携帯で見る

(´∀`)まだまだバナー募集中
 バナー一覧

民俗学・神話学@おーぷん2ちゃんねる

ローカルルールの議論・経過についてはwiki
おーぷん初心者はよくある質問と回答を見てね
板一覧 | ヘッドライン | ランキング | 履歴

設定
レス順 | 作成順   
1: 民俗学者有尾寛将が語る本当は怖い神話の世界 (1) 2: 比較神話学スレ (70) 3: おんJから来たンゴwww (11) 4: ワイの日記帳 (67) 5: 一番えらい神様って誰だ? (4) 6: この版来たけど (4) 7: ウトガルズの砦 (2) 8: 【忠告】おんJ民へ (6) 9: 日本三大妖怪 (3) 10:☆ 機能と構造から日本神話の謎を解くスレ ☆ (19) 11:ギリシア神話とローマ神話、どちらが上なのか (2) 12:インド神話 (5) 13:5回見たら死ぬ呪われた絵 (1) 14:グレートスピリットに栄光あれヽ(゚∀゚)ノ (1) 15:大和とは日本で言うなれば何処の名前なのですか、。 (2) 16:◎●◎●日本神話●◎●◎ (22) 17:イキスギィイクイク (8) 18:この世の神は野獣先輩という事実 (1) 19:民俗学で研究しそうな出来事に触れた経験を語るスレ (7) 20:◆この板の自治雑談質問相談投票スレ立て依頼総合★1 (3) 21:【ダメ】通過儀礼スレ【絶望】 (2) 22:【国内】祭りの起源【国外】 (2) 23:しゃちほこスレ (1) 24:【アルカリ】陰陽スレ【酸】 (2) 25:巨人軍の坂本勇人選手 (7) 26:今日からここはおんjの植民地や (10) 27:ギリシャ神話 (16) 28:冥府の神がため息をついた (2) 29:十七世神について詳しく知っている人いませんか? (3) 30:創世神スレ (2) 31:【サブカル】ドラゴンスレ【本家伝承】 (30) 32:日ユ同祖論に詳しい人いるー? (9) 33:【悪夢】ドリームキャッチャースレ【お守り】 (2) 34:【神獣】家畜の歴史スレ【眷属】 (3) 35:【原始】山岳信仰スレ【権力】 (3) 36:【インテリア】風水スレ【家具】 (8) 37:神隠し経験者っています? (12) 38:スサノオからオオクニヌシまでの神について (9) 39:民俗学を学びたいんだが (14) 40:ゴットイーターの新アラガミ考案スレ (5) 41:バナー募集スレin民俗学•神話学 (8) 42:【みんぱく】国立民族学博物館について語ろう【大阪】 (3)  
スレッド一覧   過去ログ   ごみ箱(仮)

【1:1】民俗学者有尾寛将が語る本当は怖い神話の世界
1有尾寛将:2018/06/03(日)13:21:44 ID:GGs
語らせていただく。



名前: mail:

【2:70】比較神話学スレ
1本麻の天吊り蚊帳:2015/08/24(月)06:58:50 ID:VtH






61名無しさん@おーぷん:2016/09/25(日)16:29:03 ID:Kog

ヤマタノオロチ系譜図




オリエント神話系譜図




バアル神系譜図




62名無しさん@おーぷん:2016/09/28(水)18:01:14 ID:zBF

【メソポタミア神】

・最高神:

天空・父神アヌ(アン)、母神キ。嵐神エンリルを生む。

・エンリル:

善悪の分配者。人間絶滅の大洪水を起こす。セム人のベール(主の意)となる。のちにマルドゥク神が権能代行。
大地・女神ニンリル(ニンフルサグ)と月神ナンナル(シン)を生む。

・ナンナル:

妻ニンガルと太陽神ウトゥ(シャマシュ)を生む。
イシュタル(イナンナ)、エレシュキガル(イルカルラ)、アダド(イシュクル)、エンキ(エア)を生む。

・ギルガメシュ叙事詩ではイシュタル、エレシュキガルの父はアヌ。

・エンキ(エア):

ウトナピシュティムに洪水を告知。
長子マルドゥク神はのちにバビロン最高神となるがアッシリア人によりアッシュール神が代行。

・イシュタル(イナンナ):

金星の神格化。ギリシャ神話アフロディーテ、ローマ神話ウェヌスに比定。旧約聖書ではフェニキア女神アスタルテ。
月神ナンナルの娘で太陽神シャマシュの妹とされる時は戦いの神。のちにアッシュール神の妻として崇拝される。
『イシュタルの冥界下り』愛人タンムズ(ドゥムジ)はギリシャ神話アドーニスに比定。
タンムズ神話はエジプト神オシリス、イシス信仰に。のちキリスト教「受難節」「復活祭」の源流に。(エゼキエル書8-14)

・原初水神アプスーと妻・塩水神ティアマト、エンリルの息子ラガシュ守護神ニンギルスと妻・アヌの娘バウー女神
アヌの息子・火神ギビル、ナンナルの息子・火神ヌースクー、エンキの娘・エリドゥ女神ニナー、ニナーの妹・女神ニサバ(ニダバ)
ラガシュ神ガトゥームドゥグ、エンリルの子・ニヌルタ、雲霧神ムンム、工匠神グスキン・バンダ、預言・文字神ナブー
エレシュキガルの夫・地獄神ネルガルなど多神教であった。

63名無しさん@おーぷん:2016/09/28(水)18:01:44 ID:zBF

【アラビアの民族移動】

・ティグリス・ユーフラテス最南部シュメールと北西アッカドが後にバビロニアとなる。

・バビロニア北西のメソポタミア上流高地がアッシリアとなる。

・シュメール人は北西部アッカド人、アッシリア人、アムル人などのセム系諸民族(イスラエル族含む)に滅ぼされる。

・セム系遊牧民族(イスラエル族含む)の原住地は北部・中部アラビアとされる。

・アラビアの余剰人口が外部=北方へ移動。エジプト、シリア、メソポタミア沃地を目指す。

①BC3500年~BC3000年

エジプト方面へ移動。アムラ文化期のハム族と融合。ゲルゼ期文化となり初期エジプト王国文明の基礎をなす。

②BC2500年~BC2300年

「古アムル(アモル)集群」と呼ばれる。セム人がシュメール人世界を支配。
BC2315年頃、ウンマ王ルガルザギシを倒しシュメール・アッカド王サルゴンが権力を確立。

③BC2100年~BC1700年

「アムル、カナン集群」が三日月沃地に侵入。
BC2000年頃、アムル(西の国の意)人がウル第三王朝を倒しシュメール・アッカドを征服。バビロンが覇者となる。
カナン人はレバノン地方に辿り着きのちに海洋民族フェニキア人(アルファベットを考案)の租となる。
パレスチナにも侵入し先住民の地位を確立。

④BC1500年~BC1200年

「アラム集群」がシリア・メソポタミアの大半域を再セム族化。
『申命記26-5』:「私の先祖は流離のアラムびとでありました」=ヘブライ人=アラム集群の一支脈と推定される。
パレスチナに定住。ユダヤ教唯一神の観念を提示。キリスト教、イスラム教の母胎となる。
アラム集群はBC900年頃までシリア・メソポタミアを制圧するが、鉄製武器のアッシリア、バビロニアに滅ぼされる。

⑤BC850年~BC500年頃

「アラビア集群」ナバタエ人がBC500年頃、シナイ半島北東部に定住。AD700年「イスラム大移動」に繋がる。

⑥AD700年

メッカ生まれのマホメット(ムハンマド:AD570年~632年)が多神教アラブ世界に唯一神アッラーのイスラーム教を確立。
マホメット後継者=ハリーファ(カリフ)たち1代目アブー・バクル、2代目ウマル・イブヌール・ハッターブ、
3代目ウスマーン・ブヌ・アッファーン、4代目アリーなどによりオリエント全体にイスラーム教を及ぼす。

64名無しさん@おーぷん:2016/09/28(水)18:02:07 ID:zBF

【ハビル】

・イスラエル民族の原初的発生地はアラビア砂漠と推察。

・『創世記11』:

BC1800年頃、テラが「カルデア」のウルからハランに移動。
アラビア砂漠から侵入したアラム人(カルデアびと)がBC1000年頃バビロニア定住後の時代に加筆されたと推察。
テラの先祖がBC2000年頃、ウルを倒壊し侵入したセム系砂漠民アムル人の民族移動中に一員として参入した可能性。
テラの生活様式は半遊牧民でウル住人との説は疑問符がつく。ウルの都市生活に適応できずハランに移動したと推察。

・当時、半遊牧民の漂浪ハビル人がシリア定住民と争っていたとウルやラルサ王リムシン時代に刻銘。
フルリ人のヌジ書板には自発的に奴隷になったと記載されている。
ハビル人は権力に拘束されない傭兵集団で、テラ=ヘブル人を含む遊牧種族集団全体を表す名詞だった可能性。

・テラ、アブラム家集団は各地文化の中心地を移住し続けた。移動起点ウルとハランは月神礼拝の中心地。
シュメール時代のウルは月神ナンナル、バビロニア時代のハランは月神シンを崇拝する隊商都市。


【アブラハムの神】

・『創世記12』:テラの死後アブラムはハランからカナンを目指す。
「約束の地カナンを目指せ」と伝承されてきたアブラハムの神=カナンの地を実際に知っていたヘブル人祖先神。

65名無しさん@おーぷん:2016/09/28(水)19:05:17 ID:zBF
【イシン・ラルサ時代】

・ウル第三王朝滅亡後、BC2025年頃アムル人ラルサ王朝樹立。BC1763年頃ハンムラビがメソポタミア統一。

・最南部ウル近郊にラルサ王朝、西北ニップール近郊にイシン王朝。

・イシン王朝5代目リピト・イシュタル法典は100年後のハンムラビ法典、BC2100年頃のウルナンム法典、
BC1830年頃のビララーマ法典と共にメソポタミア法制史の発展を知る文献となっている。

・イビシン治世に砂漠地帯からバビロニアに侵入してきたアムル人族長ナプラヌム(BC2025年~BC2005年)がラルサ王朝樹立。

・グングヌム治世にラルサが勃興開始。リピト・イシュタル王からウルを奪取。ラルサとイシンの闘争開始。

・イシン王朝で内紛が発生し王朝が交替。イシュビ・イラ血統外の王ウルニヌルタ(BC1923年~BC1896年)が即位。
リピト・イシュタル王家はラルサに逃亡と推察。ラルサ王グングヌムは「シュメール・アッカド王」の称号を得る。

・グングヌムの後継者アブイサレ(BC1905年~BC1895年)がウルニヌルタを弑逆。

・アブ・サレの後継者スム・エル(BC1894年~BC1866年)がイシン服属のキシュを攻略。宗教都市バビロンがキシュを奪取。
バビロンの都市名=バブ・イル(神の門)に由来。ヘブライ語のバベルに派生。
アッカド王サルゴンは征服時に宗教都市として神聖さを留意。シャル・カリ・シャッリ王時代にバビロン神殿の基礎を築く。
ウル第三王朝支配下ではエサラギ神殿の存在が知られていたが、アムル人の侵入により宗教都市から政治都市へ変貌。

・アムル人首長スムアブムがBC1894年頃に即位しバビロン第一王朝を建立。
ラルサ王スム・エルからキシュを奪取。カザルでは撃退されて前進を阻止される。

・次代のスムラエル王はキシュを再征服しカザルを占領。シッパルを服属させ要塞都市とする(BC1855年)。

・ラルサ王スム・エルの後継者ヌル・アダド(BC1865年~BC1850年)の治世に洪水が起こる。
次代のシン・イディナム王まで修復が続く。支配下のウル、エリドゥも修復。イシン王エンリル・バニからニップールを奪取。
その後バビロン、エシュヌンナと交戦し勝利する。シン・イディナム王はシャマシュ神殿で落石により死亡。

・次代のシン・エリバム王(BC1842年~BC1841年)、シン・イキシャム(BC1840年~1836年)、ツィリ・アダド(BC1835年)が順次即位。
東のエラムやイシンと領域を争い、イシンとはニップールの奪取を繰り返す。北部カザルがシン・イキシャムの死後ラルサを急襲。

・イシン王朝はウル・ヌヌルタ王の死後、息子のブル・シン(BC1895年~BC1874年)が即位。
ラルサからウルを奪取するも一年未満で奪還される。
息子リピト・エンリル(BC1873年~BC1869年)の治世にニップールもラルサ王スム・エルに奪還される。
次代のイルラ・イミッティ王(BC1868年~BC1861年)の治世にニップールを奪還。

・イルラ・イミッティ王の治世時:

『エヌマ・エリシュ神話』で主役のニップール神エンリルがバビロン覇権によりマルドゥク神に変更される。
イシン王朝の勝利神の新春記念祭礼=新年祭がバビロン王朝に引き継がれる。
イルラ・イミッティ王8年目新年祭の時に庭園師エンリル・バニが「偽王の日」に王位に就いたが
当日イルラ・イミッティが死にそのまま王座に就き支配権を確立。その後ラルサ王シン・イディナムにニップールを奪還される。

・シン・イディナムの死後、独立を回復し次代のザンビア王(BC1836年~BC1834年)がニップールを奪還。ラルサと再争。
次代のイテル・ピシャ(BC1833年~BC1831年)、ウル・ドゥクガ(BC1830年~BC1828年)、
シン・マギル(BC1827年~BC1817年)が順次イシン王朝を統治するもラルサと共に衰退する。

66名無しさん@おーぷん:2016/09/28(水)20:11:47 ID:zBF

・エラム人エムトバル国クドゥル・マブク君主がカザル支配を駆逐しラルサ解放者として入城。
クドゥル・マブクがエラム人なのかアムル人なのかは不明。
息子ワラド・シン(BC1834年~BC1823年)をラルサ王に即位し独立させる。

・ワラド・シン王はカザルが征服。ウルで月神シン神殿を造営修復。
バビロニア北部はバビロン第一王朝、南部はイシン王朝とラルサ王朝が併存。

・バビロン王スムラエルの次代王サビウム(BC1844年~BC1831年)がマルドゥク神エサラギ神殿を建立。
4代目アピル・シン王(BC1830年~BC1813年)の治世は内治整備に力を注ぎ、外征は北バビロニア流域に限定。
その間にラルサはニップールとウルを奪取。ワラド・シンの後継者に弟のリム・シン1世(BC1822年~BC1763年)。

・ラルサのバビロニア南部覇権にイシン、バビロン、ウルク、ラクピムが連合。
ウルク王イルダネネの指揮でラルサに対抗するも撃退される。
リム・シン王はキスラとウルクを征服。イシンとニップールを奪取。
5代目バビロン王シン・ムバリト(BC1812年~BC1793年)によりラルサの攻勢が一時停滞。
イシン王ダミク・イリシュ(BC1816年~BC1794年)を撃破しイシン王国を征服。
その後シン・ムバリトの息子ハンムラビ王によりラルサ帝国は撃破される。

・最後はバビロニア北部バビロン第一王朝と南部ラルサ王朝が残る。
ティグリス河支流ディヤラ川流域にエシュヌンナ、ユーフラテス河中部に古王国マリが存続。
ティグリス河上流域にアッシリアが存立。

・ラルサの支配者だけはエラム人が占めていた。

・アッシリア人はアムル人と別の北西セム系民族。
フルリ人がセム系アッカド人やシュメール人ウル第三王朝の支配で混血しアッシリア人国が形成。
アッシリア人の言語、文化、宗教はアッカド的で住民はアッカド名を帯びている。
「シュメール・アッカドの真の保全者」を自称する故にアッシリア王イルシュマはバビロニア侵略時
「アムル人とエラム人の支配からアッカド人を解放する」と言って誇った。

67名無しさん@おーぷん:2016/09/29(木)21:34:45 ID:rev




68名無しさん@おーぷん:2016/09/30(金)20:30:59 ID:u5v




69名無しさん@おーぷん:2017/05/26(金)23:19:13 ID:wgs
なんだこのスレw ちゃんと異なった文化圏の神話を比較しろよw

70名無しさん@おーぷん:2018/05/02(水)23:06:43 ID:jff
神話の比較で人のこころのルーツを知りたい

名前: mail:

【3:11】おんJから来たンゴwwwww
1名無しさん@おーぷん:2017/09/09(土)12:57:52 ID:h6Z
ここはおんJ民の植民地にするやでwwwwwwwwwwww



2名無しさん@おーぷん:2017/09/09(土)12:58:09 ID:32G
んほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおまんこ
こわれちゃうのおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

3名無しさん@おーぷん:2017/09/09(土)12:58:14 ID:YAT
いえーい

4名無しさん@おーぷん:2017/09/09(土)12:58:19 ID:K1i
は?

5名無しさん@おーぷん:2017/09/09(土)12:58:24 ID:uGT
ひ?

6名無しさん@おーぷん:2017/09/09(土)12:58:29 ID:flO
ふ?

7名無しさん@おーぷん:2017/09/09(土)12:58:29 ID:h6Z
ふ?

8名無しさん@おーぷん:2017/09/09(土)12:58:31 ID:vgi
ふ?

9名無しさん@おーぷん:2017/09/09(土)12:58:37 ID:vgi
へ?

10名無しさん@おーぷん:2017/09/09(土)12:58:43 ID:flO
ほ?

11名無しさん@おーぷん:2018/03/03(土)18:23:16 ID:oM3
おまけの中身が知りたくて――。

浜松市東区内のショッピングセンターで、ポテトチップスのおまけのプロ野球選手カードの入った袋25個に、はさみで切り込みを入れたとして、浜松東署は6日、愛知県豊川市中条町宮坪、無職***容疑者(51)を器物損壊容疑で逮捕したと発表した。

「巨人軍のカードが欲しかった」と容疑を認めているという。

同署によると、**容疑者は5日午後1時55分ごろから約20分間、同センターで、おまけのカード付きのポテトチップス25袋(1袋90円、計2250円)のおまけの袋をはさみで切った疑いがある。
同容疑者は、計35袋のおまけの袋を切り、中身のカードを確認して気に入った10袋を購入した。
それ以外の25袋を商品棚に返してセンターを出たところを警備員に呼び止められたという。

名前: mail:

【4:67】ワイの日記帳
1名無しさん@おーぷん:2017/08/20(日)20:40:01 ID:v9U
平成29年8月20日 日曜日
今日からこの板で日記をつけていこうと思います
夜10時に毎日更新する予定です



58名無しさん@おーぷん:2017/08/21(月)23:05:28 ID:bVm
2017年8月21日 月曜日

今日はピザポテトを食べました
やはりあの味は癖になりますね!
あとヒカルがVAZmartに参加しない事になったそうです
私は水溜りボンドが一番好きなのであまり関係無い話ですが、コラボは二度としないでほしいです

59名無しさん@おーぷん:2017/08/21(月)23:06:51 ID:bVm
リスナーが来てくれるか不安です

60名無しさん@おーぷん:2017/08/22(火)19:56:24 ID:l2h
アンパンマン!!

61名無しさん@おーぷん:2017/09/09(土)12:58:46 ID:K1i
あげるぅんだ!

62名無しさん@おーぷん:2017/09/09(土)13:00:31 ID:h6Z
ヌッ

63名無しさん@おーぷん:2017/10/03(火)19:08:17 ID:u2p
草 懐かしいな
今思い返すとワイバカなことやってたんやなって…

64名無しさん@おーぷん:2017/11/13(月)22:43:41 ID:UaJ


65名無しさん@おーぷん:2017/11/14(火)23:32:42 ID:T1c
てすと

66名無しさん@おーぷん:2017/11/14(火)23:32:54 ID:T1c
ファッ!?ウーン

67忍法帖【Lv=6,ドラゴンゾンビ,xR4】:2018/03/03(土)18:21:39 ID:oM3
てす

名前: mail:

【5:4】一番えらい神様って誰だ?
1名無しさん@おーぷん:2015/07/23(木)20:48:36 ID:ahP
それはGOです



GO IS GOD



2名無しさん@おーぷん:2016/01/26(火)01:32:04 ID:XN7
俺だよ〇沢貴〇だよ

3名無し:2017/03/29(水)05:07:50 ID:ghp
旧約聖書は、おそらく世界で最も古い聖書だが、現在のユダヤ教徒は、トーラー(旧約聖書)よりタルムードを学ぶ

名前: mail:

【6:4】この版来たけど
1名無しさん@おーぷん:2017/09/09(土)12:58:40 ID:9BK
そもそも誰もおらんやん



2忍法帖【Lv=5,うごくせきぞう,2ji】:2017/12/24(日)14:57:59 ID:ky3
せやな

3:2017/12/29(金)12:04:05 ID:bWw
俺は今日初めてきた。
けどだれもおらへんな。

4名無しさん@おーぷん:2018/01/24(水)12:06:34 ID:RSG
だれかおらんか

名前: mail:

【7:2】ウトガルズの砦
1名無しさん@おーぷん:2017/09/09(土)13:03:52 ID:ke8
神Jを侵略の手から守ろう!



名前: mail:

【8:6】【忠告】おんJ民へ
1名無しさん@おーぷん:2015/09/17(木)11:55:02 ID:hwu
荒らさないでください
あとVIPの人も荒らさないでください



2名無しさん@おーぷん:2016/09/30(金)00:14:54 ID:l1E
すまんな

3名無しさん@おーぷん:2016/11/12(土)18:48:28 ID:r75
ええんやで

4名無しさん@おーぷん:2017/09/09(土)12:57:39 ID:vgi
すまんな

5名無しさん@おーぷん:2017/09/09(土)12:59:24 ID:h6Z
すまんな

6名無しさん@おーぷん:2017/09/09(土)12:59:26 ID:flO
すまんな

名前: mail:

【9:3】日本三大妖怪
1名無しさん@おーぷん:2017/06/02(金)18:47:18 ID:nDv
坂上田村麻呂と鈴鹿御前に討伐された鈴鹿山の大嶽丸
源頼光と頼光四天王に討伐された大江山の酒呑童子
安倍泰成に正体を見破られた那須野の白面金毛九尾の狐

宇治の宝蔵に封印されているという日本三大妖怪について



2名無しさん@おーぷん:2017/06/02(金)18:48:12 ID:nDv
ちなみに日本三大悪妖怪は2005年頃にWikipediaで捏造されたらしいので除外

3名無しさん@おーぷん:2017/07/04(火)16:51:30 ID:pZP
Wikipediaが修正されたね

名前: mail:

【10:19】☆ 機能と構造から日本神話の謎を解くスレ ☆
※ID非表示スレ
1名無しさん@おーぷん:2017/06/01(木)00:41:49 ID:???
 機能と構造から日本神話の謎を解くスレ 

  ※はじめに
○ 日本神話を理解するには物語以上に、機能と構造を理解することが重要。 細かい文章の違いや文字の違い等にこだわるのは時間の無駄。



10名無しさん@おーぷん:2017/06/09(金)01:10:10 ID:???
>>8 の最後に追加。

  ※ちょっとだけ紹介するとw、
    「水に浮んでいる脂肪の塊りのよう ~略~ 可美葦牙彦舅尊と申す。」
    「浮んでいる脂肪の塊りのようである ~略~ 名付けて磤馭慮島という。」

11名無しさん@おーぷん:2017/06/30(金)23:35:32 ID:???

 ~世界がウマシアシカビの腹の中だった件~

◎『同じ胞(え)の双子』の3例
    【例1】 ①オノゴロジマ ②アワジシマ ③アワシマ 〔アワジシマ=ヒルコ〕
    【例2】 ①カグツチ   ②ツクヨミ   ③スサノヲ 〔ヤソマガツヒ カムナオヒ オオナオヒ〕
    【例3】 ①同じ胞(え)w ②オオウス  ③オウス 〔ヤマトタケル〕

  ※最初に生まれるのは必ず アワジシマ か ヒルコ 。 〔アワジシマ6例 ヒルコ2例〕
  ※ヒルコ の次に生まれる弟は必ず アワシマ か スサノヲ 。 超重要
  ※スサノヲ の直前の兄は必ず ヒルコ か ツクヨミ 。 超重要
  ※最初がアワジシマで次にヒルコ。なんてとんでもない例が一例だけある。

 古事記を普通に読むとヒルコ・アワシマまでが失敗で、次のアワジシマからが成功のように読めてしまうけれど、これは古事記の罠だから引っ掛からないようにw 
 正しくはヒルコは失敗でアワシマは成功。 ここで編集されて、次のアワジシマから別の書がツギハギされて物語が振り出しに戻って最初からやり直しになっているから。〔つまりエピソードが重複しているってこと〕

  ※古事記のアワシマが子の数に入らないのは、オノゴロジマのエピソードが元々は造化の三神と三柱の神の話だから。

12名無しさん@おーぷん:2017/06/30(金)23:36:42 ID:???

 記紀を読めばわかると思うけど、日本神話には物語としては同一だけど、語り方の違いでだいたい二種類のフォーマットがある。オノゴロジマのようにおとぎ話的に語っていくバージョンと、国生み・神生みのように神の名をダラダラと羅列していくバージョン。
 で、とーぜんこれらは異なる系統の伝承なんだから“まぜたら危険”なわけw

 だから書紀正文で最初の失敗がアワジシマになってる。
 で、二番目に生まれる『大日本豊秋津洲〔大倭豊秋津島〕』は正しく読むと『やまたわ とよあきつしま』で、『ヤマタノヲロチの環〔垣〕が豊かに開いて閉った』という意味で、実はコレ天地開闢のこと。

 『大倭〔大和〕』はヤマトとは読めないが、『ヤマタ・ワ』とは読める。ヤマタはヤタノカガミやヤタガラスのヤタと同じく『八咫(やあた)』の変化で、大きいという意味。
 で、『ヤマタ・ワの国』は、『ヤマタノヲロチの環【垣】〔の中〕の国』と言う意味で、ヤマトの美称である『豊葦原の中つ国』は『ウマシアシカビの腹の中の国』って意味になるw

13名無しさん@おーぷん:2017/06/30(金)23:37:42 ID:???

  ※や‐た【八咫】 〔ヤアタの約。咫(あた)は上代の長さの単位〕 長いこと。また、巨大なこと。 [広辞苑]
  ※胞(え)〔子供の入れ物〕だから外側は閉じているって意味で『シマ〔閉〕』。
  ※よ【節】 (世と同源) ①竹・葦などの茎の節(ふし)と節との間。 [広辞苑] 竹〔外来種〕じゃなく葦〔在来種〕なのが重要
    *つまりウマシアシカビの腹〔節〕の中が世界だってこと / だから日本語で世界のことを『世の中』というワケw
    *ちなみに世界の『界』の意味は『境(さかい)』、つまり世界=節境w
    *コトシロヌシが造った『八重蒼柴籬(やえのあお ふし がき)』にも注目!

  ※天地開闢のこと / しまった!ヤマタノヲロチの説明が途中だったw 要するにヤマタノオロチの雲の『八重垣』も、同じ胞の双子の『胞(え)』も、ヒルコを乗せた『葦の船』も、みんなクニ〔世界〕の入れ物〔器〕だってコト。
 で、同じ話のくり返しなのだから世界〔ウマシアシカビの節(よ)の境(さかい)〕は内へ内へと向かって多層化して神世七代になっていくわけ。
  ※ふね【船・舟・槽】 ②水・酒などを入れる箱形の器。湯ぶね・酒槽さかぶね~③棺。「船入ふないり」[広辞苑]

 ヤマタノヲロチ=クサナギ=スサノヲ の正体〔元ネタ〕がウマシアシカビなのだが、これはちょっと長くなるのでまた後で。

14名無しさん@おーぷん:2017/06/30(金)23:39:24 ID:???

 書紀正文での三番目はイヨノフタナノシマ〔アワシマと同等、つまり胞(え)〕だが、大日本豊秋津洲が天地開闢のことなので、実質的には二番目。
 より正しく言うとイヨノフタナノシマ=アワシマの誕生がイコール天地開闢〔大日本豊秋津洲〕だってこと。

 なぜかってーと、アワジシマ・アワシマの『アワ〔あわ・い〕』の意味が『時空間』だから。 つまりアワジシマとは失敗した時空間のことで、これが常世の国の元ネタw だからイザナギが常しえに隠れるのが淡路の洲(くに)になってるわけ。
  ※[広辞苑] あわい【間】アハヒ ①物と物、時と時とのあいだ。~

 で、イザナギ・イザナミは天空神と地母神だからこの天地開闢によって生まれてる。 よーするにアワシマの誕生=天地開闢=イザナギ・イザナミの誕生。
 だからその証拠に書紀の神世七代のラスト〔父子系譜〕に「アワナギがイザナギを生んだ」って書いてあるw。 超重要

  ※『ナギ・ナミ』なんてーのは擬人化のキーワードにすぎない。 つまりイザナミは『アワ』から生まれているワケだw 蛇足
  ※古事記の大倭豊秋津島のあとで「然(しか)くして後に、還り坐(ま)しし時に~」となるのは、古事記的にはここでイザナギ・イザナミが再登場する構造になっているから。

15名無しさん@おーぷん:2017/06/30(金)23:40:48 ID:???

 ちなみに古事記のアワジシマもしっかりと失敗になってる。 この場合は『胞(え)』、つまり子供の入れ物としての失敗だから中に子供が入ってなくて、次のイヨノフタナノシマ〔弟〕は成功だから中に子供が入っているわけ。

[古事記]
     「 こう言いおわって結婚され、生んだ子は、 淡道之穂之狭別島。 次に、伊予之二名島 を生んだ。
    この島は、身体が一つで顔が四つあり 、顔ごとに名がある。
    そのうち、伊予国 は 愛比売 (えひめ) といい、  讃岐国 は 飯依比古 (いひよりひこ) といい、
    粟国 は 大宜都比売 (おほげつひめ) といい、 土左国 は 建依別 (たけよりわけ) という。 」

 イヨノフタナノシマは四国のことだが、現実と非現実〔地名と神話〕をゴッチャにしないように注意w 二名なのに顔が四つなのは『両性のカオスの双子』だから。
 粟国=オホゲツヒメをヒントに他のメンツを推測すると。

  伊予国 / 愛比売 (え ひめ)        ウケモチ ※下↓から推論すればコレしかない。
  讃岐国 / 飯依比古 (いひより ひこ)   ツクヨミ or ヒルコ ※スサノヲの兄だから。
  粟国 / 大宜都比売 (おほげつ ひめ) コレがヒントw
  土左国 / 建依別 (たけより わけ)    スサノヲ ※オホゲツヒメに関連する神はスサノヲだけ。

16名無しさん@おーぷん:2017/06/30(金)23:44:13 ID:???
 
 さすがにこれは論拠が弱すぎだろうから、神武兄弟の名前で少し補強。

[古事記]
   五瀬命 (いつせ)       / イザナギ・イザナミの異名はイツノヲ・イツノメ。つまりイザナギの代理。
   稲氷命 (いなひ)        / 書紀では 稲飯(いない)。つまり『飯の飯』w
   御毛沼命 (みけぬ)      / ミケヌはスサノヲの異名。『神祖 熊野大神 櫛御気野(クシミケヌ)』
   若御毛沼命 (わかみけぬ)  / 神武 〔次の〕スサノヲ的存在※ でアマテラスの代行。

  ※ヤマタノオロチ〔クサナギ〕 VS スサノヲ〔クサナギ〕 の時にスサノヲ〔殺す側〕になる存在ってこと。

 スサノヲの異名がミケヌだから、その兄はイナ〔稲=飯(イイ)ナ〕・イヒ〔飯(イイ)〕ってわけだ。つまり兄は俗に言う穀霊的存在〔または火の神/ヤソマガツヒ・ヨモツヘグイを思いだそう。
 日本神話で最初の食事の話がヨモツヘグイで、『火』が重要!〕で、スサノヲは雷神〔稲妻=「稲の夫(つま)」の意。[広辞苑]〕だったりもする。 そんでw

[古事記] 故(かれ)、
   御毛沼命 (みけぬのみこと)は、浪(なみ)の穂(ほ)を跳(ふ)みて常世国(とこよのくに)に渡(わた)り坐(ま)し、
   稲氷命 (いなひのみこと)は、妣(はは)の国と為(し)て、海原(うなはら)に入(い)り坐(ま)しき。

17名無しさん@おーぷん:2017/06/30(金)23:45:12 ID:???
 
 これイナヒとミケヌがゴッチャになっているw
 母の国に向かったのはミケヌ=スサノヲ〔アワシマ=胞=船〕で、海原に入ったのは『イナセハギ〔稲w〕』が『熊野の諸手船〔天鴿船(あまのはとふね)〕』に乗って迎えに行ったヤエコトシロヌシで、
 常世の国に渡ったのは『カガミの船』に乗ったスクナヒコナで、常世の国の元ネタのアワジシマ〔書紀正文〕は古事記では『葦の船or鳥磐櫲樟船(とりのいわくすふね)』で棄てられたヒルコですよっと。
 船にこだわって書いたのは、上の話が船旅中だからw

  ※ヤエコトシロヌシ・ヒルコ・スクナヒコナはみんな『エビスの正体』とされる神。

 スクナヒコナはアワシマ〔ヒルコの弟=スサノヲ=サエノカミ的存在〕でアワカラにはじかれて常世郷〔アワジシマ〕へ、または熊野(くまの)の岬から常世郷へ渡っているが、この熊野(くまの)もスサノヲの異名だったりする。

  ※熊野大社 / 神祖 熊野大神 櫛御気野(かむろぎ くまのの おおかみ くしみけぬ)命〔素戔嗚(すさのお)尊の別名〕をまつる。[世界大百科]
  ※熊野(くまの)の岬 / 禊ぎ(みそぎ/身削ぎ) → 岬(みさき/身裂き)?=脱皮か?
  ※イザナミが葬られた『紀伊国(木の国)熊野之有馬村》』も、スサノヲのキーワードだらけw 〔木・熊(雲)・馬・ムラ(斑)〕
  ※とこよ‐の‐くに【常世の国】 ②不老不死の国。~略~ 死人の国。よみのくに。よみじ。黄泉。[広辞苑]

18名無しさん@おーぷん:2017/06/30(金)23:47:12 ID:???
 
 これイナヒとミケヌがゴッチャになっているw
 母の国に向かったのはミケヌ=スサノヲ〔アワシマ=胞=船〕で、海原に入ったのは『イナセハギ〔稲w〕』が『熊野の諸手船〔天鴿船(あまのはとふね)〕』に乗って迎えに行ったヤエコトシロヌシで、
 常世の国に渡ったのは『カガミの船』に乗ったスクナヒコナで、常世の国の元ネタのアワジシマ〔書紀正文〕は古事記では『葦の船or鳥磐櫲樟船(とりのいわくすふね)』で棄てられたヒルコですよっと。
 船にこだわって書いたのは、上の話が船旅中だからw

  ※ヤエコトシロヌシ・ヒルコ・スクナヒコナはみんな『エビスの正体』とされる神。

 スクナヒコナはアワシマ〔ヒルコの弟=スサノヲ=サエノカミ的存在〕でアワカラにはじかれて常世郷〔アワジシマ〕へ、または熊野(くまの)の岬から常世郷へ渡っているが、この熊野(くまの)もスサノヲの異名だったりする。

  ※熊野大社 / 神祖 熊野大神 櫛御気野(かむろぎ くまのの おおかみ くしみけぬ)命〔素戔嗚(すさのお)尊の別名〕をまつる。[世界大百科]
  ※熊野(くまの)の岬 / 禊ぎ(みそぎ/身削ぎ) → 岬(みさき/身裂き)?=脱皮か?
  ※イザナミが葬られた『紀伊国(木の国)熊野之有馬村》』も、スサノヲのキーワードだらけw 〔木・熊(雲)・馬・ムラ(斑)〕
  ※とこよ‐の‐くに【常世の国】 ②不老不死の国。~略~ 死人の国。よみのくに。よみじ。黄泉。[広辞苑]



 ちょっと補足するだけのつもりが長くなったw

19名無しさん@おーぷん:2017/07/27(木)08:15:11 ID:???
>>11 に補足
 
 あらためて『同じ胞(え)の双子』について簡単に説明しとくと、『失敗した子供を正しく生み直そうとしたら、失敗と成功が同時に発生して双子の兄弟になっちゃった』だ。
 これはつまり元の子も後の双子も、失敗と成功で分けられているだけで、本質的にはみんな同じ存在だってこと。だからカグツチ・ツクヨミ・スサノヲは全員同じように女神殺しをやらかすだろ。

名前: mail:


新規スレッド作成
タイトル:
名前: mail:

スレッドをもっと見る(11~)
おーぷん2ちゃんねるの投稿は著作権を放棄しパブリックドメインとして公開しています。
まとめブログやウェブサイト上で自由に転載・創作を行えます。

おーぷん2ちゃんねるに関してのお問い合わせは こちらまで
2018 satoru.net