的ドグマとしてのアリストテレス的「観照」性(※注)に取りつかれていくところの形而上知の本源的欺瞞性を、その本家本元のプラトン/アリストテレスの言説から具体的に看取してみよう。
(※注 言わば偽メタ認知。論考行為において人格的諸能力が担うような思考統御・監督系諸機能を知らず、体裁のみの演繹的論理性をもってしてメタ認知(客観視)していると思い込む。)
(つづく)

112市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/04/03(火)16:15:13 ID:???
24 of 32

まずは形而上知の創生期の第一人者であるプラトン(※注)の「国家」(B.C.370頃、プラトンが自らの恩師であるソクラテスの口を借りて論説するという形式を採る。)だが、彼は結論部にあたる最終巻(第十巻)で、「(ホメロスのような)詩人や画家といった類の人種は、
事物の真理/本質は何も分からないくせに、さも何もかもを知っているかのような素振りをして真実/真理ではない嘘の作り話や似姿を作り出す。」として、要するに経験・実証主義的でないことを避難するのだが、その舌の根も乾かないうちに、
今度は自らが、(ホメロスの「アルキノスの物語」(「オデッセイア」)をコケにした返す刀で)「アルメニオスの息子エルの物語」なるものを持ち出してきて、死後に人の魂が神々によって如何に裁かれるか、などという話を延々と講釈して「国家」という大作を総括している。
もちろんプラトンは、ここで自らが完全な自家撞着を為していることなどは、全く毛ほども気づいていない(すなわち未だ自己批判的観念に始原する「メタ認知」を知らない)のであり、全く天晴れなほど堂々とこれを論じきっている。
(※注 プラトンが開設した学校「アカデメイア」の名は、「学界/大学」を意味する普通名詞になった。)

そして次にアカデメイアの優等生であり、中世期以後の西洋学術全般の根本的在り方に決定的な影響を与え、人類の学術史上、最も広範な影響力を人知に与えたという意味において“超大物”であるアリストテレスの、
彼が古代人であることを割り引いて見たとしても(※注)尚、凡庸者的存在拘束性の陥穽にはまっているとしか断じざるを得ない事例を以下に見てみる。
(※注 未だ物質の本源が「原子/分子」であること、並びに近代物理学を知らないこと。)

中世においては「実在論/唯名論」が対立する「普遍論争」として代表的な哲学・キリスト教神学論争のネタとなるところの、
彼の師匠プラトンが「イディア論」として最初に提示した「実在と類の二元論的因果論」の継承物、すなわち彼の「個物(種)と普遍(類)の概念」は、前掲の「形而上学」によると、事物の根本原因としての“何か”を「原理(アルケー)」と呼び(A 第三章)、
例えば個物(例えば動物)の「実体(※注)」(例えば霊魂)は、それ固有の或る原理により形成されるなどと考える。
(つづく)

113市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/04/03(火)16:15:54 ID:???
25 of 32

その上で概ね『(実体からの構成物としての)質料(基体)と述語(形相/属性)を伴うものとしての種(個物の対応物)に対して原理が一対一で対応し、もって「個物が存する」ものなのか?、
あるいは複数の種に共通な“述語”を伴うものとしての類(普遍)に原理が対応していて、もって「実体は存せず、それゆえに個物もまた存しない」ものなのか?』と問題設定する(B 第一章~第四章)。
(※注 プラトン学派においては「実体」とは、例えば視覚/聴覚等の感覚により認識できるものとしての自然物(実在・・フィシス)のみならず、感覚によっては捉えることができない概念物、例えば「数/点/線」なども包含する概念。)

しかしてまずは何はさて置いて、このような“類”だの“原理”だのという概念物は、如何なる経緯をもってして演繹的論理計算の被操作因子たりえるだけの“資格”を得たのか?
言い換えれば、それらが如何にしてこの世に“確実に在る/かくかくしかじかの属性を持つ”ことが、かつて証明されたと言うのか?(単に“言い出しっぺ”のパルメニデスを踏襲するだけで良いのか?)という疑念が発生する。
すなわちその証明経過を確実に提示し、もって議論参加者がその自明性を共通認識としない限りは、これらの“類”だの“原理”だのという存在性が曖昧な被操作因子を用いた存在論(演繹)を、先へ先へとは進ませ得ないのではないか?
例えば「○○だから●●、そして●●だから△△、故に対象物はかくかくしかじか」的な演繹的論理展開は、全て無効になってしまうのではないのか?
すなわち「三段論法」にしろ何にしろ、演繹的論法の合理性を担保するものは、『一つの論考過程が完全性(一片の曇りもない自明性)の獲得でカタが付いて、
もって次の論考過程に“駒を進めなければならない。』という掟であるはずなのに、この根幹的ドグマが、全くもって蔑ろにされている。

というわけでこのようなユルい知が、主として有閑な富裕層のステイタスとして延々と堅持されていく(※注1)一方で、実は真のエピステーメー(厳密知)と言うべき経験・実証主義知もまた後期ギリシア文明(ヘレニズム期)に至り、
(主として数学/天文学/地理学において)学術知として認容されるようになっていく(※注2)。
(つづく)

114市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/04/03(火)16:16:36 ID:???
26 of 32

(※注1 例えば中世初期のユニークな弁証法論者であるエリウゲナの学説は次のようである。「万物とは、"無"であるところの神から"知恵"がその"原因"として永遠に発せられ、
そこから時空的に展開されて"世界"となる。次に(弁証法的運動により)世界は元の永遠たる原因に帰し、そこからまた無(神)に戻る。」)
(※注2 既にピタゴラス(B.C.6c)が、経験・実証主義的知の"基礎的道具"であるところの「数学(マテーマタ)」を学術として樹立していたのだが、ヘレニズム期のアルキメデス(アルキメデスの原理など)/ユークリッド(幾何学の公理系/定理の確立)/
エラトステネス(観測データと幾何学的計算から地球の円周を極めて正確に算出)らの大偉業によって、ついに真の厳密知たる科学(エピステーメー)が誕生した。)

かくして確立した西洋学術における知の二大体系は、有識者の意識の中で二律背反的な矛盾/葛藤を生み出すことなく両立し、かつ双方が必要に応じて調和的に融合されることとなる(※注)。
ちなみにこの傾向を根本的に懐疑したりオカシいと思う者は、デカルト以前には、唯の一人も出なかった。
すなわち五感や生活上の経験等によって自明に認識できることはそのように(例えば「日は東から昇り西に入る/人は生まれ死ぬ/人を蔑めば恨まれる/物量の計算や計測など。)、
そうでないこと(例えば「人の魂は不滅である/(ギリシア的な)神が人の姿をとって現れて、人と共に闘う」など。)は存在拘束性にまかせて好き勝手にデッち上げるが如き“知のごった煮”弁証法的運動が、ここに始まったのであった。
(※注 このような属性は、例えばパスカル「パンセ」などに典型的に表れている。)

そして後者(形而上知)においては実証性を何ら顧慮せず、真理・真実性を担保するための明証性を欠いているのにも拘らず権威だけは持つから、これ以降、
ヘゲモニー層にとっての絶好の武器、“神のマガイモノ”的なプロパガンダ媒体として最適化されていく。
すなわちキリスト教においては、1世紀以降、カトリック教会が形成されていく過程においてユダヤ教パリサイ派譲りの合理的な主知主義的傾向(※注)がギリシア哲学とキリスト教神学を渾然一体として融合させるも、
(つづく)

115市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/04/03(火)16:17:11 ID:???
27 of 32

ついにアウグスティヌス(4c-5c)に至り、その祖先であるユダヤ教、および原始キリスト教とは似ても似つかないほどの形式・権威主義的な因果論体系に貶められ、もって中世キリスト教世界の指導者・特権者階層ヘゲモニーのためのイデオロギー的基礎となっていく。
(※注 ヴェーバーは「パリサイびと」(「古代ユダヤ教Ⅱ」みすず書房刊 付録)において、「新約聖書の中で「パリサイ人(びと)」と呼ばれるユダヤ教内グループにおいては、宗教的エクスタシー/魔術/呪術の類は本質的に嫌悪され、
更に「ラビ(平民の聖書学者)」たちがこのグループと密接に関わり、聖書/律法の一字一句をバカの一つ覚えのように厳守するところの演繹的思考に対抗したり、占術的決定論を否定するなどの合理主義知的活動を担う。
その上でパウロなどの初期キリスト者(使徒)には、パリサイ人の実践的宣教・組織論が継承された。」旨を述べている。)

そしてこれらプロパガンディック・イデオロギーの洗練・精緻化段階においては、例えば全称命題を好き放題に氾濫させまくって、もって人々を丸ごと抱え込んで教導していくレトリックを始めとするところの、数々の王道の「身分制支配レトリック」が樹立されていく。
そしてこれはカトリシズムを否定した後代のプロスタンティズム期においてさえも(産業革命が始まるまでは)、例えば「パンソフィア」の提唱者として知られたJ・A・コメニウスの
「大教授学」(1657)などに見受けられる如くに、洪水の如き無数の全称命題を、 (簡単には消え去らない遺物的レトリック癖として)長らく巷に溢れ返させ続けた(※注)。
(※注 これをザッと見てみると、「大小問わずあらゆる事物について知らないことが、いささかも無いように/人間の精神は無限・無辺のもの/何処のどんな被造物であろうが理性を備えた魂の前では隠れることはできない/自然を案内者とするなら、
人間はあらゆるものに到達できる/人間は大宇宙に在るもの全てを内に持つ小宇宙/人間には(全てが元々宿っているから)何一つ外から持ち込む必要がない/正しい教授法をわきまえれば、
あらゆる事物を(学生の)心に描ける」等々、全称命題が無数に出てくるのであり、現代のオレたちから見れば、その胡散臭さが半端ない。)
(つづく)

116市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/04/03(火)16:17:41 ID:???
28 of 32

しかし自然学領域に限られてはいるが、12世紀頃から主としてイスラム世界から再輸入されたところの、(この領域においてだけは経験・実証主義的な)アリストテレス学術の強烈な影響から

『何人も存在拘束性の陥穽から一意的に逃れる術を持たないこと、更には事物を純粋演繹(形而上)的に論考したとしても、それはいづれは「人間の手前勝手な空想にすぎなくなる」という陥穽にはまっていくことを如何様にしたところで回避できない。』

ことを悟ってくる者たちが現れてきた。すなわちロバート・グロステスト、及びその弟子のロジャー・ベーコンは、「最終的には経験的事実認識を判断基準とするところの帰納的思考様式を採用する以外には、論考の内容が真理/真実に近づけるための合理的選択の余地がない。」ことを悟る。
こうしてヘレニズムの天才たち、もしくは社会の下層で奴隷などとしてモノ作り等を強いられてきた職人層にとっては、もとより汎人類的な自然な認知態度として当たり前であるところの、経験・実証主義的な帰納的思考様式を、ポツポツと学界主流においても認めるようになる。

一方、アラブ世界からアヴェロエス的「二重真理説」などとともに西洋に移入されたアリストテレス哲学の“嗜癖的観照性(ロゴス)”の衝撃は、当時としては十分に洗練された合理的学術態度を持つところの「スコラ哲学」を生んだ。

そしてこの学の新たな二大潮流は、折から勃興した「大学」の定着とも相まって、この後も潰(つい)えることなく、一般社会をもその感動と興奮の渦に巻き込んだイタリア・ルネサンス(※注1)と
その後の北イタリアの諸大学において顕著に現れたところの「近代科学の萌芽」的進歩・発展にまで通じ、ついに16世紀からの大弁証法的運動(第六回 参照)が始まると、全社会階層の人々をして支配的観念の「破壊と創造」過程に入らせる。
(※注1 12世紀からの中世自由都市の隆盛、交易で栄えた富裕商人層の活躍は、この時期に人間生活全般を覆い尽くした巨大な技術革新の連鎖をもたらした(※注2)。
こうした中でポンポナッツィはカトリック的"神"解釈を実質的に否定する「万物的因果論」者として、原始キリスト教団の使徒たちが本来、イメージしていたであろうところの「神 = 大宇宙の因果律」的解釈を大胆に復活させた。)
(つづく)

117市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/04/03(火)16:22:37 ID:???
29 of 32

(※注2 例えば熔鉱炉/石炭で作られる鋳鉄の技術、為替手形/複式簿記の普及、織物や染色技術の向上、火薬を用いる兵器や築城術の進歩、化学/工学の発展などなどであり、これらは嫌が上でも人知における経験・実証主義知の価値を高め、
学界においては1560年のナポリで、世界初の自然科学者のための会員制組織である「自然の秘密のアカデミア」が創設されたりした。)

こうして多くの人々がカトリック的世界観に公然と反旗を翻し、勇敢にもこれを破棄するようになり、以降の自然科学/社会科学の方向性をそれぞれ完全に決定づけることになる二人の"天才的合理主義者"が時代に登壇するための“露払い”を為した。
すなわち自然科学領域においては、デカルトが近代的論理学・科学哲学の基礎の一部分を確立し(※注1)、社会科学領域ではホッブズが、「社会科学における自然科学的判然性」観念を提示し、
(マキャベリ「君主論」などの特殊的存在拘束性下で創造されたヘゲモニー論を除けば)一般論としての「人と社会の関係論」において、初めて"神"という概念を完全排除した経験・実証主義的姿勢を打ち出すという、
人間文明における大パラダイム転換への第一歩を標した(※注2)。
(※注1 "今ここで考えている自分"が存在すること以外には何一つ確かなものはないとする有名な主観存在論的命題から出発するも、残念ながら彼の潔癖症・臆病的人格の陥穽により、演繹的思考の呪縛を超えることまではできなかった。
すなわち”神”崇拝物としての形而上知を否定できるだけの度胸/帰納的論理構築力等を持てず、最終的には出発点であった認知的明証性観念を拡大できなかったのが、デカルトである。
しかしいずれにしても近代科学の論理・科学哲学の(数学という学の明証性などを含む)ドグマを提示し得たという彼の功績は、間違いなく偉大である。)
(※注2 ホッブズの理論は主著の「リヴァイアサン」(1651)に集約されている。これは基本的には経験論的合理主義から導かれた道徳法(「自然法」)に基づく社会体制/統治術についての、正に"人類史を画する論考"であり、彼の前においては「人間」も、
飽くなき欲求充足に駆り立てられるだけの単なる「自動機械」でしかない(※注3)。これこそはヘンリー八世以降、ローマ教会と完全に断交した
(つづく)

118市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/04/03(火)16:26:39 ID:???
30 of 32

イギリスにおいてのみ成し得たであろうところの、人類の思想史上の言わば”第三の天地創造(※注4)”だと言って良いほどのものである。
すなわちJ.D.バナールが言う、「人間が精霊による自然現象の説明にかじりついている限り、科学の発達は強く妨げられていた。/精霊説は他のどんな説と比べても劣らないように見えたばかりか、信仰と蓋然性(確率)を思慮深く組み合わせることによって、
物事を非常に上手く説明できるものだと思われることさえできた。/精霊からその大権を奪い取ろうとする試みは精霊を怒らせるに違いないから、有害であるとさえ思われていた。」(「歴史における科学」 1954 )的な
人々の“恐怖心の壁”という経年の認知的限界を(デカルトの“屁っピリ腰” 的ケースとは対称的に)ついに突破したということなのである。)
(※注3 当時、デカルトが提示した「動物機械論」でさえ(ヨーロッパ)大陸においては、驚愕と激しい論争を巻き起こしたことを思えば、当時においてこれが如何ほどまでに"ブッ飛んだ"認識であったかが察せられようというものである。)
(※注4 第一は旧約的「天地創造」に見られるが如きの宗教の教義に因る社会秩序の確立。第二は人類が交換経済体制を樹立し得るだけの余剰生産能力を獲得したことを受けての「私有財産制」の勃興。
そして第三が、この経験・実証主義に基づいた人間/社会に係る合理主義的認知態度の確立。)

そしてその後にスピノザの汎神論(※注1)が出たりで17世紀後半の言わば、近代科学大爆発の、“嵐のような50年間”に至るのであり、産業革命の開始を文字通り“準備”し終えた頃までには、
カトリック以外の指導者・特権者階層は、概ねこれ(経験・実証主義知の大爆発)に胸を躍らせ小踊りしていた(※注2)。
(※注1 ルネサンス期のポンポナッツィに続く「神 = 大宇宙的因果律」論の提唱者。反デカルト主義者でもあり、彼の論は「この宇宙の全事物・事象は、
自らの内にその存在原因(「自己原因」)を持つ。」とする「因果律至上主義」論(※注3)であり、唯神論(超越的な"神"が万物を創造し司る。)を否定した。)
(※注2 上記のように16世紀にローマ教会と絶縁し、独自の国教会体制に移行していたことで、宗教・政治的弾圧の懸念が失くなっていたイギリスにおいて17世紀に近代科学ブームを受けて、ジョン・ロック/デヴィッド・ヒュームらが
(つづく)

119市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/04/03(火)16:29:27 ID:???
31 of 32

カトリック的プロパガンダ(神への愛/キリストへの信仰のみが救いをもたらす的な。)の完全否定に等しいところの、大っぴらな経験・実証主義的社会理論を提唱して宗教・哲学界に一大衝撃を与えた。
これにより(前述のように)経験・実証主義的立場に大幅に歩み寄った形而上知の新潮流としての、カントからマルクスにまで連なるドイツ観念論哲学が勃興する。
またゲーテの「ファウスト」(1808-1833)は、或る老学者が事物を演繹・形而上的に研究しても何も得られなかったことに煩悶し、仲介者(悪魔)が導く様々な実体験を通じて、経験・実証主義の合理性をついに悟るという物語である。
この物語の終幕(第五幕)においてファウストは「わしはひたすら世の中を駆け抜けてきた。あらゆる享楽の髪を引っつかみ、満足させてくれぬものは手放し、すり抜けて行くものは行くに任せた。(中略)雲の上にも自分と同じような者がいると空想する者は、愚かだ。
しっかりと立って、ここで辺りを見回せ!有能な者に対し、この世界は黙っていない。何で永遠の中に彷徨う必要があろう?自分の認識するものは捉えることができる。そんな風に地上の日を送っていくが良い。」と、“憂い”との対話の中でついに宣言するのである。)
(※注3 個々の事物/事象の中に全原因(因果)が包含されるとされる「唯名論」的視点は、当然のごとく観察/実験等に基づく帰納的思考様式/経験・実証主義に通じる。)

というわけで歴史的には、パルメニデス(西洋学術の始祖)の経験的事実認識(「正」)を蔑視した純粋論理性(ロゴス)の提唱が、西洋人をして形而上知の暗闇を突き進むように仕向けさせるも(「反」)、元々人類を人類たらしめ、かつ(チャプター冒頭部で述べたように)
人類が存続するためには一時もこれ無しでは済ますことができない経験・実証主義知に、また後から引き返してきた(「合」)ことが重要である。
つまり西洋人は誤った方向だとはいえ、論理構築能力を練磨した上で、最終的には正しい方向へ引き返し得たのである。これこそは、進歩の自然法的な大きな弁証法的運動である。(ちなみに一方の我々の東洋においては、
残念ながら最終的に経験・実証主義知こそが最重要だと認識するような、このようなヘーゲル的弁証法的運動は生起しなかった。その理由は、後の回で説明する。)
ともかくここにその正当性を認められた
(つづく)


120市井の居士◆dgvbGqecqY:2018/04/03(火)16:30:12 ID:???
32 of 32

経験・実証主義知を生むものとしての帰納的思考様式こそは、(前チャプターで述べたように)ラマピテクスが生活の細部に至るまでの経験的事実認識を無駄にせず、これを徹底的に利用するために開発し、
更にホミニゼーションにより格段に高められた人格的諸能力に基づく思考統御・監督系諸機能と知力により、主として優秀者たちにより継承されてきたところの「合理性を追求するための新規の判断システム」におけるメインの思考様式そのものに他ならない。
というわけでこれ(帰納的思考様式)を認知システム論的見地から言及する際には、今後は『人格系メタ認知的論理思考様式』と呼ぶことにする。

『存在拘束性の陥穽によって常に思考が非合理的に歪められてしまうという宿命から完全には逃れられない人類が、確かな何をかを知り得るとすれば、
それは人格の力の介添えにより「ありのままの事実(※注)」のメタ認知を為し、もって帰納的気づきに基づいて論考し、またありのままの事実に戻って確認するという立場を堅持し得た場合のみである。』(『観念運動の自然法 第六定理(帰納的思考様式定理)』)
(※注 「スキーマ」(認知心理学用語/過去レス123.参照)に基づいて一次認識を自動的に概念化するのではなく、フッサール的「現象学的還元」によって得られる「純粋意識」が、「イデア視(形相的還元)」されて「原本的に与える直観」としての「本質直観」となったものである。
平たく言えば、事物/事象の観察のみから得られる、予断が差し挟まれていない事実認識。)

というわけで他者(親/教師等)/社会(公教育/常識/慣習等)の力に依存することに慣れきってしまった“秀才”(トップレベル凡庸者)は眼前の事象に対して、「受動知(狭義の演繹知であり非経験・実証主義的)」による原理・原則的な真理/真実の発見はできるにしても、
己の人格/知性をフルに用いて主体的に論考する「能動知(自らが以前に創造した知を包含する広義の演繹知と破壊と創造的事象のミックスであり経験・実証主義的)」によってのみ発見可能な個別的真理・真実に到達できる可能性は絶無となる。
とどのつまりこの「経験・実証主義」的認知態度とは、現状の進化段階に在る人間脳が、現に己の身に生起する事象に対する認識/判断の有意性(価値)を担保するためには、”必須な安全弁”なのである。
(「人格系メタ認知的論理思考様式」 おわり)
(第十二回 おわり)

名前: mail:

【2:6】金正勲 ( ジョン・キム John Kim ) 慶應大学 - メディア
1----:2012/11/29(木)10:42:29 ID:24+Q6qJ+v
Kim Seminar | 慶應義塾大学 金正勲研究会 - メディア・コミュニケーション ...
mwr.mediacom.keio.ac.jp/kim
当ウェブサイトは、慶應義塾大学 メディア・コミュニケーション研究所 金正勲研究会
(金ゼミ)の紹介及び、研究発表を主たる目的とするものです。
金正勲研究会では、「メディア融合時代のクリエイティブ産業」のテーマの元、“Creative Industry”つまり最近日本で ...

sfcclip.net/news2012072001
2012年7月20日 ... 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科の金正勲氏の経歴問題について、金正勲氏に文書による厳重注意を行った。



2----:2012/11/29(木)10:45:58 ID:24+Q6qJ+v

(法学者) なの?   今アメリカに居るの?


ジョン・キム先生(金正勲)が派手に経歴詐称をやらかした件で: やまもと ...
kirik.tea-nifty.com/diary/2012/05/post-eddb.html
2012年5月


金正勲 (法学者) - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/金正勲_(法学者)
金 正勲(キム・ジョンフン)は、慶應義塾大学慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科
特任准教授。1973年韓国生まれ。日本に国費留学。
米インディアナ大学博士課程単位取得退学。中央大学博士号取得(総合政策博士)。2004年より、慶應義塾大学 ...


> 米インディアナ大学博士課程単位取得退学。< ABDと言いたい? ならダウト!

3----:2013/02/15(金)08:16:03 ID:jfNsJeTuk

川崎和男

【五輪】テコンドー金メダリストでIOC委員の文大成(ムン・デソン)氏の深刻な論文盗作疑惑、ロゲ会長が注目


論文盗作疑惑は12年の統一選挙で、文氏が与党セヌリ党から立候補した際に浮上した。

文氏は国民大学で博士学位を取得しているが、大学側が博士論文について予備調査を
実施したところ深刻な盗作が確認された。盗作判定を受けて、文氏は当選していた
セヌリ党から離党し、東亜大学のスポーツ学部教授を辞職。

現在は、国民大学の調査委員会が 論文盗作に対する最終的な審査を進めている。

文氏は04年アテネ五輪にテコンドー韓国代表として出場し金メダルを獲得。08年北京五輪では
アジア人初のIOC選手委員に選出された。任期は16年まで。

名前: mail:

【3:7】マル激トーク・オン・ディマンド
※ID非表示スレ
1名無しさん@おーぷん:2017/10/13(金)06:23:23 ID:???
国際派ビデオジャーナリスト神保哲生と、気鋭の社会学者宮台真司が、
ゲストとともに毎週の主要なニュースを独自の論理で、徹底的に掘り下げていきます。
「丸激を見ずして、インターネット放送を語ることなかれ。」
ビデオニュース・ドットコムが自信を持ってお送りするニュース番組の決定版です。
(ホームページより引用)

ビデオニュース・ドットコム
http://www.videonews.com/



2名無しさん@おーぷん:2017/10/13(金)06:28:56 ID:???
BLOGOS
http://blogos.com/blogger/videonews/article/
ビデオニュース・チャンネル
http://www.youtube.com/user/videonewscom
Ustream支局
http://www.ustream.tv/channel/videonews-com-live

ビデオジャーナリスト 神保哲生 オフィシャルブログ
http://www.jimbo.tv/
社会学者 宮台真司 オフィシャルブログ
http://www.miyadai.com/

非公式ウィキ
http://www21.atwiki.jp/vinews/

3名無しさん@おーぷん:2017/10/13(金)06:34:12 ID:???
[マル激] 843 安倍政権の「働き方改革」が危険な理由 (竹信三恵子)
https://yahoo.jp/box/pWfGnM
https://yahoo.jp/box/9rtHwY
[マル激] 844 民営化では水道事業は守れない (橋本淳司)
https://yahoo.jp/box/GL8U_1
https://yahoo.jp/box/lb_ocG
[マル激] 845 何をやっても安倍政権の支持率が下がらない理由 (西田亮介)
https://yahoo.jp/box/nAX-Wr
https://yahoo.jp/box/bryseP
[マル激] 846 内閣官房長官の権力 (枝野幸男)
https://yahoo.jp/box/qobcd0
https://yahoo.jp/box/fXU4Ac
[マル激] 848 地位協定で主権を制限された日本に独自の憲法は書けない (伊勢崎賢治)
https://yahoo.jp/box/8Qeo3L
https://yahoo.jp/box/DV-mc4
[マル激・プラス] 3 お産の事故はなぜ繰り返されるのか (勝村久司)
https://yahoo.jp/box/cmsKyr
[マル激] 849 『森友、加計問題』の本質は情報公開と公文書管理にアリ (三木由希子)
https://yahoo.jp/box/GG20Ed
https://yahoo.jp/box/5jVenX

4名無しさん@おーぷん:2017/10/15(日)12:08:26 ID:???
[マル激] 850 石破政権を展望する (石破茂)
https://yahoo.jp/box/EsBZbx
https://yahoo.jp/box/tYc38R
[マル激] 851 国際政治学者だから気づいた間違いだらけの憲法解釈 (篠田英朗)
https://yahoo.jp/box/E-EkcA
https://yahoo.jp/box/2flzWh
[マル激] 852 北朝鮮問題に落としどころはあるのか (武貞秀士)
https://yahoo.jp/box/FRPHym
https://yahoo.jp/box/jddnsQ
[マル激] 853 「日本人は格差を望んでいる」は本当か (橘木俊詔)
https://yahoo.jp/box/CFxhYx
https://yahoo.jp/box/7KspG5
[マル激] 854 これでいいのか日本の大学 (吉見俊哉)
https://yahoo.jp/box/2MMkYF
https://yahoo.jp/box/AnSXTe
[マル激] 855 異常気象を日常としないために (三上岳彦)
https://yahoo.jp/box/qLCTXw
https://yahoo.jp/box/OguyDs

5名無しさん@おーぷん:2017/10/17(火)02:01:57 ID:???
例えば自分の住んでる田舎だと、田舎と言っても地方都市くらいなんだけど
市が管理している公園や交通機関はつまんなくて退屈なんだよ。
少し離れたところには国土交通省が管理している川があって
そっちの方が雰囲気いいのな、公園の小動物の管理も環境省がやってる
だから地方分権は自分の地域に限っては魅力的に見えなくて
中央がなにしてくれるのか期待してしまう

6名無しさん@おーぷん:2018/02/14(水)21:08:02 ID:???
[マル激] 814 トランプ政権への期待とリスク (西山隆行)
https://yahoo.jp/box/N3kyC3
https://yahoo.jp/box/HlI00K
[マル激] 867 トランプのアジア歴訪に見るパクス・アメリカーナの終焉 (渡辺靖)
https://yahoo.jp/box/pfpc84
https://yahoo.jp/box/a4SY6g
[マル激] 868 独立を強行したカタルーニャは何を求めているのか (田澤耕)
https://yahoo.jp/box/601cJv
https://yahoo.jp/box/_X3jUA
[マル激] 869 過剰コンプライアンスが生む日本企業の不正ドミノ (郷原信郎)
https://yahoo.jp/box/EGGhdD
https://yahoo.jp/box/IeIeQR
[マル激] 870 ポスト・トゥルース時代の保守とリベラルの役割 (中島岳志)
https://yahoo.jp/box/zkAk1N
https://yahoo.jp/box/q3F2-M
[マル激] 871 東京五輪を持続可能な大会にするために (花岡和佳男)
https://yahoo.jp/box/kkDqD1
https://yahoo.jp/box/NYTrB6
[マル激] 872 教育無償化のあるべき姿を考える (神野直彦)
https://yahoo.jp/box/0YCSdl
https://yahoo.jp/box/Py3IO5
[マル激] 874 2018年のテーマは「関係性の豊かさ」 (中野佳裕)
https://yahoo.jp/box/Vws5-e
https://yahoo.jp/box/ZNJauz
[マル激] 875 ポスト・トゥルース時代のメディアに何ができるか (水島宏明)
https://yahoo.jp/box/ACZpYs
https://yahoo.jp/box/NHJjPN
[マル激] 876 性暴力被害者に寄り添う社会を作るために (後藤弘子)
https://yahoo.jp/box/szdEks
https://yahoo.jp/box/3M1i-q
[マル激] 877 史上最大の防衛費は日本の安全に役立っているのか (半田滋)
https://yahoo.jp/box/__xKUV
https://yahoo.jp/box/44uffL
[マル激] 878 トランプ政権の1年はアメリカと世界をどう変えたのか (西山隆行)
https://yahoo.jp/box/UpmnjW
https://yahoo.jp/box/Nga5E4
[マル激] 879 民主国家はシャープパワーに太刀打ちできるのか (西田亮介)
https://yahoo.jp/box/UdaMXk
https://yahoo.jp/box/ymo-WN

名前: mail:

【4:10】竹中平蔵の出世作は盗作だった 【慶大教授】
1----:2012/12/04(火)07:57:38 ID:FvcSCvgRu
慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所所長・大学院メディアデザイン研究科教授

竹中平蔵の出世作が盗作だった事、はじめて知った。
http://blog.goo.ne.jp/reforestation/e/29469447a0d19222c5dc03ae3d04da49
(2005)月刊『現代』の今月号(12月号)に、ジャーナリストの佐々木実氏が「竹中平蔵 仮面の野望(前編)」という渾身のルポルタージュを掲載しており、・・・
・・・竹中平蔵氏による同僚の研究業績の盗用事件が詳しく紹介されております。興味のある方は是非『月刊現代』をご一読ください。竹中氏による盗用事件の概要は以下のとおりです。

竹中氏は日本開発銀行(現・政策投資銀行)の設備投資研究所に勤務していた当時、同僚の鈴木和志氏(現・明治大学教授)と共同研究をしておりました。ところが竹中氏は、共同研究者の鈴木氏には無断で、その研究内容を単名の著作の中で発表してしまったのです。
かくして、鈴木氏が行なった実証研究の成果は、パクられて竹中の業績になってしまったのでした。

 問題の本というのは、竹中平蔵著『研究開発と設備投資の経済学』(東洋経済新報社、1984年)です。
・・・
『現代』のルポでは、竹中に自分の研究成果を盗用された事実を知った鈴木氏が、あまりの悔しさで、同僚たちの目の前で泣き崩れてしまった事実などが、生なましく描写されております。
鈴木氏が泣き崩れた現場にいて、鈴木氏を励ましたのが、設備投資研究所の研究顧問をしていた宇沢弘文氏(当時は東大経済学部教授)でした。

 じつは私も宇沢先生から、直接に「竹中事件」のあらましについてお聞きしておりました。宇沢先生は、この事件について「汚い犯罪」と仰り、「あの時、竹中を処分していれば、こんなこと(今の絶望的政治状況)にはならなかったのかなあ」と語っておられました。
_________________

宇沢弘文 のバカ息子は名大COE詐欺の人 >>> 宇沢(DQN論文3本で教授)が今回のCOEの名目上のリーダーなのは親父のご威光のため。 これ、定説。 『大学における縁故人事の社会的費用』について論じて欲しい。



2----:2012/12/04(火)07:58:52 ID:FvcSCvgRu

>>> 竹中氏がやったことは、学問の世界ではもっとも恥ずべき犯罪行為です。

竹中氏は、日本をアメリカ型社会に改造したいようですが、もしアメリカだったら、こんな盗用事件が発覚した時点で学者生命は終わりですね。

決して大学教授なんか続けていられないでしょう。

3----:2012/12/04(火)08:02:45 ID:FvcSCvgRu
日本がアメリカ化したら最も困るのは竹中平蔵?



竹中平蔵 「若者には貧しくなる自由がある。貧しさをエンジョイしたらいい」

私が、若い人に1つだけ言いたいのは、「みなさんには貧しくなる自由がある」ということだ。「何もしたくないなら、何もしなくて大いに結構。その代わりに貧しくなるので、貧しさをエンジョイしたらいい。ただ1つだけ、そのときに頑張って成功した人の足を引っ張るな」と。

以前、BS朝日のテレビ番組に出演して、堺屋太一さんや鳥越俊太郎さんと一緒に、「もっと若い人たちにリスクを取ってほしい」という話をしたら、若者から文句が出てきたので、そのときにも「君たちには貧しくなる自由がある」という話をした。

4----:2013/02/15(金)11:08:52 ID:jfNsJeTuk

月刊「潮」2007年5月号
日本にいま必要なのは“エンカレッジ”の精神。(竹中平蔵VS南部靖之)

http://www.usio.co.jp/public/img_magazines/u200705_2.jpg [画像をインライン表示]

「競争が進むとみんなが豊かになっていく」
  (竹中平蔵  経済学者 元政治家 人材派遣会社パソナ特別顧問)

5----:2013/02/21(木)08:11:08 ID:Jyw4iGBAT

4 :名無しさん@13周年:2013/02/21(木) 07:07:23.39 ID:+BbWGqxM0


■アベノミクスが困る人ってのは・・・
①ニート等、労働所得を得ていない者 、生活保護受給者
②韓国経済界、或いは韓国経済界と強い結びつきを持っている者
③中国経済界、或いは中国と強い結びつきを持っている者
④景気が回復してしまうと之までの主張が嘘だったと攻められる立場の人たち
⑤在日韓国人 中国人など本国に送金を目的で日本に不法滞在している者
⑥朝日・毎日・中日新聞・NHK・ゲンダイ・ポストセブンなどの反日マスコミ
⑦日本・日本人の国益に反する商売をしている
このいずれかに該当します。

■逆にアベノミクスで喜んでいる人
①まともな日本企業
②日本に対して投資している人達
③ふつうの生活をしている日本人全般 (※帰化朝鮮・韓国人などを除く)
④日本の景気に連動しやすい主要先進国
このいずれかに該当します。

参考までに具体的なところで言うと
■アベノミクス支持派■
・ウォール街 ・伊モンティ首相  ・ノーベル経済学賞受賞者・クルーグマン教授
・ノーベル経済学賞受賞者・スティグリッツ教授  ・イギリスBBC ・ゴーンCEO
・エール大 浜田教授 (東京大学名誉教授;日銀白川総裁の恩師)  ・米財務相
・IMF  ・OECD ・カナダ銀行 ・国内主要総研 ・独メルケル首相(転向中)

■アベノミクス失敗する派(又は失敗を願う派) ■
・池田信夫 (上武大大学院教授、元NHK職員)  ・丹羽宇一郎元在中大使
・小林よしのり  (漫画家)  ・大前研一 (コメンテーター)
・浜矩子( 同志社ビジネス研究科長・教授)  ・日銀白川総裁
・民主党  ・共産党  ・社民党 ・韓国  ・中国  ・野田佳彦
・福島瑞穂  ・辻本清美 ・ゲンダイ・朝日・毎日・中日新聞

6----:2013/02/22(金)03:28:54 ID:U3imRT3r0
2013/02/22(金)

【画像15枚】NHKの円安批判がヤバイwww 韓国の声をお届けwwwwww
http://www.hoshusokuhou.com/archives/23734566.html

 NHKニュース9がひどい  
 http://livedoor.blogimg.jp/hoshusokho/imgs/4/4/447cb5a0.jpg
 http://livedoor.blogimg.jp/hoshusokho/imgs/6/6/66b40a80.jpg
 http://livedoor.blogimg.jp/hoshusokho/imgs/d/b/db45b8c3.jpg
 http://livedoor.blogimg.jp/hoshusokho/imgs/9/1/9154701e.jpg
 http://livedoor.blogimg.jp/hoshusokho/imgs/e/9/e9ceaf9e.jpg
 http://livedoor.blogimg.jp/hoshusokho/imgs/b/8/b8b25b76.jpg
 http://livedoor.blogimg.jp/hoshusokho/imgs/7/a/7ac16057.jpg
 http://livedoor.blogimg.jp/hoshusokho/imgs/7/4/747cc18e.jpg
 http://livedoor.blogimg.jp/hoshusokho/imgs/c/b/cb9b6aed.jpg
 http://livedoor.blogimg.jp/hoshusokho/imgs/a/e/ae84d232.jpg
 http://livedoor.blogimg.jp/hoshusokho/imgs/9/4/945bc17c.jpg
 http://livedoor.blogimg.jp/hoshusokho/imgs/a/6/a682c03e.jpg
 http://livedoor.blogimg.jp/hoshusokho/imgs/b/e/be0439b4.jpg
 http://livedoor.blogimg.jp/hoshusokho/imgs/9/b/9b556c1b.jpg
 http://livedoor.blogimg.jp/hoshusokho/imgs/5/9/598d2f64.jpg

祖国が心配で心配でしょうがないNHKw

9名無しさん@おーぷん:2014/08/30(土)14:00:46 ID:X0TeO3GLL
日本には、スパイ防止法が必要だ。

名前: mail:

【5:2】【毒入り危険】檜垣幸人【食べたら死ぬナリ】
1恒心教大法師檜垣幸人:2016/12/22(木)07:06:52 ID:eCW
お茶の水女子大学附属中学校制服の死神こと宮川拓が愛媛県今治市波止浜169の恒心教大師中島大士と共に
今治造船社長恒心教大法師檜垣幸人にちなんで商品名のどっかに「ひ」「が」「き」「ゆ」「き」「と」の
どれかが入った菓子に毒薬を入れて佐賀県内全域のどこかの店にいつとは言わんが合計169個仕掛けるナリ
実は当職は店の前で院卒であるのに無職の平敬君と記念写真を撮っているナリ
シバターこと神奈川県横浜市中区根岸町2丁目80-2 2Fの斎藤光の動画ほどでもないナリが
プレデターラットのフォトショおばさんうしじまいい肉以上に証拠能力のある写真ナリ
もしもお前らが隠蔽を続けるのならそれをネット上のハセカラキッズ速報内で公開するナリ
北海道旭川市川端町4条7丁目1-16の小関直哉君の勤めるコープみたいな小売側も通報義務があるはずナリ
確かにお前らは被害者やが客足が遠のくことを恐れて重大な事件発生隠蔽をしてたとなったら大変ナリよ



2恒心教大法師檜垣幸人:2016/12/22(木)07:08:36 ID:eCW
今なら「松本がチェックのときに見落としました。断じて故意ではありません。えらいすんません」で済むナリ
当職の暴露から発覚したらインターコンシェルジュの高橋嘉之みたいな社長が謝罪記者会見を開く破目になるナリ
食べたらお茶の水女子大学附属中学校の宮川拓君みたいなキッズがrock or dieナリ
あとついでにいつとは言わんが県内の小中学生にトラックか車かバイクで突っ込むナリ

とにかくワシは口先だけの無能ドルオタパッカマンとは違うんじゃ
お前らと尊師の態度にほんまに腹が立ったんじゃ
とにかく「ひ」「が」「き」「ゆ」「き」「と」関連の菓子を売ってはだめじゃよ
さもなくば2783万円か2783万ナカシマタイシコインのどちらか安い方を今治造船支社まで持参するんじゃ
お前らに忠告しとくぞ ワイはキレたらガチで何するか分からんから

毒入り危険 食べたら死ぬナリ 怪人2783面相

名前: mail:

【6:3】【PRC】 中国女性の自殺率、世界で唯一男性より高い
1----:2013/02/05(火)07:34:58 ID:VHmUVi7bJ

【レコチャ】中国女性の自殺率、世界で唯一男性より高い [02/04]

2013年1月23日、網易によると、中国では女性の自殺者が人口10万人に対し14.8人で男性の同13人を超え、
世界で唯一女性の自殺率が男性より高いことが分かった。

しかし、このデータは1999年のものと古く、中国当局は現在自殺率を正式発表していない。中国では政府の
衛生部と疾病コントロール予防センターの2機関が国民の死亡記録を管轄しているが、自殺率については
人口の10分の1ほどの約1億人分について把握している程度とみられる。04年以降、政府が全国の重点
医療機関に対し、死亡病例記録の報告と管理徹底を要求。だが、報告漏れが全体の3割以上に達しているという。

一方、世界保健機関(WTO)がこのほど発表した11年の世界自殺率データによると、世界で最も自殺率が
高いのは韓国とリトアニアで、いずれも人口10万人当たり31.7人。中国疾病予防センターによると、中国は
同22.23人となっている。(翻訳・編集/AA)



2名無しさん@おーぷん:2016/07/03(日)14:23:35 ID:2Sb
うげ

3名無しさん@おーぷん:2016/11/03(木)09:44:47 ID:FO4


名前: mail:

【7:31】マルクス隔離所
1拓也:2015/12/15(火)00:07:05 ID:VxP
さあ



21偽マルクス主義者◆ZbV3TMNKJw:2015/12/15(火)00:16:58 ID:yqW
ぬおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお拓也閣下ばんざあああああああい!

22偽マルクス主義者◆ZbV3TMNKJw:2015/12/15(火)00:17:35 ID:yqW
307 :拓也■忍法帖【Lv=19,アルミラージ,leV】 :2015/12/15(火)00:16:27 ID:OrY(主) ×
よし、マルクスを完全に隔離できた
これで拓也軍団は安泰ごん


おいこれはどういうことだゴン

23偽マルクス主義者◆ZbV3TMNKJw:2015/12/15(火)00:18:09 ID:yqW
アフリカアフリカ

24偽マルクス主義者◆ZbV3TMNKJw:2015/12/15(火)00:18:29 ID:yqW
ゥレアリー戦争…ゴン!

25拓也■忍法帖【Lv=19,アルミラージ,leV】:2015/12/15(火)00:19:58 ID:VxP
>>22
アンチンコの陰謀ごん!

26偽マルクス主義者◆ZbV3TMNKJw:2015/12/15(火)00:23:03 ID:yqW
>>25
うおおおおおおおおおおお
論破!論破ごん!

27偽マルクス主義者◆ZbV3TMNKJw:2015/12/15(火)00:27:49 ID:yqW
資本家(名無し)による搾取から脱却せねばならぬ
機械化に伴う分業化によって我々の賃金は低下の一途を辿っておる
よって我々は武力を蜂起し、決起せねばならないのだ
マルクスの望んだ民主制選挙などいらぬ
あるのはゥレアリー戦争…ゴン!!!

29デラックスうんこ饅頭:2015/12/15(火)09:41:52 ID:ow9

( ´ ▽ ` )

記念パピコww

30名無しさん@おーぷん:2016/11/03(木)09:44:33 ID:FO4


31名無しさん@おーぷん:2017/09/25(月)01:23:24 ID:KGT
最近マルクスの名を出す人で思いつくのはジジェクくらいか。

名前: mail:

【8:5】◆この板の自治雑談質問相談投票スレ立て依頼総合★1
1名無しさん:2014/04/06(日)20:16:26 ID:tqGwzmEGP
コテも名無しもいらっしゃい



2名無しさん@おーぷん:2015/11/07(土)03:55:21 ID:keq
今の10倍くらい人がいると良いんだけどな

3名無しさん@おーぷん:2015/11/07(土)03:56:30 ID:keq
てか専門板だと
今のおーぷんのある程度日が空くと
ageでもsageになる機能って良くないな

4名無しさん@おーぷん:2015/11/25(水)00:40:27 ID:fXo
あげ

5名無しさん@おーぷん:2015/11/25(水)00:56:53 ID:W6L
もう一回

名前: mail:

【9:12】ハイコンテクストな文化とローコンテクストな文化
1名無しさん@おーぷん:2015/11/06(金)19:57:29 ID:DeE
他者や異文化理解で重要になるこの概念について語るスレ



3名無しさん@おーぷん:2015/11/06(金)20:03:02 ID:DeE
そして日本はハイコンテクストな文化が多いけど
ここで問題があって
日本人でも人や地域により別のコンテクスト文化を持っている
それを理解出来ず他者を理解出来ない人というのをしばしば見る
相手を理解しようとする人は違うんだけど
ローコンテクストな文化より他者理解出来る人が少ない感じ
それは別の見方をすれば集団主義文化優勢な国と個人主義優勢な文化の国とも言える

4名無しさん@おーぷん:2015/11/06(金)20:07:13 ID:DeE
そしてローコンテクストな文化があるという事を理解出来ない人もいる
ここでもその為に相手を理解出来ない人というのが日本ではやや多めになる
また他者をや他者の気持を理解出来る日本人が
理解出来ない人よって空気読めない人等不当に否定されがち

空気というのもニュートラルな意味としてはお約束で
察する云々とは別の話
良くない事を肯定した空気読め文化も日本には多い
他者の気持が分かる人は空気を読む事も読まない事もある
また感情や感覚を表に出す非抑圧文化な人が他者の気持を分かる人に多い

5名無しさん@おーぷん:2015/11/06(金)20:09:52 ID:DeE
ただハイコンテクストな文化そのものが悪いという事はなく
人によってそれは良い文化にもなる
他者を理解する能力があり理解しようとする人が担い手の場合は

6名無しさん@おーぷん:2015/11/06(金)20:10:56 ID:DeE
まあ他でも良くなる場合もあるだろうけど
ただ日本はローコンテクスト文化がもっと発達した方が良いな

7名無しさん@おーぷん:2015/11/11(水)11:01:56 ID:62b
個人主義ならハイコンテクストとローコンテクスト
どっちでもあり得るけど
集団主義なら必ずハイコンテクストになると言えるかな

ただどっちの人も多く主張しているような国だと
集団主義の人でも
個人主義の人や他のハイコンテクスト文化や
ローコンテクストを理解する人がある程度いるだろうけど

8名無しさん@おーぷん:2015/11/11(水)11:08:47 ID:62b
日本だと理解する集団主義の人もいるけど少ない

日本人でも個人主義者と集団主義者どっちもいるけど
東日本大震災以降日本は集団主義が優勢になった

ちなみに高度経済成長期が終わってから00年代まで
個人主義優勢の時代だった

9名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)12:14:30 ID:v2M
ある程度以上離れたタイプの異文化コミュニケーションは
基本ローコンテクスト
日本人同士でもそうだけど
ローコンテクストなコミュニケーション方法を
ある程度でも理解出来ないと
結構離れたタイプの人を理解するのは難しい

10名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)12:15:09 ID:v2M
ローコンテクストなコミュニケーション方法を
積極的に否定する人も一部いるけど
他者理解が出来てない人がそういう人には結構多い

11名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)12:18:14 ID:v2M
一応言っておくとさっき書いた積極的に否定って
積極的に否定する場合もあるってレベルじゃなく
ローコンテクストなコミュニケーションそのものを
全否定か全否定気味に否定する事

12名無しさん@おーぷん:2015/11/12(木)12:23:31 ID:v2M
ハイコンテクストなコミュニケーションそのものの全否定も違うが

てかハイコンテクストと言っても
日本だけで言っても様々なタイプのコンテクストがあるというのも重要

名前: mail:

【10:4】日本で少なくない個人主義に対する誤解
1名無しさん@おーぷん:2015/08/24(月)23:39:32 ID:sDB
個人主義とはいわゆる『砂粒の個人』思想ではなく
他者に対する無関心主義でもなく
個々人が互いに尊重する事を基本としたり
他者を理解する事を是とするという社会的な思想(何でもアリでは勿論ないが)

制度としては公序良俗に反しない限り選択の自由を積極的に認めたり
人道的である事を是とするのが個人主義になるけど
例えば教育制度で言えばホームスクールを義務教育と同等に認めたり
義務教育でも多種多様な道を積極的に認めるというのが個人主義になる

どこの国の人でも個人主義的な人も集団主義的な人もいるけど
制度としては日本は集団主義的な傾向があるし
それを積極的に支持する集団主義的な人もまた多いというのも事実



2名無しさん@おーぷん:2015/08/24(月)23:41:45 ID:sDB
あとは蛸壺的なのは集団主義なんだけど
これを個人主義と誤解して日本は個人主義的傾向だと言う人もいるがそれは違う
『砂粒の個人』思想は国家レベルでの全体主義と言えるけど
蛸壺的なのは小規模な集団主義的集団という事

3名無しさん@おーぷん:2015/08/26(水)17:04:20 ID:zE4
多様性主義と画一性主義と言ったほうがいいんじゃないかな?

4名無しさん@おーぷん:2015/10/09(金)09:52:47 ID:yYm
物質文明の歴史
http://youtu.be/XpTT20ly9hA

名前: mail:


新規スレッド作成
タイトル:
名前: mail:

スレッドをもっと見る(11~)
おーぷん2ちゃんねるの投稿は著作権を放棄しパブリックドメインとして公開しています。
まとめブログやウェブサイト上で自由に転載・創作を行えます。

おーぷん2ちゃんねるに関してのお問い合わせは こちらまで
2018 satoru.net