open2ch.net
携帯で見る

日本史@おーぷん2ちゃんねる

ローカルルールの議論・経過についてはwiki
おーぷん初心者はよくある質問と回答を見てね
板一覧 | ヘッドライン | ランキング | 履歴

設定
レス順 | 作成順   
1: 幕末の有名人のご先祖様は何してた人? (9) 2: 信長だいすゅき (77) 3: 日本神話にシモネタが多いのはなぜなのか (3) 4: 後北条氏時代の江戸 (22) 5: 南進論選んだ大日本帝国www (286) 6: 客観的に憲法今まで改正なしって凄くね (20) 7: 梶原景時がいなかったら鎌倉幕府安泰説 (4) 8: 明治天皇の子孫について (6) 9: 【急募】関ヶ原〜大阪冬の陣夏の陣に詳しい人 (4) 10:北条が秀吉に臣従してたら (60) 11:太平洋戦争までを簡単に (4) 12:日本史テスト単語まとめ (26) 13:北条時行「どうすりゃいいんだ」 (1) 14:阿衡の紛議ってさ (3) 15:歴史学科に入学が決まった無知な俺におすすめの歴史本教えてくれ (17) 16:藤原氏で最も優秀だったのは誰か (5) 17:ゆるーく日本史を語るスレ (3) 18:【皇国史観】日本の起源を語ろう【戦後史学】 (15) 19:おっさんのやり直し日本史を生暖かく見守るスレ (301) 20:【高校日本史】 因果関係を明確にした学習整理 (3) 21:戦国時代初期が好きな奴おるんか? (9) 22:この人何した人ですか? (2) 23:おまいらとっておきの日本史の知識教えてくれ (91) 24:★__ 【幕末】日本史上最悪の大罪【長州】 __ (12) 25:歴代将軍で一番優秀だった人 (7) 26:織豊政権の兵農分離は本当に優れものだったか? (7) 27:_  【錦の陣羽織】会津藩vs長州藩【錦の御旗】  _ (17) 28:福岡の歴史好きに質問なんだが (20) 29:【平城京】奈良時代について語るスレ【天平文化】 (2) 30:俺の先祖が結構有名な武士だった (12) 31:【讃岐・阿波】四国の歴史スッドレ【伊予・土佐】 (21) 32:日本史の名言、名シーン、名台詞をあげるスレ (22) 33:狗奴国に自信ニキ (14) 34:江戸時代の里子と家の関係 (2) 35:クレクレ厨のモアモアプリーズについて (6) 36:朝鮮併合は必要だったか否か? (36) 37:復興!周王室(天子)!倭人は呉の末裔か!?vol.6 (14) 38:足利義教公 (16) 39:戦国時代にキリスト教の代わりにイスラム教が伝来していたら (24) 40:戦国時代の大阪の武将を語るスレ (14) 41:日本史雑談スレ (376) 42:お前らが伊達政宗について色々俺に教えるスレ (19) 43:日本は世界で最も成功した社会主義国って本当? (28) 44:残っていたらいいなと考える史料 (9) 45:なぜ日本は滅びなかったのか (23) 46:岩倉具視卿の生涯を振り返るスレ (15) 47:古代史に登場する神社仏閣や地名の今 (16) 48:「高天原実在説」をとる人がその所在地を推測するスレ (27) 49:任那日本府についてのんびり語ろう (17) 50:【婆娑羅】佐々木道誉part1【大名】 (2) 51:日本の「海賊・湖賊・水軍」などに関して大雑把に語ろう (11) 52:後白河法皇を追憶するスレッド (10) 53:官位について語るスレ (40) 54:院政についてのんびり語ろう (6) 55:宗氏(対馬島主)および対馬の歴史 (34) 56:喜連川藩(徳川家の臣下だったのかどうか判然としない) (14) 57:神武天皇と日向三代【神武東征】 (50) 58:雄略天皇【武】  (13) 59:継体天皇について執拗に語ろう (16) 60:古代の豪族 (18) 61:幕末を除く江戸時代の「朝幕関係」について語ろう (1) 62:纒向遺跡(纏向遺跡・巻向遺跡)について語ろう (10) 63:◆この板の自治雑談質問相談投票スレ立て依頼総合★1 (6) 64:【幕藩体制】江戸幕府その1【徳川氏】 (222) 65:【花の御所】室町幕府スレ1【足利氏】 (8) 66:平安時代について語ろう (10) 67:日本史上の人物の趣味・特技を語るスレ (39) 68:【源氏】鎌倉幕府part1【北条氏】 (11) 69:判官びいきされている日本史上の人物 (9) 70:交野市の歴史について語ろうぜ! (25) 71:【賤】穢多・非人・番太・山窩について語ろう【民】 (15) 72:山本五十六の評価 (24) 73:【神話】出雲と大和【歴史】 (21) 74:CHAGEandASKAについて語るスレ (14)  
スレッド一覧   過去ログ   ごみ箱(仮)

【1:9】幕末の有名人の ご先祖様は何してた人?
1名無しさん@おーぷん:2018/08/31(金)18:16:01 ID:uMX
 直系血族って結構続かないって話だけど実際どうなんだろう? 

 そんな暇つぶしから始まった本スレです



2名無しさん@おーぷん:2018/08/31(金)18:21:01 ID:uMX
直系血族の定義ですが 養子で入った場合は養子先になります。 

幕末は階級が 低い人がいて 歴史をたどることができないと思いますので手堅く 藩主から進めます。

3名無しさん@おーぷん:2018/08/31(金)18:21:44 ID:uMX
【1】薩摩藩 
 
 島津家 

 江戸幕府を倒す原動力となった藩。 
 鎌倉時代からずっと続く武門の家。 
 この家が鹿児島県との歴史とも言うべきでしょうか。 

 結果→ 血脈絶えず 島津義弘。

4名無しさん@おーぷん:2018/08/31(金)18:24:00 ID:uMX
【2】長州藩  

 毛利家 

 薩摩藩島津家と同じく幕末で活躍した藩。現在の山口県を治めている。 

 結果→ 血脈たえず毛利元就までいきつく。   

5名無しさん@おーぷん:2018/08/31(金)18:26:13 ID:uMX
【3】肥前藩 

 鍋島家 


 明治維新で優遇された薩長土肥のうちの一翼。 
 現在の佐賀県を治めていた。  
 
 結果→血脈絶えず 鍋島直茂までたどり着く。

6名無しさん@おーぷん:2018/08/31(金)18:28:27 ID:uMX
【4】 土佐藩 

 山内家 

 関ヶ原の合戦で 現在の 高知県に入封した山内一豊の藩 

 結果→ 初代藩主山内一豊の弟の一族。 

7名無しさん@おーぷん:2018/09/01(土)04:16:22 ID:7Vx
【5】芸州藩 

 浅野家  
 
 長州藩に隣接する大藩。 現在の 広島県おさめる。 
 関ヶ原の戦いで対抗のあった福島正則が 統治していたが 武家諸法度に引っかかって その後を紀伊藩から転封となり統治。 

 結果→ 血脈たえず浅野長政までたどりつく。

8名無しさん@おーぷん:2018/09/01(土)04:20:21 ID:7Vx
【6】福山藩 

 条約改正で奮迅した 老中 阿部正弘の一族。 

結果→ 最後の藩主は 隣接する浅野長政。 
    先の藩主に 子供がいなかったので 明治政府との掛け合いとなった。 
 先の藩主までは 戦国時代にまで遡り 関ヶ原の戦いまでは 五千石を領する阿部正勝の 家系である。 
 残念ながら信長の野望には出てきません。

9名無しさん@おーぷん:2018/09/04(火)19:01:58 ID:N0h
【7】 彦根藩  
   

 徳川四天王 の一人 井伊直政がおさめた藩。 
 幕末に直弼が安政の大獄に よって反感を買う 桜田門外の変で死亡。 
 その後彦根藩は勤王の藩となり 幕末を乗り切る。 

 結果→ 井伊直政まで遡る

名前: mail:

【2:77】信長だいすゅき
1名無しさん@おーぷん:2018/07/13(金)23:29:48 ID:G2X




68名無しさん@おーぷん:2018/09/07(金)20:59:58 ID:LGb
そもそも国とは王を戴く地域なんだよな
で、皇帝が認めた印を持つのが王の筈だけど、国内の場合王って血縁があるという意味になってるよね
これが承認不要という拡大解釈なのか、資格を限った限定解釈なのか判然としない

呉越同舟の難民が押し寄せたというならともかく
最初は一家で開拓したのが成功して分家したというなら皆血縁でもおかしくないわけだよな
つまり反乱と言っても毎度おなじみのお家騒動でしかないことになる

69名無しさん@おーぷん:2018/09/09(日)07:25:12 ID:PVH
纏向宮殿の政庁が邪馬臺國だとする。
そうして、応神天皇(在府任那)の即位直前に〝國譲り〝させられるような事変があった、とする。

そこで、遡って、第十代、崇神天皇の御諱(いみな)を考察申し上げると、
御間城入彦五十瓊殖天皇
所知初國御眞木天皇
美萬貴天皇
…etc.とある。
〝五十〝とは「五十鈴川」、「五十嵐」、「五十狭茅」等々と申すような使われ方をする接頭語だ。バビロニア神話の最高神、エンリルの数字は〝50〝であった。風神だ。
御間城入彦五十瓊殖天皇の「瓊」は赤い玉と言う謂い。
「五十瓊殖」だ。「瓊」は(赤い)玉であるから、「玉」=皇統,王統の謂い。
「五十」は風神、エンリル、神々の主座を現す数字。「殖」はカバネ偏、「歹」(がつ)に「直」(なほ)だ。
そもそも、部首の「歹」(がつ)の本来の字義は肉を削ぎ落として残った骨、との謂い。骨は「カバネ」=「姓」に通ずる。造(つくり)の「直」(なほ)は直系、嫡統を現す。
すなわち、「五十瓊殖」とは風神エンリルの如き主座北極星にまします王統の中の王統の嫡嫡の皇子、(みこ)と言う謂いである。

纏向宮殿の王家は当時の天下人であったであろうが、恰(あたか)も、鎌倉末期の北条得宗家vs下野足利氏、江戸幕末の徳川将軍家vs京の朝廷の如き、現状権力vs潜在的権威の対立構図が崇神朝(任那駐在官僚組織)と纏向政権(邪馬臺國滅亡前夜)の間にはあったと思われる。

70名無しさん@おーぷん:2018/09/09(日)07:42:40 ID:PVH
卑弥呼崩御直後に任那に赴任した倭の豪族たちは、武力、財力で倭國内の上位ベスト10に列するオールスター軍団だったのだろう。
そうでなけりゃ、舊の〝狗邪韓國〝や任那を維持、防衛するのは難しかろう。倭の豪族オールスター軍団を派遣して、初めて可能だった。
その矛先が纏向宮殿に向けられた、と推理する。
神輿として担がれた胎中の皇子(みこ)は、家系的に纏向宮殿の当時の天下人よりも、倭國内に於ける血統的権威が遥かに優れて高貴な扶桑蓬莱境きっての名門であられたのだろう。

71名無しさん@おーぷん:2018/09/09(日)18:35:13 ID:KXy
御間城入彦

つまりミマ(那=郡)の城だよね

72名無しさん@おーぷん:2018/09/11(火)19:46:07 ID:Bf5
第十一代、垂仁天皇の御諱について。
活目入彦五十狭茅尊(いくめいりひこいさち)であられる。
おそらく、普通は「活目」とは古語の「射組む」(一対一で弓矢を以て射合う、すなわち、撃ち合う、弓矢を交える)と解釈するだろう。
だが、それでは、わざわざ、「活」「目」と言う文字を当てた意味を説明出来ない。
むしろ、本質は当て字の「活目」の方にある。
「活目」と言う連続文字列は既存の熟語ではない。臨機応変、叙述を目的に動員された連続文字列だ。そうして、この連続文字列、「『活』&『目』」は囲碁で使われる「活きる」、「眼形」「二眼」等々の用語に由来するのである。
囲碁のルールと発想を理解せずにこの御諱の意(こころ)を読み取る事は出来ない。
すなわち、囲碁に於いて「活きる」とは、眼形を二つ以上有する、と言う事だ。

以下、次レスに続く

73名無しさん@おーぷん:2018/09/11(火)20:31:35 ID:Bf5
活目入彦とは、「生き(活き)」が確定している地所の内の一方に侵入する男(おのこ)、と言う謂いだ。
しかし、囲碁に於いて活きの確定されているエリア(地所)に打たれた石は即、死を意味する。
故に、「活目入彦」とは、「敢えて、死地に身を投じた男(おのこ)」と言う謂いなのである。
「五十狭茅」の「五十」の意味は既出であるので省略する。バビロニア神話の数字だ。
問題は「狭茅」だ。「茅」とは、イネ科の一年草、「茅(かや)」だ。
「かや」とは?
私の推理では、「かや」とは、「狗邪韓国」の「くや」の発音から来ている当て字であると思う。
「quya」「kaya」は近い発音だ。
漢字、「狭」は動詞的に「狭まる」と言う用例が可能だが、「狭まる」とは、「広がる」の対語だ。
扇の先端は弧を形成し、「広がり」であるが手元、付け根は「要」であり、弧を描く先端から要に向かえば、「広がる」とは申さず、「狭ばまる」と表現するだろう。
「狭」とは、扇形の円周、ラディアンを「要(かなめ)」、すなわち、円の中心に向かう位相に於ける形容であり、最狭の地点とは、扇の要(かなめ)、円周、ラディアンの中心、すなわち、「狗邪(くや)」=「かや」の扇の要(かなめ)の地、と言う謂いなのである。
すなわち、活目入彦五十狭茅尊とは、
「敢えて、死地に入り、活路を見出されたまひたる狗邪、加羅の要の地所、任那城におはします天界の神々の主座、北極星の如き、嫡統の皇子、と言う謂いであろう。

74名無しさん@おーぷん:2018/09/13(木)20:18:17 ID:wMV
>>72
入彦というのはなんとなくマスオさんじゃないかと思うんだよな
磯野家に婿養子に行ったわけじゃないからタラちゃんはフグ田タラオで本家を継げる的な立場みたいな?

古事記では伊久米と書く
伊予の久米なら道後温泉の近くだな
久米部は来目部だからそんなにおかしいとも思えないけど、生き馬の目を抜くということわざを連想するね
なにか素早かったのかも?
目はアイヌ語でシキというらしいが斯鬼宮などとの関係とかはあるんだろうか?

お兄さんは豊城入彦命だけどこれはなんだろ?
行ったのは赤城山のようなのに

八坂入彦命は泳宮の話に出てきて、岐阜の久々利大萱に古墳があるが祀られてる近くの神社は八剱八幡神社なんだよな
ということは祇園じゃなく諏訪の八坂刀売神の方との関係か?

75名無しさん@おーぷん:2018/09/17(月)12:53:15 ID:lRn
>>74

>入彦というのはなんとなくマスオさんじゃないかと思うんだよな

そうなのか。
その発想は思いつかんかった。
充分、あり得るな。

閑話休題。
大阪平野の成り立ちを考えてみた。
大和川が今の大和川(東西)になったのは江戸時代だ。
太古の大和川は摂津河内の境界に平行して南北に流れていたとか。
その合流先は古・淀川だ。
この古・淀川の運び来りたる川砂の量は半端じゃない。
今日、大阪市と呼ばれている沖積平野の基底は古・淀川によって運ばれた泥土であろう。
一方、太古の奈良盆地は広い淡水湖、数多の沼沢に占められていた。
奈良盆地に流れ込み、やがて、保水キャパを越え、溢れ出た元の雨水は標高のより低きに流れ、河川となり、一部は伏流水となる。
海抜の低きに向かう河川と伏流水は地表の何処かで交差する。
生駒山系の南北二つの麓にその交差点があったのだろう。
〝河内の國〝の地名の由来だ。
南北に流れる大和川と生駒山系に挟まれたエリア、すなわち、河(かわ)の内だ。
大和川の合流先、古・淀川水系の川底に累積し続ける泥土は河川氾濫に直結する危険因子だ。
洪水を防ぐ為に耐用年数が過ぎ、〝浅瀬〝と化した河川の横に新規に運河を穿ち、水系を二等分する事業も行われたであろう。
その運河造成の掘削によって生じた土塊の使い道だ。
大規模前方後円墳造営事業の背景である。
古・淀川に大和盆地の沼沢干拓事業の抜き水が大和川経由で流れ込んでいた時期こそ、淀川水系の〝浅瀬化〝が最も急激に進行した河川氾濫のピークでもあった。
それ故に空前の規模の前方後円墳を可能とする余剰土塊(氾濫防止の平行運河掘削)が手に入ったし、沿岸では干潟の埋め立ても行われたであろう。
大和朝廷とは、物凄く高度な土木建設の技術を有し、且つ、充分にそのアドバンテージを自覚していた政権だった。

76名無しさん@おーぷん:2018/09/17(月)17:10:39 ID:lRn
邪馬臺國中央政庁(の可能性のある)纏向は太古、湖だったそうだ。
湖上の島に御所があった水上宮殿の可能性がある。
何故、邪馬臺國時代、沼沢地だった奈良盆地を干拓しようとしたのか?
それは建設、開拓と言う動機とは程遠い、むしろ、破壊を目的としたモニュメントの意味があったのではないか?
纏向の水上宮殿のあった大和淡水湖周辺の自然景観、その美は絶世であって、当時、周(あまね)く、霊木扶桑生(な)る敷島の瑞穂の國の隅々に迄、知れわたっていたのであろう。
邪馬臺國の社禝を絶つ為には、盆地沼沢の景観が美であれば美であるほど、それを無味乾燥な経済的利便性=干拓、水田化に置換する開拓事業と言う殺伐な環境破壊が見せしめとして必要だったのかも知れん。

77名無しさん@おーぷん:2018/09/17(月)17:20:57 ID:lRn
自レス>>75の訂正

>川底に累積し続ける泥土は

↑ X

>川底に堆積し続ける泥土は

↑ ○

だった。累積と堆積は全然、違います。
申し訳ありませんでした。

名前: mail:

【3:3】日本神話にシモネタが多いのはなぜなのか
1名無しさん@おーぷん:2018/06/05(火)14:51:01 ID:CB8
なぜなのか



2名無しさん@おーぷん:2018/06/20(水)12:37:40 ID:20C
降臨した神々と、それを祭り上げた連中が、そういう性格だったから。

3名無しさん@おーぷん:2018/06/20(水)17:43:09 ID:mhS
勢力を拡大するには人材が必要だからね
それを支えられるだけの豊かな大地だったのかもね

資源が少ないと奪い合いになるから禁欲的なものになるのではないか?
まあ人間満たされすぎても幸福を感じない莫迦になってしまった的な贅沢な悩みは尽きなくて
禁欲も大事だという話になるみたいだけれども
そんなことを考えてしまう程には自然は退屈させてくれなかったのではないかな?
少なくとも災害で減った分は補わないと滅亡するんだから子孫繁栄は大事

名前: mail:

【4:22】後北条氏時代の江戸
1名無しさん@おーぷん:2017/09/09(土)09:56:06 ID:Ds0
史料となるのは分限帳や寺社の記録その他



13名無しさん@おーぷん:2018/03/29(木)01:09:16 ID:xCp
太田道灌公の足跡
http://www.asahi-net.or.jp/%7Ejt7t-enmt/index1/oota.html

14名無しさん@おーぷん:2018/03/29(木)01:10:25 ID:xCp
後北条氏時代の江戸には寺町が複数あった
今の麹町の局沢や
芝や浅草等に

15名無しさん@おーぷん:2018/03/29(木)08:30:11 ID:ueR
徳川家康と城 第3回 | 家康入城以前の江戸はさびれた漁村だったのか
https://shirobito.jp/article/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%AE%B6%E5%BA%B7%E3%81%A8%E5%9F%8E%20%20%E7%AC%AC3%E5%9B%9E%20%7C%20%20%E5%AE%B6%E5%BA%B7%E5%85%A5%E5%9F%8E%E4%BB%A5%E5%89%8D%E3%81%AE%E6%B1%9F%E6%88%B8%E3%81%AF%E3%81%95%E3%81%B3%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%BC%81%E6%9D%91%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%8B

>戦国大名北条氏の重要拠点の一つで、
>城下町もそれなりに発達していたのである。
>「江戸は砦のある漁村」といったイメージはこの際払拭する必要があるのではなかろうか。
>前述岡野友彦氏が指摘されたように、
>江戸は浅草からはじまる利根川・常陸川水系と、
>品川からはじまる太平洋海運とを結ぶ結節点に位置していたわけで、
>江戸が平安時代から中世を通じてある程度発達していた点をみておく必要があるように思われる。

小和田哲男先生はこう語っている

16名無しさん@おーぷん:2018/04/30(月)11:37:00 ID:yBT
小田原衆所領役帳 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%94%B0%E5%8E%9F%E8%A1%86%E6%89%80%E9%A0%98%E5%BD%B9%E5%B8%B3
当時の江戸の範囲が分かる史料

東京市史稿
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1915622
この182コマから192コマに
小田原衆所領役帳の江戸の部分が大体載ってる

17名無しさん@おーぷん:2018/04/30(月)11:38:51 ID:yBT
後北条氏時代の江戸の範囲は今の23区の半分くらい
山手線圏内は大体当時から江戸で
浅草~銀座や練馬区豊島区も当時から江戸

18名無しさん@おーぷん:2018/04/30(月)11:42:47 ID:yBT
名称は今の名称だけど
街道も鎌倉街道や川越街道や大山街道や中原街道があるし
後北条氏は駅伝を復活させたり
当時から陸上交通網も発達していた

19名無しさん@おーぷん:2018/04/30(月)11:47:24 ID:yBT
品川歴史館特別展
https://ebarahist.exblog.jp/9017288/
室町時代の史料の事も書いてあるけど
品川湊の事務的な記録で
既に伊勢方面からも商船が来ていた事が分かっている

20名無しさん@おーぷん:2018/05/31(木)23:31:00 ID:l72
鎌倉街道 平安後期からある
川越街道 太田道灌時代に完成
中原街道 後北条氏が再整備
大山街道 〃

これらの街道が後北条氏時代の江戸でも
幹線道路として存在していて
宿場町があったり等
水運だけではなく陸運も発展していた
あと後北条氏は駅伝制の復活も行ったな

21名無しさん@おーぷん:2018/06/01(金)03:13:49 ID:P5K
>>20
鎌倉街道って東山道と並走してるのが不思議だな
現代なら渋滞でバイパスとかよくあるけど、なんで廃道でわからなくなるほど使われなくなったんだろう?清水国道じゃあるまいし

22名無しさん@おーぷん:2018/07/23(月)23:30:49 ID:UaG
>>21
東山道武蔵路は
武蔵国が東海道に所属替えになった後も300年くらいは
街道として使われていたようだね

ただ勝呂廃寺等
結構大きな寺が廃寺になったり
その他東山道武蔵路沿いに廃寺がある程度あったり
平安末もしくは鎌倉時代前半くらいに
武蔵国西部で何かあったのかもしれない
それで古代の官道のような街道の維持が難しくなったのかもしれない

あと鎌倉街道は今でもある程度道が残っているね

名前: mail:

【5:286】南進論選んだ大日本帝国wwwww
1名無しさん@おーぷん:2017/09/02(土)11:40:28 ID:feM
【天才】【北進論】大日本帝国陸軍 ➡︎ 
昭和16年7月7日 関東軍特種演習で85万の軍勢を展開。
ドイツ軍の作戦「タイフーン作戦に」合わせてソ連に宣戦布告する
予定だった、ドイツのヒトラーと外務大臣リッべントロップから矢
のような催促が日本に来ていた。日本の勝利条件はシベリア軍団を
5ヶ月ほど足止めするだけ
(その前提で昭和9年から満州に9つの要塞を建設、最大は虎頭要塞)

【馬鹿】【南進論】大日本帝国海軍 ➡︎
 昭和16年12月8日 真珠湾攻撃 日本の勝利条件 
連合軍に勝って降伏させること



277名無しさん@おーぷん:2018/07/09(月)05:44:21 ID:cLz
>>1ははっきりと


  昭   和   1   6   年

と書いており、日米戦争の時代の話であると書いてあるのだが、
気違いにはこれが「明治の話」に見えるらしいw

昭和16年は明治時代だったのかよwww

278名無しさん@おーぷん:2018/07/09(月)05:44:54 ID:iTC
>>275
戦時中じゃいつだかわかりませんよ、ドローン否定派ですか?

279名無しさん@おーぷん:2018/07/09(月)05:46:07 ID:iTC
>>59の話が明治時代なのがわからないおばかさんなのですね

280名無しさん@おーぷん:2018/07/10(火)02:29:49 ID:r5o
>>278
昭和16年にドローン技術があったんですか~

281名無しさん@おーぷん:2018/07/10(火)02:31:54 ID:r5o
さっさと質問に答えてくれませんか?

「人が乗せられない=人間以上に重い機銃も爆弾も魚雷も積めない飛行機で、どうやってアメリカの戦闘機や爆撃機、空母や戦艦を破壊するんですか?」

たった一行の問いにすら答えられないんですか?

282名無しさん@おーぷん:2018/07/10(火)02:34:43 ID:r5o
わずかたった一つの問いにすら答えずに論点をすり替えて逃げ回ってるのは「お前」ですからね?
二宮忠八がどうこうなんて話は関係ありません。

『戦時下で、人が乗せられない飛行機に何の意味があるか?』

問題なのはここだけです。
意味がないなら、こんな話を持ち出す事自体ナンセンスです。

283名無しさん@おーぷん:2018/07/10(火)02:41:32 ID:r5o
>>279
馬鹿ですか?
>>59の話は>>57の話を踏まえての書き込みじゃないですかw
>>57はハッキリと、

>鰯油で飛行機が飛びますか?
>松根油以上に現実味無いですよね?

こう書いてます。
松根油なんて使い始めたのは昭和20年の戦争末期の時期ですよ~www

284名無しさん@おーぷん:2018/07/10(火)02:48:59 ID:r5o
まあ、昭和16年時点でドローン技術が有ったと思ってるような「気違い」じゃ話になりませんけどwww
ドローン技術が存在したなら、特攻隊を無人で飛ばせば良かったじゃないですか。
何で人間が必要だったんだ?ドローン技術があるんだろ?お前の妄想では。

285名無しさん@おーぷん:2018/07/10(火)02:59:42 ID:H8n
鯨油なんてペリー来航の頃の話じゃないですかやだー
明治時代から考えてればヘッセルマンエンジンみたいなのがもっと早く出てきて研究が進んだんじゃないかって話でしょ?

286名無しさん@おーぷん:2018/07/15(日)19:36:04 ID:wnR
>>282
人が乗せられない飛行機って要するに飛行模型でしょ?
模型の意味は百聞は一見にしかずということで、文字でいくら主張しても信じられない人でも動作が一目瞭然だから開発援助を獲得しやすくなる事にあるのだけど、
その動作原理が実機と同じものだということを理解できない科学音痴には人間が空を飛ぶ話とは関係ない只のオモチャにしか思えなくて猫に小判というだけの話だな

まあ戦時下とは言っても日清戦争の頃の明治の話で、現代とは違って飛行原理は知られてない未発見の時代なんだから仕方がないね
飛行機で人が死ぬ時代になってから本人が話をする機会があったようで、その昔話通り軍で発見された設計図を技師に見せたらちゃんど飛ぶ設計だとわかって却下した軍人が誤りだったと謝った歴史ぐらいは知っておくべきだけどさ

名前: mail:

【6:20】客観的に憲法今まで改正なしって凄くね
1名無しさん@おーぷん:2017/08/21(月)12:38:59 ID:hT9
よく考えてみても革新派が、憲法維持したいとか異常だわ



11名無しさん@おーぷん:2017/08/25(金)16:51:14 ID:Ubq

考えてみれば当たり前の話で、
【つい15年前】、
日本中を無差別爆撃し、海上封鎖し、原爆を落としたのがアメリカであった。

戦後は戦後で、勝手に憲法を作り替えられ、不敬罪は廃止され、
アメリカに都合の悪い人間は片っ端から「公職追放」された一方、共産主義者は「凱旋将軍の如く」仕立てられて釈放したのがアメリカであった。

更に付け加えて言えば、アメリカ本国に帰ったマッカーサーが、アメリカの国会での証言で、
「日本人なんぞ13歳のガキ」呼ばわりした事も当時の人間は誰でも知っていた。

こんなアメリカに好意など感じる訳も無い。
「60年安保闘争」は、右翼と左翼が仲良く手を取り合って、岸信介という【アメリカのスパイ】と戦ったのである。
岸は日米安保を結んでさっさと辞任、その後の池田勇人は、
「憲法改正なんぞより経済優先」とかほざいて、完全に憲法改正機運を押しつぶしてしまったのだ。

憲法改正が出来なかったのは【自民党の怠慢】の責任というのは、何万回指摘してもしすぎる事は無い。

12名無しさん@おーぷん:2017/08/25(金)16:51:48 ID:Ubq
>理想を言っても、実現しなければイヌの糞だよ。

つまり、あなたは55年体制以来の自民党の歴史を全否定するのですかw

13名無しさん@おーぷん:2017/08/25(金)17:02:57 ID:Ubq
>>8
それも違うな。
日本国憲法は、アメリカによる【占領統治法】だったのだ。
GHQ統治時代の日本と言えば、アメリカが国防を代行するのが当然だったので、
「軍隊を持たない、国の交戦権は認めない」という内容で当たり前。

逆に言えば、【占領統治法】を70年経っても改正しなかった日本人の方が異常なのだ。
本来だったらサンフランシスコ講和条約の時点で廃棄されるべきゴミだった。

しかし、それに猛反対したのが【吉田茂】。
吉田は戦時中、軍部に迫害されたというルサンチマンを抱えており、
また、当時の軍部が社会主義とかナチスドイツ、ソ連などに狂ったように心酔していた姿を見て、
『再び日本に軍隊を持たせたら、そっくりそのままソ連の手先に変貌するのではないか』
と警戒して、日本の軍備は最小限にし、アメリカ軍の占領統治を継続するよう求める日米安保条約を結んできたのである。

つまり、吉田茂は「日本軍よりも米軍の方が信用出来る」と考えていたのだ。
確かに、515事件や226事件、三月事件や十月事件を繰り返すような「日本軍」よりは信用出来ると考えても無理は無いが。
それに、21世紀の今でも、明らかに「中国の主張の代弁者」と化している自衛隊出身の「軍事評論家」が居たり、
中国人の何らかの血縁関係に在る人物が自衛隊になっていたりするので(妻とか片親が中国人とか)
吉田茂の心配もあながち「杞憂」の一言では片づけられないのが実状。

だが、結局アメリカ軍とて「トンキン湾事件」の自作自演でベトナム戦争介入を行うような陰謀国家だったし、
決して「綺麗な軍隊」などではなかったのであるが。

14名無しさん@おーぷん:2017/08/25(金)17:40:11 ID:6gw
>>13
それは9条だけ着目した見解だよ。全条文に込められた悪意というか仕掛けについて調べることを薦めるよ。

15名無しさん@おーぷん:2017/08/26(土)18:02:46 ID:IDb
>>14
昭和天皇は、今の憲法で満足だったようだが?
天皇条項が問題になった時なんかも、
「良いじゃないか。今までの歴史上でも天皇は象徴的存在だったのだし」
と仰ったそうだし。

むしろ大日本帝国憲法に書いてあったような、
軍隊を指揮する【大元帥陛下】なんてのがフィクションだよ。

そもそもあんなフィクションを定めてしまったからこそ、
【天皇の戦争責任】なんてのが問われるようになってしまった。
何せ、軍隊の最高指揮者は「天皇=大元帥陛下」って事になったんだから。
部下の軍部が何かしでかそう物なら、たちまち最高指揮官である天皇の責任が問われるのは当然の事。

大日本帝国憲法は、日本国憲法と比べて「良かった」と言う人も居るけど、
対して「良い」とは思わないね。

「押しつけ憲法」という意味でも、日本国憲法と同じだし。

小林よしのりが『大東亜論』で指摘したけど、
大日本帝国憲法は、民間が盛んに作っていた「私議憲法」を片っ端から無視して明治政府が「押しつけ」した憲法なんだよ。

美智子皇后が五日市憲法を高く評価した話は有名だけど、
日本の新しい憲法を考えるのであれば、
大日本帝国憲法だけじゃなく、民間人が全身全霊を打ち込んで作り上げた私議憲法をも参考にすべきだと思うね。

16名無しさん@おーぷん:2017/08/26(土)18:13:53 ID:IDb
なお、沖縄人にとっては一般常識だし、今でも沖縄人は恨んでいるようだが、
昭和天皇は沖縄を【売った】。
昭和天皇も吉田茂と同じく、
「日本に軍隊はいらない。持っても軽武装まで、国防は全面的にアメリカに頼るべし」
って考えであったらしい。

これまた当たり前の話で、
戦前、226事件の青年将校や、宮城事件の将校たちは、

『天皇陛下の御為に!』

と叫んでは、天皇の信頼する臣下を殺して回ったり、クーデター未遂を起こしまくっていた。

本土決戦用に用意されていた「松代大本営」とは、「天皇・皇后の為の刑務所」とでも言うべき施設であり、
当時の軍部の本音は、平和志向の天皇は邪魔だという認識であった。

昭和天皇自身、何度か当時の軍部の思い出を語っており、

「もしも私が堂々と戦争反対と言ったり、軍部の主張を天皇大権を使って退けたりなどすれば、首をちょん切られたか、死ぬまで精神病院に放り込まれただろう」

などと語っている。

こんな昭和天皇が、日本人による軍隊に対して不信感を抱くのも当然の事であり、
のちにアメリカ国務長官になったアレン・ダレスを通じてアメリカに、
「例え講和条約を結んだとしても、日本からアメリカ軍は出て行かないでほしい」
と懇願していた事が明らかになっている。

その担保として代わりに、沖縄をアメリカに【売った】のだと。
まあ、昭和天皇の意向など関係なしに、既に沖縄はアメリカの軍政統治下に在ったのであり、
昭和天皇の言葉は、その現状の承認と、
「でも、潜在的主権は日本に在る」
という事をアメリカに認めさせた=つまり日本は沖縄返還要求をする資格を有するという意味では画期的では在ったのだが…

17名無しさん@おーぷん:2017/08/26(土)20:56:56 ID:LpH
>>15
「昭和天皇は、今の憲法で満足だったようだが?」という話は、終戦の詔勅に
「朕ハ茲ニ国体ヲ護持シ得テ忠良ナル爾臣民ノ赤誠ニ信倚シ常ニ爾臣民ト共ニ在リ」あるようにと、ポツダム宣言受諾に当たって最低限の条件であった「国体護持」が確保されたことを言っているにすぎない。
つまり「君民共治」という国家形態が日本が世界の殆どの国々と異なる歴史伝統を持っていることを意味する。

ただ、103条の条文全体に流れるトーンはやはり日本破壊の自爆装置みたいなものであると言わざるをえない。
これを理解しない憲法論議なんて無意味でしょう。GHQというかソ連のスパイが仕掛けた爆弾をみずから温存する行為に他ならない。

昭和20年8月15日の「終戦の詔勅」、あれの中身をちゃんと読むと、当時の日本政府の立場、昭和天皇の思いが切実に感じられる名文だよ。

18名無しさん@おーぷん:2017/09/03(日)10:02:45 ID:flz
>>12
デタラメでも構わないから、改正されさえすれば良いなんてものじゃないんですけどね

19名無しさん@おーぷん:2017/10/26(木)18:32:44 ID:nKB
(戦前の)右翼思想と(戦後の)在日狐狸庵(含む帰化人)どもは我々を亡国フルスロットルに至らしめる二大業障だと思う。

20名無しさん@おーぷん:2018/01/21(日)19:10:32 ID:dCI

このままロクでもない9条を持ってると
中国に攻め込まれて日本国民はなぶり殺しにされるぞ。
チベット、内モンゴル、ウィグルのような地獄が始まる。

名前: mail:

【7:4】梶原景時がいなかったら鎌倉幕府安泰説
1名無しさん@おーぷん:2017/02/23(木)23:04:35 ID:s74
一理ある



2名無しさん@おーぷん:2017/02/26(日)18:48:19 ID:3H6
ん?
頼朝の死後一年にして、速攻で攻め滅ぼされたんじゃなかったっけ?

3名無しさん@おーぷん:2017/02/26(日)18:49:17 ID:3H6
鎌倉幕府と言うより、源氏将軍家が安泰だったとは言えるだろうけど。
逆に相続争いが激しくなった可能性も。

4名無しさん@おーぷん:2017/02/26(日)18:49:57 ID:3H6
実際、室町幕府は京都の将軍家と関東公方との間が最悪だったし

名前: mail:

【8:6】明治天皇の子孫について
1名無しさん@おーぷん:2017/01/08(日)23:10:12 ID:hO6
明治天皇以降藤原氏と血縁の無い方で
庶民でも実際に会うことが出来る方をどなたか教えていただけませんか?



2名無しさん@おーぷん:2017/01/09(月)14:25:45 ID:nck
竹田恒泰
自称「明治天皇の玄孫」。
と言っても「女系で玄孫」なんだけどな。
本人は女系天皇とかに反対してるくせに。

父親はオリンピック委員長とか勤めてる。

3名無しさん@おーぷん:2017/01/09(月)15:28:29 ID:UfN
>>2
回答ありがとうございます!
竹田恒泰さん以外に居ませんか?

4名無しさん@おーぷん:2017/01/09(月)21:14:18 ID:nck
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E7%9A%87%E6%97%8F

旧宮家の人は、大体会えるはずですよ。

5名無しさん@おーぷん:2017/01/10(火)18:28:12 ID:BaS
>>3
回答ありがとうございます
助かりました

6名無しさん@おーぷん:2017/01/10(火)18:28:47 ID:BaS
ミス
>>4
回答ありがとうございます
助かりました!

名前: mail:

【9:4】【急募】関ヶ原〜大阪冬の陣夏の陣に詳しい人
1名無しさん@おーぷん:2016/11/08(火)19:16:08 ID:iGq
関ヶ原から大阪冬の陣夏の陣の流れと詳細を詳しく教えてくださいませ。



2名無しさん@おーぷん:2016/11/09(水)00:04:05 ID:YJL
関ヶ原の東軍って会津征伐軍の筈だよな?
誰の許可で関西に入ろうとしたんだろう?
小山に政権があったと考えるべき?

3名無しさん@おーぷん:2016/11/11(金)08:55:33 ID:FHZ
>>2
豊臣秀吉の親戚の福島正則。
小山会議の時、家康が最も気を使ったのが福島正則への扱いだった。
福島が同意しなければ、会津征伐軍をそっくりそのまま関西方面に引き返させる事など出来なかったのだから。

4名無しさん@おーぷん:2016/11/11(金)09:00:08 ID:FHZ
西軍は西軍で、毛利輝元が総大将だったが、
同じく豊臣秀吉の縁者である小早川秀秋を味方に付けていた。
ついでに、秀吉の正妻、北政所の実家、木下家の多くも西軍に味方した。
(従って、淀君=西軍、北政所=東軍という説は今や崩れ去っている)

名前: mail:

【10:60】北条が秀吉に臣従してたら
1名無しさん@おーぷん:2016/09/15(木)21:24:20 ID:Sti
秀吉死後は家康と5大老筆頭を争うくらいにはなれたの?



51名無しさん@おーぷん:2017/02/05(日)11:25:12 ID:zs1
>>50
一種の「地域差別」と言えるかも知れないけど、
関西地方とか行けば、今でも「部落差別」みたいの残ってるんじゃないの?
知り合いの女性が、婚約まで行ったんだけど、
相手の男性の実家が、
「部落出身じゃあるまいな?」
と探偵事務所か何か雇って、しつこく彼女の過去や先祖をほじくり返した事がバレて破局したそうだ。
彼女自身は部落出身ではなかったが、いちいちそんな差別を家ぐるみでやってのける風潮に付いていけなかったのだとか。

今でも、朝鮮人部落とか被差別部落の辺りは、
駅前の立地条件が非常に良い所であっても、
何故か極端に地価や家賃が低いポイントとなっている。

そうそう簡単に「地域差別」の根は消えないよ。

「自由の国」とか「移民の国」とか美化されてるアメリカでさえ、地域差別は物凄いらしいから。
ボストンに留学してた事が有ったけど、あそこの連中は、アラバマとかミシシッピとかの南部とか、
カリフォルニアとかの西部を物凄く毛嫌いしていたね。
歴史が無いアメリカですらそんな感じ。

52名無しさん@おーぷん:2017/02/05(日)11:28:37 ID:zs1
つい最近国民投票が行われたけど、
イギリスからのスコットランド独立運動も、
そうそう簡単に差別意識とか、被害者意識が抜けない事を物語ってるね。
今のイングランドの王様は、本来のイングランドの王室がエリザベス一世の時代にちょん切れてるので、
スコットランド系の王様のはずなんだけどね。
(厳密に言えば、スコットランド→イングランド→ドイツ→イングランドという順番か)

53名無しさん@おーぷん:2017/02/05(日)11:42:54 ID:c8g
>>51
世界中どこにでもある話が地域の特色とは言えないだろ
どこが県民性なんだよ

差別に関してはむしろ永続的で無い方がアジアの特色っぽい気がする

54名無しさん@おーぷん:2017/02/05(日)16:01:03 ID:zs1
>>53
いや、県民性でしょ。
アメリカに行ったら「州民性」とでも言う物に変わるだけの話じゃん。

インドのカースト制度なんかは有名だけど、
人間は差別するのが常態。
白色人種の有色人種差別然り。
中国や朝鮮では近代まで奴隷制度が維持されていたが、これも然り。
日本でも、「四民平等令」の後でも部落差別が残ったのが然り。

西洋も東洋も変わらないよ。
西洋にも東洋にも、素晴らしい人間も居れば、
極悪非道な人間も居るってだけの話。

55名無しさん@おーぷん:2017/02/05(日)16:10:39 ID:zs1
むしろ陰険さと言うか、執拗さという意味では、
アジアの方が陰湿だと思うけどね。

韓国とか、全羅道と慶尚道の争いが、もう1500年くらい続いてる。
百済と新羅の時代からね。
国家を二分するくらいの激しい争いになっている。

ついでに言えば、日本に多いとされる済州島出身の在日朝鮮人。
今のようなリゾート地化が進んでいない頃の済州島とは、
「犯罪者のゴミ捨て場」という認識が韓国では近代まで一般的であり、
例え犯罪者でなくとも、済州島出身者と名乗るだけでクソミソに差別されたそうな。
だから差別されない、もしくは朝鮮よりはマシな差別である日本に逃亡してきたのだと。

普通、1500年も昔の国同士で、争ったりするのは馬鹿馬鹿しいと思うはず。
でも、アジアではそういう現象がちょくちょく有るでしょ。
カースト制度も、生まれながらに勝手に頂点から最下層まで定められてるし。
法律でどんなに厳禁しても、なかなか無くならない。

アジアにはアジアで良い所も有るのだろうが、
陰湿さという点では、西洋に劣ると思われる。

西洋は西洋で、極悪非道さに賭けてはアジアに勝るが。

56名無しさん@おーぷん:2017/02/05(日)16:20:34 ID:zs1
朝鮮出兵の話が有ったけれど、
どうも小西行長は、朝鮮との和平交渉をしつこく繰り返していたが故に、
結果的に中国や朝鮮に手玉に取られて負けて退却という事になったらしい。
秀吉が当初言っていた「仮途入明」という言葉を字義通り信じ込んで、
朝鮮には「日本との同盟」か、最低でも「好意的中立」に傾かせようと必死に外交努力を続けていたらしい。
実際に朝鮮出兵が始まってからも。

朝鮮側にも、日本との和平=明からの独立・自立を望む勢力が存在しており、
決して小西の取った行動は夢見る乙女のロマンではなかったのだが、
如何せん、日本側も加藤清正らが講和に反対。
朝鮮側も朝鮮側で、権力闘争の真っ最中というお粗末な状態。
しかもこの頃40年も国王をやっていた朝鮮国王は、和平派だったらしのだが優柔不断で、しかも重臣たちの権力闘争を抑えられない有様。
それぞれの和平派の代表者たちが、好戦派の軍人たちに潰された結果、と言うのが朝鮮出兵だったらしい。

なお、小西や対馬の宗氏が秀吉を騙していたというのは半分嘘で、
文禄の役の辺りまでは、秀吉も了解済みの上で朝鮮と和平交渉、明への道を借りるだけという交渉を続けていたらしい。

だから進軍速度が速まったり、突然ストップしたり一定する事が無かった。

57名無しさん@おーぷん:2017/02/05(日)21:19:05 ID:c8g
>>54
地域で独自性のないものを県民性と言い張っても無意味だよ

そもそもこのスレの後北条にしても秀吉にしても、彼らの素性を考えたら
差別ではなく単なる地位による区別としか言えないだろう

>>55
只の確執だろそんなもん
一度和解してしまえば水に流れて忘れる話
和解したことだけ都合良く忘れる(教えない)と受け継がれる

58名無しさん@おーぷん:2017/02/06(月)00:11:02 ID:wzf
>>57
そんな簡単に和解出来るのなら、世界はとっくに平和な単一国家になっている。
実際にはEUがガタガタになっているように、「そんなもん」が幅を利かせているのがこの世の実態なのだが?
あなたは21世紀現在の世界の一体何を見て、そして聞いているのか?
理解に苦しむね。

59名無しさん@おーぷん:2017/02/06(月)00:16:43 ID:wzf
>>57
>地域で独自性のないものを県民性と言い張っても無意味だよ

そんな事言ったら「国民性」とか「民族性」と言う代物も消えて無くなるのだが。
欧米人にとって見れば、日本人と中国人、韓国人の見分けがつかないように、
我々からすれば「彼らは違う」と思ってても、傍目から見れば「似たり寄ったり」に見えるんだろう。
要するにあなたの主張では、
日本人とか日本的なる物なんて幻想で、
日本人と中国人、もしくは韓国人は同一であると言いたいのか?

漢字が共通しており、儒教の影響も共通しており、
外面はそっくりで、江戸時代なんて李氏朝鮮や清国とほとんど変わらない停滞国家だった日本に、
中国人や韓国人とかけ離れた「独自性」など存在するか?

60名無しさん@おーぷん:2017/02/06(月)01:30:23 ID:nx3
>>58
和睦ってそんなもんだろ
リメンバーパールハーバーだよ
焼け野原もキノコ雲も無条件降伏も現在の日本に至るプロセスだから

>>59
個性を把握して、その集団の平均を考えないと単なる当てずっぽうだろう
血液型の分布とかには差があるという人も居るな

名前: mail:


新規スレッド作成
タイトル:
名前: mail:

スレッドをもっと見る(11~)
おーぷん2ちゃんねるの投稿は著作権を放棄しパブリックドメインとして公開しています。
まとめブログやウェブサイト上で自由に転載・創作を行えます。

おーぷん2ちゃんねるに関してのお問い合わせは こちらまで
2018 satoru.net