携帯で見る

(´∀`)まだまだバナー募集中
 バナー一覧

日本近代史(仮)@おーぷん2ちゃんねる

ローカルルールの議論・経過についてはwiki
おーぷん初心者はよくある質問と回答を見てね
板一覧 | ヘッドライン | ランキング | 履歴

設定
レス順 | 作成順   
1: 明治・大正ときて、昭和になった途端にみんな馬鹿になる (539) 2: この写真の詳細知ってる人いる? (6) 3: 明治天皇の子孫について (3) 4: 【Me】Bf109vs 零式艦上戦闘機【ゼロ戦】 (1) 5: おんラジ 企画共通保管庫 (29) 6: 戦前産まれを恐れるダメリカ人 (2) 7: 近代日本の経済成長 (1) 8: ● もしも日本が米英に負けていたら ● (8) 9: 福沢諭吉について語ろう (12) 10:白人は人間ではない (10) 11:死にたい理由を考察するスレ (11) 12:男尊女卑て実際どこまでひどかったの? (11) 13:【真実の昭和史】凛として愛 (20) 14:日露戦争スレ1 (7) 15:明治時代について語ろう (6) 16:大津イジメ自殺事件 (14) 17:大正時代について語ろう (7) 18:日清戦争スレ1 (3) 19:◆この板の自治雑談質問相談投票スレ立て依頼総合★1 (1) 20:バナー募集in日本近代史 (5)  
スレッド一覧   過去ログ   ごみ箱(仮)

【1:539】明治・大正ときて、昭和になった途端にみんな馬鹿になる
1名無しさん@おーぷん:2017/07/12(水)00:14:23 ID:sHm
明治
大久保利通、伊藤博文、桂太郎など超有能政治家が揃い踏み。
世界の端っこの極小国家から極東の憲兵へ大進化。

大正
世界大戦に乗じて更に躍進。英米に次ぐ大国になる。
内政面でも民主的な政党政治が確立。学術・文化も花開く。

昭和
クソ不景気。農村の身売りは当たり前、東北では餓死者まで出る始末。政府は無策無能。
そのくせなぜか大陸経営に手を出して大赤字。それでも満洲国で満足しときゃよかったのに、わざわざ蒋介石と大陸全部使ってアルティメット追いかけっこ。何の目的もないまま。
内政では、無能な政治家と馬鹿な軍人が大喧嘩。しかも全員無責任。首相が変わりまくって国策もクソもない。テロの蔓延る殺伐とした世界。
外交では、喧嘩する理由なんかないはずの英米と険悪ムード。逆に敵だったはずの独ソとはお友達になっちゃいました。もちろんどちらにも裏切られる。
挙句の果てに英米と戦争おっ始めて国中焼け野原に。苦労して育てた満洲の資本はノーマークのソ連に全部持っていかれる。そしてそれでも首相はコロコロ変わる。少しは真面目に戦争しやがれ。


なぜなのか?



530名無しさん@おーぷん:2018/04/08(日)15:04:38 ID:W8e
Q.
 なぜか大日本帝国陸軍は悪者にされていますよね?海軍は悪口は聞いたことがないです。
終戦直前の御前会議のとき、阿南惟幾陸相は本土決戦を主張しました。
 学校では「阿南惟幾をはじめとする陸軍は無謀な本土決戦を主張した狂った人たちであった」などと教えられました。
私は本土決戦が良かったか悪かったか分かりません。日本人がゲリラ化して泥沼戦に持ち込むのも悪くはなかったと思います。
こういうのはGHQの刷り込みですか?東京裁判でA級戦犯になった人のほとんどは陸軍関係者ですよね。
陸軍関係者ではないのは広田弘毅元首相くらいでしょうか。GHQが陸軍を嫌っていたのは確かだと思います。

A.
 海軍は隠蔽工作に成功しましたから。
 いちおう書いておくと私は中学生の頃から海軍人の書いた戦記を読みふけっていた海軍ファンですが、海軍「信者」ではないので、
いちいち正当化するつもりはありません。
 いわゆるポツダム宣言に戦犯を裁くことが盛り込まれたことから、陸海軍は隠蔽工作に走り、関連文書を徹底的に焼却しました。
また口裏合わせを徹底して誰が何に関わったかわからないようにし、戦犯指定を逃れようとしたわけです。
 しかし天皇の訴追免除を決めていたアメリカは、戦争の責任を天皇では無く軍部に求める必要があり、田中隆吉を説得して内部告発をさせました。
この田中証言によって陸軍の内情や暗部が次々暴露され、多数の戦犯を出すに至りました。
 これが後の陸軍のイメージを決定的にしています。
 一方の海軍は情報秘匿に成功し、戦犯による刑死者を出さずに済んでいます。
海軍の隠蔽工作は陸軍より徹底していたこともあるのですが、このために海軍に関する内部事情はほとんど闇の中となりました。
 戦後に海軍第一委員会が作成した「現情勢下二於テ帝国海軍ノ執ルベ キ態度」が表に出てきたことや、
海軍反省会によって海軍が日米関係を悪化させる主因となっていたことが判明していますが、あまり一般には知られていないかもしれません。
 もうひとつ大きな要因として、海軍反省会で指摘された「陸軍は暴力犯、海軍は知能犯」というあれがあると思いますが。
 陸軍のやり方は粗暴かつ強引でとにかく悪目立ちするんですよ。
満州事変は言うに及ばず、軍部大臣現役武官制を堂々と使って内閣を潰したり、昭和天皇を詐術にかけて熱河作戦を強行したり、とにかく荒っぽい。
 一方の海軍は謀略で物事を動かすところがあって、表面的にはあまり強引なことをしない。裏で海軍権益拡大のために策謀を巡らし、
その結果として日米関係を破綻させたりしているんですが、矢面に立つこと無く、それどころかいつのまにか問題の焦点が陸軍になっていたりする。
こんなだから陸軍のイメージが悪くなるのも、ある意味では当然といえます。

>日本人がゲリラ化して泥沼戦に持ち込むのも悪くはなかったと思います。
 いや、それは最悪の手です。
 解囲のあてもなく籠城するのと一緒で、事態になんら展望が開けず状況が悪化するだけです。
 ベトナム戦争で北ベトナムが粘れたのは、あれはソ連や中国の支援があったからであって、そういう裏付け無しにゲリラ戦なんかやっても、
ただ無意味に死体が積み上がっていくだけです。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12160587797

531名無しさん@おーぷん:2018/04/11(水)05:08:26 ID:zXz
>>530
>ベトナム戦争で北ベトナムが粘れたのは、あれはソ連や中国の支援があったから
だから、外交は重要

532名無しさん@おーぷん:2018/04/11(水)17:15:28 ID:tge
無条件降伏・原爆投下に関する意見を貼っとく

-----

原爆投下する前に日本は和平交渉をアメリカの外交官としてて、
日本はアメリカに降伏する事を伝えてたのに原爆の実験をどうしてもしたかったのと、
戦争を終結させた手柄欲しさにアメリカが和平交渉を無視して落としたんだよ。

-----

戦争を終わらせる上では必要なかった。終戦を早める効果もなかった。
もう既に大勢は決していたし、降伏したのは原爆も関係なくはないが、ソ連の対日参戦が主要因で。
だが、米国にとってみれば(というよりトルーマンの考えとして)、ソ連の軍事力が非常に大きくなり、
戦後の構造が冷戦に突入することを予見していたがゆえに、
原爆を先に使用して見せて、ソ連に対する牽制を行っておく必要があった。
要するに戦後のことを見据えて使用した、ということでしかない。

-----

アメリカが調子こいて、「無条件以外の降伏は認めない」なんて公言しちゃったもんだから、無駄に戦争が長引いた。
そもそもアジア全域が植民地で、人種差別も公然と行われてた時代だし、
『無条件』で降伏して、植民地や奴隷にされない保証がない以上、降伏なんて出来るわけがない。
最終的に「軍の無条件降伏」って言葉遊びで戦争が終わったわけだしな。
戦争が始まった原因については、日本とアメリカ双方に落ち度があると思っているけど、
戦争が日米戦争が長期化したのは、完全にアメリカが悪い。

-----

無条件降伏なんてチンギスハーンの時代に逆戻りだものな。
野蛮なことこの上ない。
アメリカは暴力的な国で、こういう行き過ぎたことをした。

-----

インディアン虐殺してハワイ王国を滅ぼしたアメリカ、
タスマニア島のアボリジニーを絶滅させたイギリス、
彼らは勝利者だから裁かれない
正当性を決めるのは常に勝利者

533名無しさん@おーぷん:2018/04/12(木)16:36:06 ID:XLe
そもそもアメリカが日本敵視政策なんてやっていなければなぁ…

戦後
アメリカ「日本ボコボコにしたし、アジア進出だ!!」
マーシャル&ソ連&中国共産党「アジアを共産化しておいたぜ(ニッコリ)」
アメリカ「日本今すぐ再軍備しろ(焦り)」
日本「事実上改正できない憲法押し付けといて、よく言うわ…」

534名無しさん@おーぷん:2018/04/13(金)06:41:50 ID:4Q4
 公職追放は「日本人民を戦争に導いた軍国主義者の権力および影響力を永遠に排除する」という建前で
日本を占領下に置いたGHQにより行われたが、実際には追放の選別はGHQなどにより恣意的に行われ、
当初は『戦争犯罪人』『陸海軍人』『超国家主義者』『愛国者』『政治指導者』といった範囲で追放を行った、
そして「日本の軍国主義再建を阻止するため」という建前のため『経済界』『言論界』さらには地方にまで及び、
本来の意味で公職ではない民間企業・民間団体の追放まで行われた。

 公職追放の結果戦前・戦中は追放、あるいは日陰にいた左翼的思想を持つ人物、
特に『大学教授』や『社会活動家』などが入り込んでいき、彼らは敗戦利得者として大きな利益を手にしていたとされる。
一方官僚においては実際には公職追放は徹底されず戦前の仕組みをそのまま引きずるという状況となった。
 特に大学教授の場合は教え子達に左翼的自虐教育を行い、中央や地方自治体の官僚や法曹界(裁判官、検事、弁護士)、
教育の現場、メディアや出版社にまで送り込んでいったといわれ、折からの大学増設ブームや教育制度改革により、
弟子達を地方大学や学校に送り込んだと主張されている
(実際には大学教授の場合公職追放が解除された時点で復帰した人物も複数存在しているのだが)。
 更にその弟子達は、今度は自分の教え子に左翼自虐教育を行い、自虐史観左翼日本人の拡大再生産を続け、
その影響を受けた人物が新たに自らの受けた教育を施すといったことが行われている。

 ただしその後の世界状況の変化(例えば中華人民共和国の成立や朝鮮戦争など)により、
アメリカ本国の指示により昭和22年以降今度は左翼側を追放する、いわゆる逆コースということが行われたものの、
もはや手遅れであった。

 また、農地改革(農地解放)により地主と小作を大幅に減少させた(これにより共産党の勢力をそぐことが出来た)まではよかったものの、
遊休地を農地として利用していた土地まで没収したり、戦前では嫌われていた農業の小規模化が進み、
結果的には競争力の低下が発生した。また、山林に関しては開放されなかった点も問題がある。
 ただし、農地解放は戦前の日本政府が地主層による農村疲弊(特に農村出身の軍人が増えていた事も背景にある)を
救済しようとした政策が原因であったが、戦時中だったことや地主層の反発により沙汰止みになっていたのを
敗戦を機に復活させたものであるため、GHQや左翼の陰謀であるという見解は過ちである可能性を孕む。

 この他、GHQが日本を統治するために必要な資源等の徴発、言論規制などの各種規制を行った。

https://dic.pixiv.net/a/%E6%95%97%E6%88%A6%E5%88%A9%E5%BE%97%E8%80%85より

535名無しさん@おーぷん:2018/04/13(金)18:23:36 ID:FFJ
>>534
政治家が追放されたのは全政党が大政翼賛会に合流したせいなんだよな
だから、大半の政治家は大政翼賛会に関与したと見做されて公職追放された

536名無しさん@おーぷん:2018/04/14(土)01:03:08 ID:4PT
>>533
大恐慌のトバッチリかねえ?
日露戦争の後始末がどうも後を引いているような気がする

537名無しさん@おーぷん:2018/04/16(月)00:37:57 ID:ReN
失敗の本質にも書いてあるけど旧日本軍の問題点は

環境変化への過敏反応
官僚組織原理主義と属人主義
学習棄却(反省分析をしないノウハウの積み木崩し)
自己革新能力と合理性の圧倒的な欠如

現代の日本にもガッツリ通じてると思うわ…

538名無しさん@おーぷん:2018/04/18(水)06:29:09 ID:XdT
憲法学者が日本国憲法草案の起草者にインタビューした時の発言を貼っとく
「原案は暫定的なものであった」
「日本国憲法は当然もう日本国民の手で作り変えられているものだ」

539名無しさん@おーぷん:2018/04/20(金)02:39:09 ID:7IO
>>538
ドイツ基本法の間違いだよな?

名前: mail:

【2:6】この写真の詳細知ってる人いる?
1名無しさん@おーぷん:2017/09/13(水)08:44:37 ID:JFl




2010年~2013年くらいにテレビで写真修復依頼してたじいちゃんが持ち主だった気がするんだけどどうしても詳細が思い出せない
助けてください
すごいもやもやする



2名無しさん@おーぷん:2017/09/13(水)08:45:43 ID:JFl
絶対テレビで見たんだよ
そのあと検索かけて名前見たんだよ
忘れたんだよ
誰か頼みます

3名無しさん@おーぷん:2017/09/13(水)08:46:41 ID:JFl
ていうかここ人いる?

4名無しさん@おーぷん:2017/09/16(土)06:32:51 ID:CV8
軍事板で聞いた方が良いと思う。
飛行機の機種から大体の年代まで割り出してくれるよ。

ここは荒らしのせいでもうボロボロ。

5名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)06:24:12 ID:06N
>>4
大分遅レスになってしまったがありがとう!

6名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)11:07:09 ID:UQF
97戦じゃん

名前: mail:

【3:3】明治天皇の子孫について
1名無しさん@おーぷん:2017/01/08(日)23:13:35 ID:l7q
明治天皇以降藤原氏と血縁のない方で
庶民でも実際に会うことが出来る方をどなたか教えていただけませんか?

板違いでしたらすみません



2名無しさん@おーぷん:2017/01/09(月)01:49:26 ID:852
この人だろう。




3名無しさん@おーぷん:2017/01/09(月)12:14:05 ID:5TV
>>2
回答ありがとうございます
その人以外に居ませんでしょうか

名前: mail:

【4:1】【Me】Bf109 vs 零式艦上戦闘機【ゼロ戦】
1名無しさん@おーぷん:2016/01/08(金)23:01:19 ID:CG8
【Me】Bf109 vs 零式艦上戦闘機【ゼロ戦】 [転載禁止](c)2ch.net
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/army/1434091728/
海外「日本デカ過ぎだろ」 大戦中の世界の領土の変遷が分かる地図動画
http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-1451.html

バグラチオン作戦と大陸打通作戦、ベルリンに翻る赤旗と南京に翻る日章旗w
対日戦争がおまけなら、日中戦争はおまけのそのまたおまけww
ちなみに朝鮮戦争で米軍は、おまけのおまけな中国に大苦戦www

 兵士の多くが一八歳の少年だったことから「ダイアパー」(おむつ)師団とのあだ名をちょうだいした
第七十五歩兵師団は、一九四四年の秋、ケンタッキー州ブレッケンリッジ・キャンプで戦闘訓練を
終えようとしていた。元一兵士のハーヴィー・カッツは回想する。
「ある日、われわれは列車に乗せられた。そして、全員じっと座ったまま、列車は西へ行くのだろう
か東へ行くのだろうかと考えていた。東へ向かっているのがはっきりしたとき、誰もが歓声を上げた。
行く先はヨーロッパだとわかったからだ」
<日本殲滅 日本本土侵攻作戦の全貌 トーマス・アレン ノーマン・ポーマー 181頁>

MILITARY      HOSTILE               NON-HOSTILE
ACTION       DEATHS      WOUNDED    DEATHS              
World War II
(1941-45)
Total          293,121        670,846       115,185
European Theater  185,179        498,948       66,805
Pacific Theater    107,903        171,898       48,380
Korean War
(1950-53)        33,741       103,284         2,827
Vietnam War
(1961-73)       47,415        153,303        10,789
Iraq War
(2003-09)       3,444        31,342         857

http://www.vfw.org/PR/Media%20Room/AmericasWarDead1775_2009.pdf

負傷者と死者の比率を比べてみれば、兵士にとって過酷な戦場はどこなのかは自明であろう。

(第二次世界大戦中、アメリカ軍は日本侵略をした場合に生じるであろう死傷者数を推定して約50万もの
パープルハート章を製造した。このパープルハート章は戦後65年たっても尽きることなく2003年当時で残っている
パープルハート章の総数は12万ほどだった)
http://blog.livedoor.jp/drazuli/archives/6347441.html

In April 1945, the Joint Chiefs of Staff formally adopted a planning paper giving a range of possible
casualties based on experience in both Europe and the Pacific. Given a troop list of 766,700 men
and a 90-day campaign, the US Sixth Army could be expected to suffer between 514,072 casualties
(including 134,556 dead and missing) under the "Pacific Experience" (1.95 dead & missing and 7.45 total
casualties/1,000 men/day) and 149,046 casualties (including 28,981 dead and missing) under the
"European Experience" (0.42 dead & missing and 2.16 total casualties/1,000 men/day).
https://en.wikipedia.org/wiki/Operation_Downfall



名前: mail:

【5:29】おんラジ 企画共通保管庫
1名無しさん@おーぷん:2015/06/01(月)01:06:34 ID:TVe
「こんな企画どう?」というのを提案するスレ
DJが採用するかもしれません



20名無しさん@おーぷん:2015/07/18(土)23:42:40 ID:G8J
安価で冒険的企画

21名無しさん@おーぷん:2015/07/18(土)23:49:25 ID:G8J
おんラジ大すごろく大会(何度かに分け予選を開催、本戦勝利者が優勝)
→数はクイズで出題し回答までに要した秒数下1。なお7以降は7=1 8=2 9=3 とする

22名無しさん@おーぷん:2015/07/19(日)03:29:01 ID:eF2
おんラジ格言

テーマを決め、おんラジ民オリジナルの格言を考える

23名無しさん@おーぷん:2015/07/19(日)03:35:32 ID:COD
>>22
採用したいのにワイの時間帯は空きがないンゴゴゴゴ

24名無しさん@おーぷん:2015/07/28(火)16:39:15 ID:z0c
今年から〇0年前(70年前=1945 60年前=1955など)の出来事はこちら→これらの中から今日は○○にスポットを当てるやで~

25名無しさん@おーぷん:2015/07/28(火)17:39:23 ID:a6F
ワイ風ですね

26名無しさん@おーぷん:2015/07/28(火)18:35:36 ID:z0c
30年前は遠慮しておいて、どうぞ

27名無しさん@おーぷん:2015/07/31(金)23:06:03 ID:YtG
贔屓球団の近況を漢字5文字で

28名無しさん@おーぷん:2015/12/27(日)00:41:30 ID:7B0
レスなさすぎて草

29名無しさん@おーぷん:2015/12/27(日)00:41:58 ID:I5y
懐かしいスレやな

名前: mail:

【6:2】戦前産まれを恐れるダメリカ人
1銀河系の生物全体に必要な大爆発:2015/08/04(火)23:19:56 ID:llw
未だ、戦争が始まらないのは
単に戦前産まれの人間が、まだ数多くいるからである
無知こそが最大の危機を招き入れるというのに、日本人は暢気なモノである
まあ、そういうの嫌いじゃないが・・・
ダメリカが次の戦争に向かって、戦前産まれからツッコミが入りそうな
嘘八百を予想するスレ

別に八百でもスシでも構わないぞ






2あ、またかきこめねぇ:2015/10/31(土)13:04:03 ID:ehY
ユダヤがそういったの?

名前: mail:

【7:1】近代日本の経済成長
1名無しさん@おーぷん:2015/02/25(水)18:28:46 ID:kwR
近代日本の経済成長の歴史を語る

1885(明治18)年12月の伊藤内閣成立以降、
1886(明治19)年から毎年(1945~46年を除く)、
一年毎の経済成長率が出てる
ttp://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4430.html
ttp://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4400.html



名前: mail:

【8:8】● もしも日本が米英に負けていたら ●
1名無しさん@おーぷん:2014/08/14(木)13:40:18 ID:G9XY5cYLN
もしも、あの大東亜戦争において、金甌無欠の我が大日本帝国が
万が一にも、鬼畜米英に負けるような事になっていたら……。

今頃、大日本帝國はどうなっていたんだふか……を考えてみるスレです。



2名無しさん@おーぷん:2014/08/15(金)20:24:45 ID:SbneZdBP2
英米は勝利の宣言と引き換えに、領土拡張の野心が無いことを誓い、日本人を奴隷化しないことを表面し、民族の国家の存続を約束せざるを得ないであろう。

敗北の甘受と海外領土の喪失と引き換えに、天壌無窮の陛下の御民の国家は続き、帝国と伴に欧米の植民地支配を打破した大東亜の諸民族は、それぞれが国家を持つ国民として独立を維持するだろう。

5名無しさん@おーぷん:2014/09/18(木)18:48:23 ID:MdjQGllZd

【つづき】

この「日本の知恵」が、邪魔で邪魔で仕方がなかった勢力がある。
ズバリ、ベクトル社を筆頭とする「アメリカのゼネコン企業」である。

何しろ、指名競争入札と談合のシステムを継続される限り、アメリカのゼネコンが日本の公共事業の市場に参入することは難しいからだ。
1989年の日米構造協議以降、我が国のマスコミにおいて「ゼネコン叩き」「公共事業叩き」「土建叩き」「談合叩き」が大々的に展開された。さらに、アメリカは日本に対する「年次改革要望書」において、我が国の入札システムの「改革」を求めるようになっていく。

テレビに出演する評論家、学者、コメンテーターたちは、

「公共事業など、土建屋を儲けさせるだけだ」
「公共事業など、経済効果がないバラマキだ」
「談合は政治家の汚職につながる」

などなど、根拠がなく、論理的でもない主張を撒き散らし、次第に我が国において「公共事業否定」「談合否定」の世論が形成されていく。
何が「論理的ではない」のかと言えば、公共事業がらみで汚職や不祥事が起こると「公共事業は汚職の温床だ。公共事業などやめてしまえ」と言う声が「マスコミから一斉に」上がってくることだ。

学校の教師が犯罪に手を染めても「学校は犯罪の温床だ。廃止しろ」とは言われない。
警察の不祥事が発覚しても「警察は犯罪の温床だ。廃止しろ」とは言われない。

ところが、公共事業だけが「公共事業を止めろ」と言われる。
問題は「汚職」や「不祥事」であって「公共事業の必要性」とは、関係ないはずなのに。

そして、指名競争入札や談合をもっとも否定したかったのが「日本の公共事業への市場参入」を狙うアメリカである。
こうして、土建企業が次々に倒産、その数、13万社、労働者数は、180万人も減少した。

今や、日本の土建産業は東北被災地の復興事業もままならない。

【参考文献】「原発ゼロ」の真実・三橋貴明著

名前: mail:

【9:12】福沢諭吉について語ろう
※ID非表示スレ
1名無しさん:2014/04/04(金)22:35:11 ID:???
福沢諭吉について語ろう



2名無しさん:2014/04/05(土)19:20:34 ID:???
脱亜論は正しかった

3名無しさん:2014/04/09(水)11:54:37 ID:???
朝鮮人の本質を見抜いて離れるように
見抜いた。

4名無しさん:2014/04/10(木)12:05:06 ID:???
福沢先生は偉人

5名無しさん:2014/04/16(水)00:09:24 ID:???
偉大な人物

6名無しさん@おーぷん:2014/06/19(木)10:27:29 ID:???

【国の借金1008兆円、国民一人あたり792万円】【 ⇒ のウソ】

日本国は1008兆円もの借金を抱えており、国民一人あたり792万円になると言われている。
しかしこれは間違いである。そもそも国の借金とは、なんのことか?

国の借金とは、国債のことだ。政府は国債を発行する。
国債とは『国はこれだけの金を借りました』という借用証書だ。

これを買ってもらうことで現金を得、これで財政赤字を補う。
この国債を誰が買うのか? 日銀・銀行・保険会社などだ。

そして銀行や保険会社の金は私たちの銀行預金や保険料だ。
つまり、国が銀行から金を借り、銀行は私たち預金者から金を借りている。

つまり、私たち国民は国に対して792万円『貸している』のである。

7名無しさん@おーぷん:2014/06/19(木)10:42:34 ID:???

【つづき】

そもそも「国の借用証書」である国債と日銀(日本銀行)が発行する「日本円」との間には、さしたる違いはない。
日本国債の発行残高は、たしかに日本政府のバランスシート(貸借対照表)の貸方に負債として計上されている。

とはいえ私たちが毎日使っている日本円(現金)についても、実は日本銀行のバランスシートの貸方に「負債」として計上されているのである(資産ではない)。
実は、日本円の現金は、日本銀行が発行した「借用証書」なのだ。

その証拠に、日本円の現金紙幣には「日本銀行券」という文字が記載されているはずだ(書かれていなければ偽札である)。
もし、政府の負債(国の借金)残高「だけが」問題だというのであれば、日銀に買い取らせてしまえば話は済んでしまう。

繰り返しになるが、日本円と国債とは、ほとんど同じ「借用証書」なのである。
さらに、日本政府は、日銀に国債の金利を支払っている。

しかし、年末に「国庫納付金」という形で戻ってきている。
なぜなら日銀は、株式の55%を日本政府が保有している日本政府の子会社だからだ。

この「金利の支払い」と「国庫納付金としての払い戻し」というオペレーション、無意味だと思うが、日本政府と日銀は、これを毎年律儀に繰り返している。

8名無しさん@おーぷん:2014/06/19(木)10:56:12 ID:???

【つづき】

問題があるとすれば、国債発行と通貨発行をやり過ぎると、インフレになることだが、過去15年間、日本は逆にデフレに苦しんできたのである。
安部政権発足以来、景気が持ち直してきたようだが、あくまで「持ち直してきた」のであって、デフレは、回復していない。

まだまだ、景気回復のために、国債発行と通貨発行が必要だ。
そして、日本にとって最大の問題は、国民一人ひとりが、そのことを知らないことだ。

いや、政治家やマスコミの中にさえ知らない者は多い。
この政治家やマスコミを含めた「国民一人ひとりの無知」が実は、根本的な問題である。

なぜなら、デフレ真っ盛りに、インフレ対策を唱える政治家に投票してしまう。
結局、デフレ不況に苦しむのは、私たち国民自身なのだ。

よく、ネットの書き込みで「国民が政治に無関心だ」という意見が書き込まれる。
たしかに、国民の政治への無関心が、日本の根本的な問題であるが、「政治には関心があるけど、経済には関心がない」のも大きな問題だ。

なぜなら、国家の問題も国民の生活も根本的には「経済力」を土台にしている。

【参照】税金のカラクリ・三橋貴明著

11サボテンFK◆SABO.../FKpz:2015/10/19(月)16:56:07 ID:tw@SaboFk 
脱亜論しらねーや
てか明六社と慶應義塾作った人ってしか知らん
いっぺん脱亜論読んでみるべき?

12名無しさん@おーぷん:2017/07/28(金)18:16:16 ID:???
>>11
ネットに転がってるから嫁

名前: mail:

【10:10】白人は人間ではない
※ID非表示スレ
1名無しさん:2013/02/02(土)15:57:11 ID:???
http://youtu.be/7n9BFo_Nmj4&list=PL0EA2E1658D871014



5名無しさん:2014/03/08(土)21:09:38 ID:???
あいつら自分たちが一番体弱いくせに偉そうだよな

6名無しさん:2014/04/15(火)02:32:12 ID:???
子供できるんだし、ねえよ。とマジレすw

まあ、脳みそ内のOSも違うんだからしょうがない。

7名無しさん@おーぷん:2014/06/05(木)08:13:37 ID:???
TPPは、白人による日本侵略計画だ。

8名無しさん@おーぷん:2014/07/24(木)13:59:54 ID:???

【大英帝国と海外投資】

19世紀前半、イギリスは「世界の工場」として世界に君臨していた。
しかし、20世紀初頭には、アメリカ・ドイツなどに追い上げられ、明らかに劣性に追い込まれていた。

この間、イギリスに何が起こったのか?
それは「海外投資の激増」だ。

イギリスは「世界で最初に」産業革命を達成した。
その産業革命は、資本家に多額の現金をもたらした。

その金をイギリスの工場や鉄道などに再投資すれば、イギリスの繁栄は続いたろう。
しかし、彼らにとっては「本国の発展」より「高配当」の方が大事だった。

いや、この言い方は彼らに酷か、20世紀初頭の「大恐慌」までは「海外投資の制限」という発想はなかった。
いずれにせよ、彼らは、高配当を約束する国に投資していった。

そのため、イギリスの工場は、設備投資されず、古い機械のままで放置された。
これがイギリスの衰退の原因である。

では、海外投資された資金はどこに行ったのか?
いろいろだが、最も重要なのは植民地インドの鉄道株だった。

インド鉄道株は、平均より高い利子が「植民地政府により」保証されていた。
つまり、インド鉄道会社の経営がどんなに赤字でも、利子は「植民地政府の責任で」支払われ続けた。

実際、赤字は巨額に上った。
最初から高い利子を設定しているのだから当たり前だが

利子は、最初は5%、後に3・5%になった。
この「利子補填」は、植民地政府の支出の25%に達した。

もちろん、元は、インド人が払う税金だ。
インドの反英運動が鉄道建設と同時に始まったのは偶然ではない。

ちなみに、この「海外投資して高配当を得、経営破綻しそうになったら現地政府に救済させる」という手法は、現在のニューヨーク・ウオール街・投資家の常套手段である。

9名無しさん@おーぷん:2015/01/31(土)18:13:21 ID:???
日本人の日本人による日本人のための政治を望む。

10名無しさん@おーぷん:2015/06/08(月)11:32:37 ID:???
ネトウヨはあいかわらずレイシストだね。

名前: mail:


新規スレッド作成
タイトル:
名前: mail:

スレッドをもっと見る(11~)
おーぷん2ちゃんねるの投稿は著作権を放棄しパブリックドメインとして公開しています。
まとめブログやウェブサイト上で自由に転載・創作を行えます。

おーぷん2ちゃんねるに関してのお問い合わせは こちらまで
2018 satoru.net