携帯で見る

日本史@おーぷん2ちゃんねる

ローカルルールの議論・経過についてはwiki
おーぷん初心者はよくある質問と回答を見てね
板一覧 | ヘッドライン | ランキング | 履歴

設定
レス順 | 作成順   
1: 【源氏】鎌倉幕府part1【北条氏】 (10) 2: 官位について語るスレ (38) 3: 日本史雑談スレ (375) 4: 【幕藩体制】江戸幕府その1【徳川氏】 (220) 5: 継体天皇について執拗に語ろう (16) 6: おまいらとっておきの日本史の知識教えてくれ (86) 7: 朝鮮併合は必要だったか否か? (36) 8: 判官びいきされている日本史上の人物 (9) 9: なぜ日本は滅びなかったのか (23) 10:山本五十六の評価 (24) 11:梶原景時がいなかったら鎌倉幕府安泰説 (4) 12:北条が秀吉に臣従してたら (60) 13:残っていたらいいなと考える史料 (7) 14:明治天皇の子孫について (6) 15:おっさんのやり直し日本史を生暖かく見守るスレ (301) 16:【急募】関ヶ原〜大阪冬の陣夏の陣に詳しい人 (4) 17:太平洋戦争までを簡単に (4) 18:歴史学科に入学が決まった無知な俺におすすめの歴史本教えてくれ (16) 19:任那日本府についてのんびり語ろう (17) 20:日本史テスト単語まとめ (25) 21:狗奴国に自信ニキ (14) 22:北条時行「どうすりゃいいんだ」 (1) 23:阿衡の紛議ってさ (3) 24:藤原氏で最も優秀だったのは誰か (5) 25:日本の「海賊・湖賊・水軍」などに関して大雑把に語ろう (11) 26:神武天皇と日向三代【神武東征】 (50) 27:【皇国史観】日本の起源を語ろう【戦後史学】 (12) 28:ゆるーく日本史を語るスレ (3) 29:【高校日本史】 因果関係を明確にした学習整理 (3) 30:【賤】穢多・非人・番太・山窩について語ろう【民】 (15) 31:戦国時代初期が好きな奴おるんか? (9) 32:この人何した人ですか? (2) 33:★__ 【幕末】日本史上最悪の大罪【長州】 __ (9) 34:_  【錦の陣羽織】会津藩vs長州藩【錦の御旗】  _ (17) 35:後白河法皇を追憶するスレッド (10) 36:古代史に登場する神社仏閣や地名の今 (16) 37:纒向遺跡(纏向遺跡・巻向遺跡)について語ろう (10) 38:院政についてのんびり語ろう (6) 39:岩倉具視卿の生涯を振り返るスレ (15) 40:復興!周王室(天子)!倭人は呉の末裔か!?vol.6 (10) 41:雄略天皇【武】  (11) 42:古代の豪族 (18) 43:歴代将軍で一番優秀だった人 (7) 44:【花の御所】室町幕府スレ1【足利氏】 (8) 45:【神話】出雲と大和【歴史】 (20) 46:喜連川藩(徳川家の臣下だったのかどうか判然としない) (14) 47:日本史上の人物の趣味・特技を語るスレ (39) 48:織豊政権の兵農分離は本当に優れものだったか? (7) 49:戦国時代にキリスト教の代わりにイスラム教が伝来していたら (24) 50:日本は世界で最も成功した社会主義国って本当? (28) 51:宗氏(対馬島主)および対馬の歴史 (34) 52:福岡の歴史好きに質問なんだが (20) 53:平安時代について語ろう (10) 54:【平城京】奈良時代について語るスレ【天平文化】 (2) 55:俺の先祖が結構有名な武士だった (12) 56:【讃岐・阿波】四国の歴史スッドレ【伊予・土佐】 (21) 57:日本史の名言、名シーン、名台詞をあげるスレ (22) 58:「高天原実在説」をとる人がその所在地を推測するスレ (27) 59:戦国時代の大阪の武将を語るスレ (14) 60:交野市の歴史について語ろうぜ! (25) 61:お前らが伊達政宗について色々俺に教えるスレ (19) 62:江戸時代の里子と家の関係 (2) 63:クレクレ厨のモアモアプリーズについて (6) 64:足利義教公 (16) 65:【婆娑羅】佐々木道誉part1【大名】 (2) 66:幕末を除く江戸時代の「朝幕関係」について語ろう (1) 67:CHAGEandASKAについて語るスレ (14) 68:◆この板の自治雑談質問相談投票スレ立て依頼総合★1 (6)  
スレッド一覧   過去ログ   ごみ箱(仮)

【1:10】【源氏】鎌倉幕府part1【北条氏】
※ID非表示スレ
1名無しさん:2014/03/31(月)16:15:10 ID:???
鎌倉幕府について語ろう



2名無しさん:2014/03/31(月)16:53:42 ID:???
1192

3名無しさん:2014/04/01(火)18:51:17 ID:???
頼朝が範頼や義経を粛清しなかったら
源氏の天下はもっと続いただろうか。

4名無しさん:2014/04/02(水)13:29:56 ID:???
秀吉と同じように結局、頼朝って地盤がなかったよね。ただの旗印だったんだよ。

5名無しさん:2014/04/02(水)23:37:05 ID:???
摂家将軍親王将軍

6名無しさん:2014/04/03(木)10:34:24 ID:???
>>3
頼朝の性格じゃいずれ二人とも粛清されてたんじゃないかなぁ?

そうでなくとも北条時政、義時が殺ってたと思う

7名無しさん:2014/04/04(金)10:54:36 ID:???
源氏八領の五月人形コンプしたいわ。

8名無しさん:2014/04/23(水)18:50:38 ID:???
頼朝は氏長者になっていないんだっけ?
武家源氏で氏長者は足利義満から?

9名無しさん@おーぷん:2014/05/20(火)15:10:20 ID:???
三浦氏にすごく興味ある
特に義村の息子世代が

10名無しさん@おーぷん:2017/08/15(火)09:38:02 ID:???
北条時宗・貞時の2代に仕えた平頼綱って悪人ですか?

平頼綱(たいらの・よりつな)。官位、左衛門尉。
内管領(執事)、侍所頭人になり執権を凌ぐほどの権勢を振るったという。
また当時、法華宗(日蓮とその信徒)を弾圧したので創価学会や日蓮宗などでは大悪人になっている。

名前: mail:

【2:38】官位について語るスレ
1名無しさん:2014/04/13(日)16:48:12 ID:j8hLhxj1J
252 名前:日本@名無史さん[sage] 投稿日:2013/04/09(火) 21:27:04.01
江戸期に京都の庶民(といっても豪商)が天皇家に寄付をした見返りに貰えた位はどれぐらいまでなんですか?

253 名前:日本@名無史さん[sage] 投稿日:2013/04/10(水) 04:40:11.31
七位。その外の手としては摂家・清華あたりの諸大夫は無理としても侍として
仕官の形をとり六位をもらうとか。

254 名前:日本@名無史さん[sage] 投稿日:2013/04/10(水) 09:41:43.79
地下家伝を見ると、省寮の史生で従六位下に進んだ例はいくつかあったから、
豪商の例も中には有ったかも。
それと史生は金を出してなるばかりではなく、
食い詰めた人が縁を頼ってさせてもらうこともあったらしい。



29名無しさん@おーぷん:2014/08/12(火)23:41:42 ID:C6q51mzOE
藤原氏は、本当に調べれば調べるほど「自分たち一族」のことしか考えていない。
藤原氏の全盛期とは、藤原氏以外の者にとっては最悪の時代だったろう。
実際、藤原氏が衰えて以降の「院政と武士の台頭」から日本史は俄然、ダイナミックに動き出す。

30名無しさん@おーぷん:2014/08/13(水)17:38:07 ID:YDlhztcSN
天神さまの怒り(祟り)は凄まじかったらしい。

31名無しさん@おーぷん:2015/04/05(日)07:42:14 ID:ubr
>>5

>鎮守府将軍任官者には幕府を開く資格があったらしい。

「らしい」というのが微妙

32名無しさん@おーぷん:2015/04/05(日)07:42:41 ID:ubr
連続かきこであがるはずだ

33名無しさん@おーぷん:2015/09/02(水)22:51:13 ID:vNm
>>6
>>10
親王任国と言って、財政が厳しい天皇家のために親王しか「守」になれない国のことだ
あと、親王任国は 上野・上総・常陸 の3国だよ
下総は親王任国ではない
源義朝(頼朝の父)は保元の乱以前に下総守になっている

34名無しさん@おーぷん:2015/09/02(水)22:54:02 ID:vNm
存命中に正一位に叙せられた最後の人物は三条実美
故人で正一位に叙せられた最後の人物は織田信長

35名無しさん@おーぷん:2015/09/02(水)23:07:25 ID:vNm
>>5
時代が下るに従って、秋田城介 → 鎮守府将軍という出世ルートが出来たみたい

36名無しさん@おーぷん:2015/09/02(水)23:14:07 ID:vNm
>>5
>>31
幕府開けるのは右大将からじゃなかったっけ?

37名無しさん@おーぷん:2016/06/12(日)07:11:13 ID:W6X
役職の歴代の記録ってどのくらい残ってるのかな?
wikipediaで平安時代の生年不詳の人物の履歴みたら○○守って載ってたから、
いつ頃だろうかと思って○○守の所を見てもないからアレ?と思ったらそもそも前後一世紀位抜けてたんだけど、これは記録がないのかやたら変わってるので記載端折ったのかどっちなんだろ?

38名無しさん@おーぷん:2017/08/15(火)09:25:46 ID:HYF
>>16
太平記の記述で「久我畷の戦い」において北条(名越)尾張守高家という大将が討ち取られている。
名門名越流北条氏の若い大将で慢心があったのかもしれない。そして鎌倉幕府は「終わり」に向かっていった。
こんなことがあったのも「尾張守」が避けられた一因かも?

名前: mail:

【3:375】日本史雑談スレ
※ID非表示スレ
1名無しさん@おーぷん:2014/05/07(水)20:45:35 ID:???
雑談しよう
日本史に関することならなんでもOK



366名無しさん@おーぷん:2017/08/04(金)19:13:29 ID:???
まあ小学生なら草生やす前に鏡を見ようね
太陽の反射光を温度計に当てて、枚数による温度の違いを調べましょう

367名無しさん@おーぷん:2017/08/05(土)07:49:54 ID:???
>>366
君馬鹿すぎるから来なくていいよ
鏡で「船が燃やせた」はずでしょ?
>>356は誰が書いた?
単に温度が上がるだけなんて書いてないのに、何を詭弁使ってるの?

ほかにも「巨人軍は軍隊」とか言い出す頭の悪い人は歴史を語る以前の知能レベルなので人生やり直せば?

368名無しさん@おーぷん:2017/08/05(土)10:37:27 ID:???
>>367
つまり、鏡の重ねあわせでは発火温度には到達できないという主張でいいの?

369名無しさん@おーぷん:2017/08/13(日)00:09:13 ID:???
>>368
重ね合わせなんてどこに書いてあるんだ、キチガイ?
お前のは単なる「光の反射」だろw

370名無しさん@おーぷん:2017/08/13(日)00:10:28 ID:???
ルーペのような物で太陽光を集束せずとも、
単に鏡で太陽光を反射するだけで、

【船が燃え出す】

とか書いたのがこの馬鹿キチガイ。

歴史を語るより前に、小学校から勉強やり直せ。

371名無しさん@おーぷん:2017/08/13(日)00:11:57 ID:???
>巨人軍は軍隊
>巨人軍は軍隊
>巨人軍は軍隊
>巨人軍は軍隊
>巨人軍は軍隊
>巨人軍は軍隊
>巨人軍は軍隊
>巨人軍は軍隊
>巨人軍は軍隊
>巨人軍は軍隊
>巨人軍は軍隊
>巨人軍は軍隊

372名無しさん@おーぷん:2017/08/13(日)05:54:35 ID:???
>>369-371
つまり太陽「熱」発電のように と小学生でもその原理が想像できるように書かれた意味がまるで理解できずに
>「ルーペで太陽光を集束しなければ炎はつかない」
と暴れてる子が居るわけだね。

太陽光発電しか知らないのであれば、それこそ小学校の社会科から勉強やり直せというブーメランなので、
まさにお前が言うな鏡をよく見てみろ、つまり「様を見ろ」という話になってしまうのである。

373名無しさん@おーぷん:2017/08/13(日)14:22:00 ID:???
四の五のほざく前に、鏡で船を燃やしてみせてみろw

374名無しさん@おーぷん:2017/08/13(日)14:24:09 ID:???
鏡以外一切の資材無しで船が燃やせるんだろ?
ん?w
鏡にそんな超パワーが在るのなら大砲とか何の為に発明されたんだかw
キチガイは次から次と詭弁を垂れ流すw

ついでに【巨人軍は軍隊】とかいうキチガイじみたい強弁については何か言う事無いのかなw

375名無しさん@おーぷん:2017/08/13(日)16:03:43 ID:???
パワーは太陽の核エネルギーだから天岩戸に閉じこもってしまえば巨人軍もお手上げだね

名前: mail:

【4:220】【幕藩体制】江戸幕府その1【徳川氏】
※ID非表示スレ
1名無しさん:2014/04/04(金)13:04:59 ID:???
江戸幕府について語ろう



211名無しさん@おーぷん:2017/05/27(土)01:30:43 ID:???
列強に侵略されてた国が侵略されたって、住所が変わるだけの話だな
期間が長かった所はその前を知らなくて比較対象を知らないということではないか?

212名無しさん@おーぷん:2017/05/27(土)05:16:32 ID:???
加えて、
「我が国の独立は日本のお陰」
なんて事になってしまったら、
スカルノやホーチミン、ガンジーなどの、彼らの国の独立の英雄たちの立つ瀬が無くなってしまうし。

別に中国や韓国だけに限らず、是が非でも日本の貢献を認めようとしないのは彼らにとっては当たり前の事。

日本も所詮は自国の国益の為にやった事なのだから、
取り立てて「俺様のお陰で独立出来たんだ~」とか馬鹿げた事を言わなくて宜しい。

フィリピンやビルマなど、確かに日本の支援によって独立した地域も有るが、
それは「そうした方が日本にとって都合が良かったから」でしかない。

213名無しさん@おーぷん:2017/06/18(日)23:50:10 ID:???
いわゆる、300諸侯って、大杉じゃね?
一万石や二万石でも大名とか、財政持たんだろ。
零細諸侯には参勤交代の免除とかあったはず(と推察する)が、誰か詳しい人教えれ。

214名無しさん@おーぷん:2017/06/19(月)00:01:08 ID:???
超高速参勤交代って実在の藩だったのか、しらんかった

215名無しさん@おーぷん:2017/06/19(月)08:17:55 ID:???
>>213
江戸定府の大名は結構居た。
名目では35万石を公称していたが実質10万石と言われていた貧乏御三家の水戸藩もその一つ。
会津藩の祖、保科正之もずっと江戸に詰めており、引退間近の60代に一度だけ己の墓所を定めに会津に帰ったっきりであった。
他にも認知には代官だけ派遣して己は江戸住まいという大名は結構存在した。

216名無しさん@おーぷん:2017/06/19(月)12:55:49 ID:???
諸国漫遊どころか水戸街道すら使わないって面白いな

217名無しさん@おーぷん:2017/06/25(日)15:33:27 ID:???
ついでに、参勤交代は形骸化しており、
半ば意地や見栄の為に続けられていたような状態であった。
豪勢な行列を下々の者に見せびらかす事は、武家にとって一種のステータスであったのだ。
馬鹿馬鹿しいと笑うかも知れないが、現代人だって外車やブランド物で身を固め見せびらかす人間は跡を絶たない。
参勤交代もそれと同じであった。

カラクリに気がついた藩では、参勤交代に金を使わずに済むような方法をあの手この手で考えた訳である。
「蘭癖大名」佐賀の鍋島直正などは、参勤交代に賭けられるだけの金が無かったので、
「病気」を理由に江戸に行かなかった事すら有った。
(当然幕府の許可は得ているが)

逆に、領土の支配は家老たちに任せ、自分は江戸に住み続ける事によって参勤交代しないで済ませる大名も居た。

ウルトラCのような裏技を思いついた上杉鷹山などは、
さっさと若年の内に隠居してしまい、自由な身分となってから藩政改革に精を出すような事例も有った。
(上杉鷹山は養子であり、養子入りした先で実子が生まれてしまった為に早々に隠居する事を余儀無くされた面もあるが)

218名無しさん@おーぷん:2017/06/25(日)15:53:15 ID:???
倹約令は出しても参勤交代は廃止されなかったわけだから、それなりにうまく行っていた制度ではあるんだろうな

219名無しさん@おーぷん:2017/06/25(日)20:23:52 ID:???
参勤交代で江戸に出てくるメリットも当然有った。
江戸時代の大名たちの多くは江戸生まれ、江戸育ちである。
大名の妻子は人質として江戸に置く事を義務づけられていた。
従って仙台伊達家であろうが、薩摩島津家であろうが、地元よりも江戸の水や食べ物の方が体質に合ったのである。
幕末の名君の一人であった島津斉彬は、父親に疎まれてなかなか大名になれなかった。
その分江戸暮らしが長かったのであるが、
大名となって初めて薩摩に入った時、全く会話が成立せず難儀したそうな。
見る物聞く物珍しい物だらけで、薩摩を代表する剣術、自顕流の稽古を見た斉彬は、
「狂った猿の遠吠えのような音」
を聞いて面食らっている。

それはさておき、参勤交代などによって江戸に各地方の風習や文化が流れてくる事は、
技術交流や学問交流の面から歓迎すべき事であった。
それまで日本列島には、共通した日本人意識などという物は皆無に等しかったのだが、
江戸時代250年によって、やっと「日本人らしさ」という物が日本全国津々浦々にまで広まったのである。
参勤交代と、庶民はお伊勢参りの成果であった。

220名無しさん@おーぷん:2017/07/23(日)17:38:08 ID:???
参勤交代自体しなかった者も居た。
さすがに大々名ではそんな者は居なかったようだが、
一万石程度の陣屋大名や、万石未満の領地を持った旗本の中には参勤交代をしなかった者も存在した。
彼らはずっと領地に居たのだ。

参勤交代は「義務ではなく自発性」というのは本当の事であった。
各大名たちは、参勤交代で煌びやかな大名行列を見せつけて民衆の話題をかっさらう事を誇りに思っていたのだ

第一、嫌々やらされていたのであれば、
大藩にもなれば数千や万単位の手勢を率いていたのだから、
そっくりそのまま倒幕軍に編成し直して関東で暴れ回れば良いのではないか?
江戸城陥落は無理でも、関東地方の各城はいくつか落とせるはずだろう
この時代、ストレスが溜まった大名が突如発狂するなんて事も珍しくはなかったのだから

名前: mail:

【5:16】継体天皇について執拗に語ろう
1名無しさん:2014/04/11(金)17:46:38 ID:5FJWVXO3V
「今城塚古墳いってきた。
地震で墳丘ぐしゃぐしゃだね。」



7名無しさん@おーぷん:2015/09/25(金)17:12:21 ID:iC9
>>6
テキトーも何も、記紀にそう書かれてるよね

8名無しさん@おーぷん:2015/12/17(木)00:37:15 ID:qN0
記紀って正直だよなー
始まって数百年の王朝だから、万世一系なんて概念もなかったんだろうな。

9名無しさん@おーぷん:2016/02/06(土)12:25:45 ID:dxo
万世一系を守ろうとしたから遠縁の人を連れてきたんやで
どうでもよけりゃ遠縁じゃなくて赤の他人でもよかった

10名無しさん@おーぷん:2017/04/14(金)09:51:51 ID:F3K
>>9
遠縁の人が継いでる時点で「一系」ではないのだが。
皇室の歴史は系よりも「血」。
しかも男女を問わない。

今みたいな「男系!」「男子!」「女性天皇排除!」「側室制度無し!」なんて狭っ苦しい規定なんて、明治時代以降だけの話。

11名無しさん@おーぷん:2017/06/30(金)19:27:10 ID:aWe
>>10
おまえは一系の意味をわかってない

12名無しさん@おーぷん:2017/07/01(土)17:22:35 ID:0jj
律令の上では慶雲三年二月庚寅以前は皇統が短かったりするのだろうか?

13名無しさん@おーぷん:2017/07/19(水)10:59:58 ID:Vo4
若沼毛二俣皇子の妹が允恭天皇の皇后になって雄略天皇を産んでるし
大郎子の母は祖母の妹で息長系
いうほど遠縁でもない

14名無しさん@おーぷん:2017/07/23(日)09:36:11 ID:VoU
>>11
お前こそ何も判っていない。
そもそも「一系」なんて単語が使われたのは明治時代以降。
それ以前は「万葉一統」と言っていた。
これならば別に「一系」に拘る必要が無い。
実際、日本史の明治時代以降百年を除けば、日本人の大多数は、天皇を「一系」であるかどうかで判断などしていない。
南朝正統論の太鼓叩きを行った「神皇正統記」の著者北畠親房ですら、
「一系」だから尊いなどとは一言も述べていない。
お前がまるっきり無知なのが明らかだ。

大化の改新前の、天皇が大王と呼ばれ、未だ豪族に担ぎ上げられているような状況を指して、
「一系だから~」とか馬鹿馬鹿しいにも程があるw

15名無しさん@おーぷん:2017/07/23(日)09:38:38 ID:VoU
>>13
それは、男系男子・万世一系信者が忌み嫌う、
「女系によって」繋がりが保ててた証明なのですが……
女系の価値なんぞ一切認めない男系男子主義者がそんな話を持ち出すなんぞ、恥知らずも良い所ですよ!

16名無しさん@おーぷん:2017/07/23(日)09:53:40 ID:VoU
一系かどうかを重視するって発想も、
明治時代以降の男尊女卑主義者によって産み出された妄想。
日本の古来からの伝統などでは無い。

聖徳太子や大化の改新前の「大王」とは、非常に広い範囲に対して「同族意識」を持っていた。
皇室から分家した蘇我氏なども「同族」認識であったし、
男系というイデオロギーに囚われていては大王と血縁関係が無いように見える大伴氏や物部氏ですら、
「同族」と認識し「一統」意識を抱いていた。

もっと言えば、統治されるはずの民に対してでさえ「同族」意識を持っていた。
その証拠が、民の詠む歌すらも収録されている「万葉集」であり、
「日本は天皇を家長とする、緩やかな家族国家」と思わせる家族国家論であった。
無論、家族国家論自体は明治時代によって普及された代物であったが、
元々、皇室の伝統儀式や、民を我が事のように大事に想うなどという発想に、既に家族国家論の萌芽が見えている。

仁徳天皇は、山登りした時に、山頂で民の竈から煙が上がってないのを見て、
「民は炊けるだけの米も無いのに違いない」
と判断、以降三年間に渡って年貢の徴収や、労働義務などを免除した。
お陰で仁徳天皇の皇居は雨漏りがする程痛んだが、民の暮らしは非常に豊かになったという事が書いてある。
自らの宮殿や財産を粗末にしてまでも民を重視するなど、世界中の王室に見られない行動であろう。
仁徳天皇の逸話が書かれ、また民たちの歌が掲載された万葉集が成立した8世紀時点で、
既に日本には「家族国家論」「万葉一統」の萌芽が在ったのだ。

名前: mail:

【6:86】おまいらとっておきの日本史の知識教えてくれ
1サボテン™◆OPENkphnk2:2015/06/25(木)21:38:30 ID:9TM
この板ならかなりマニアックな人たちが居るので聞きにきますた



77サボテン◆SABO/QvTSc:2015/08/03(月)17:03:58 ID:DYy
>>76
>ヴィトゲンシュタインと、ナチスドイツのアドルフ・ヒトラーは、同じ小学校の同級生。
これは調べた時に出てきましたね。。。

ほとんど知ってる人がいなかった。。。。
>倉田主税【日立製作所会長】(福岡県)
この人は工業の時間で名前を聞いたような

78黒霧芋マスター◆44v50wds0c:2015/08/03(月)21:40:37 ID:jX2
有名処しか知らないけど
恥ずかしながらカキコ

上杉謙信は女性だった?
(俺は信じてない)
山本五十六はフリーメイソンのシンパ?
(やや信じてる)
東京大空襲は旧日本軍の手引きだった。
(信じてる)

79名無しさん@おーぷん:2015/08/05(水)22:08:15 ID:7bI
http://www.d4.dion.ne.jp/~ponskp/yamato/technology/muzan.htm

旧大日本帝国海軍は、
『水(H2O)からガソリンができる!』
と信じていた。
炭素(C)が無ければガソリンなどできるはずもないのに……
さすがにこの当時、すでに「化学」の授業は行われていたし、元素記号の概念も存在した。
海軍兵学校でしっかり教えられたはずなのに。

80名無しさん@おーぷん:2015/08/11(火)22:07:16 ID:3UX
勉強になるわ

81忍法帖【Lv=42,ゾーマ(闇),O6j】サボテン◆SABO.../FKpz:2015/08/12(水)19:29:44 ID:S9l
あれ?返信できてなかったみたい
ではもう一度
>>78
有名!?
全く知らなかったorz
>>79
科学音痴ワロタ

82名無しさん@おーぷん:2015/08/12(水)23:56:09 ID:Fcp
>>81
ちなみに、海軍を騙したあの詐欺師、先に陸軍に話を持ちかけに行ったんだよね
でも陸軍では、さすがに水からガソリンができるなどとにわかに信じられず、
実験をさせてみても怪しげな所が多々有ったので「詐欺師」と断定して相手にしなかったの

海軍がそんな詐欺師を相手にして実験を行うと聞いて、
「そいつ詐欺師だから!ウチで行った実験結果を見せてやろうか?」
と親切にも提案してくれたにも関わらず、海軍は、
「余計なお世話だ!」とはねつけて実験を決行

結果的に大恥をかく始末となっている

83名無しさん@おーぷん:2015/08/13(木)00:07:18 ID:sfL
この手の陸海軍の対立は諸外国でもよく見られることだけど、
日本の場合「ムラ社会意識」も手伝ったのか、かなり酷かったみたい

陸軍「ドイツから最新式航空機と航空機用エンジン買ったぜぇ!」
海軍「陸軍に負けられるか!ウチもドイツに発注だ!」
ヒトラー「日本の陸海軍は敵同士かw」

陸軍「太平洋の島々の前線に補給してほしいんだけど」
海軍「制海権も制空権もないから無理」
陸軍「潜水艦使えば、敵に見つからないで補給できんじゃん」
海軍「そういう船じゃねーからこれ!そんなことより艦隊決戦したいんだけど!決戦!」
陸軍「てめえらの方から泣きついておきながら、前線の兵士を見殺しにすんのか、タコ!」
海軍「ああ、そこまで言うんなら、てめえらに潜水艦くれてやるから、てめえらで運用しやがれ!」
陸軍「うるせえ!こうなったら海軍の施しなんか受けるか!こっちはこっちで独自に潜水艦作るかんな!」

そんなこんなで、帝国陸軍は「補給用潜水艦」という、世にも珍しい存在を開発させましたとさ

http://dic.pixiv.net/a/%E3%81%BE%E3%82%8B%E3%82%86

84サボテン◆SABO.../FKpz:2015/08/15(土)16:01:02 ID:Go1
>>82
確かに陸軍と海軍仲があまりよろしくないっていうのは聞いたことがある
>>83
>ヒトラー「日本の陸海軍は敵同士かw」
これ好き

85名無しさん@おーぷん:2017/04/14(金)09:33:00 ID:F3K
>>77
夢野久作は「気違い小説家」ですぜ、旦那(褒め言葉)

本人はノンポリであったようだが、父親が政治マニアで、日本はおろか孫文の中国革命にすら援助しているような豪気な御仁。
自分の家の財産については全く無頓着だったようで、莫大な借金だけ残して他界してしまう。
当然、その借金は夢野久作の方に回っていき、久作は小説を書きながら必死に借金返済に取り組んだ。

そして何とかかんとか借金全額を返済し終え、その祝いとして編集者や取り立て人が集まって宴会をやろうという話になり、夢野久作がご挨拶。

「やっと終わりましたな、ご苦労さまでした。
いゃあ、これで・・・
あっはっはっ・・・」

と言って両手を挙げた瞬間、昏倒して死去。
脳溢血だったと言われる。享年47歳。残念。

なお、禅僧であり、陸軍の将校でもあり、詩人でもあり、郵便局長でもあったそうな。

86名無しさん@おーぷん:2017/06/28(水)13:02:47 ID:51X
>>69
http://tocana.jp/2017/01/post_11959_entry.html

今の地球は温暖化よりも寒冷化に向かってるって科学者も認め始めたな。
海流が一切何の影響も受けずに今まで通りに流れ続ける事を前提にした気候モデルとか、今までのバカ学者は一体何を考えてたのやら。
素人目でもそんな最悪な事態を想定しない気候モデルはおかしいと指摘するだろうに。

名前: mail:

【7:36】朝鮮併合は必要だったか否か?
※ID非表示スレ
1名無しさん@おーぷん:2014/07/06(日)22:14:20 ID:???
まず前提条件。

・日露戦争の結果と朝鮮併合には直接的に何の関係も無い

・当時の日本人は併合賛成論ばかりではなく、反対する勢力もかなり存在した
(伊藤博文、曾禰荒助、陸奥宗光、竹越與三郎等々……)

・朝鮮併合は日本の国益に何一つ役立っていない

・それどころか、在日朝鮮人問題やらその朝鮮人の選挙権問題やらに結びついている、日本の諸問題の原点である

・日本国は日本国民のために存在する

・日本国民の犠牲を強いる形で外国人に奉仕するのはただの国賊か売国奴である



27名無しさん@おーぷん:2014/11/05(水)01:19:58 ID:???
百済と新羅に割譲したり侵略されたりして喪失していた任那だけ買い戻して、あとは放置でよかった。
自国領だった北樺太と勘察加が日露戦争後もロシア領のままなんだから。
併合で丸抱えなんかしなければ、東北や北海道のインフラ整備が出来たし、ソ連が北樺太売却を持ちかけてくれた時、算盤勘定抜きで買い戻せた。
中華民国が満州売却を打診したときも現金を用意出来たんじゃないの。

28名無しさん@おーぷん:2014/11/05(水)03:28:19 ID:???
満州に関東州と満鉄付属地を持っている以上、
安全保障のために朝鮮なんか不要だった。
関東州と満鉄付属地の軍事力を徹底的に高めておけばシナもロシアも手出しできなかっただろう。
もしロシアが性懲りもなく朝鮮から日本侵略を狙ったとしても、関東州からウラジオストクを陥落させられただろう。
ロシアの軍事力は、ソ連が五カ年計画を成功させるまでの間、大幅に後退したのだから、朝鮮半島なんか「安全保障のため」などに必要なかったのだ。

日本がそれでも併合したのは、日本の「国防」とか「安全保障」とは何の関係もない。
朝鮮人に代わって近代化を「代行」してやろうという理屈でしかなかった。

なんで日本人の税金を使って朝鮮を近代化してやれば日本の国益になるというのか、
ぜひ説明してもらいたいものだ。

29名無しさん@おーぷん:2014/11/21(金)08:45:29 ID:???
あっちこっちに書き込んで世論を盛り上げるべき

・外国人参政権反対
・外国人労働者受け入れ反対
・生活保護の受給資格は日本国籍を持つものに限定すべき
・公務員の資格は日本国籍を持つものに限定すべき。

30名無しさん@おーぷん:2014/12/24(水)20:37:00 ID:???
たった今読んでいた本に、面白い逸話があったので紹介しておく。
山口重次 著『悲劇の将軍 石原莞爾』(世界社)
昭和27年=西暦1952年のサンフランシスコ講和条約が発行されるちょっと手前くらいに出版された本である。
これを読む限り、朝鮮人には「勤労の美徳」とか「労働観念」が全く存在しなかったと言わざるを得ない。
いかに現代韓国人が嘘つきか、
「朝鮮の民族資本がすくすく育っていたのに日本にぶち壊された」
とかいう妄言が、ただの妄想に過ぎないか一発でわかる。

ちなみに、この引用文の頃は、石原莞爾が朝鮮に赴任していた頃なので、明治45年から約2年間=1912年~1914年の間である。
要するに日本の併合から2~4年後。

以下引用。
(原文は旧かな、旧漢字だが面倒なので新かな、現代漢字)


 日本人の住むところでは、町村でも部落でも、額に汗してあくせくと労働していたが、朝鮮人自身は、そうではない。
純白の衣物をぞろりと着流し、オンドルの中で、長い煙管をくゆらしつつ、悠々とくらしていた。
物価はごく安く、そのころ一日五銭もあれば一家五人くらいは楽々くらしてゆけたが、それでいてしょっちゅう貧しかった。
守備隊で、使役をつのると、あらそって押しかけてくるが、二三日たつと、パッタリ来なくなる。
『どうして、休んだか』
『なあに、たべる銭があるうちは働かなくてもいいよ』
『でも、働けるときに働けば、お前たちのためになるではないか』
『それは日本人のことだ。私たちから見ると、日本人は、たべられるくせに、どうして毎日働くのか、その気持がわからぬ』
と、言った。
 李朝三百年の政治は、勤労精神や、蓄財の希望を奪い取って、卑屈な民族気質をつくりあげた。

31名無しさん:2015/01/29(木)18:35:35 ID:???
李朝時代の朝鮮人が怠け者だったのは事実だが「じゃあ、働き者になればいいのか」と言えばそれは違う。
少しでも蓄えが出来ると役人や両班が、カネを「借りに」やってくる。
もし断れば、でっち上げの罪で投獄され「罪を認めるまで」拷問だ。
もちろんお約束のようにカネは、返さない。
「一生懸命働いてカネを蓄える」など、しないほうがいいのだ。

32名無しさん:2015/02/02(月)22:23:47 ID:???
今や韓国は、外国人投資家(特にアメリカ)に支配されている。

第一身分→外国人投資家

第二身分→大企業の経営者(外国人株主に逆らえない)

第三身分→一般韓国人(急激に生活レベルが下がった)

日本も他人事ではない、大企業での外国人株主の比率は、確実に大きくなっている。

33名無しさん@おーぷん:2017/04/24(月)12:21:00 ID:???
日本の朝鮮統治が善政だった事と、日本の国益がどうこうってのは全然違うよな…
似て非なる物ですらない。全くと言って良いほど似ていない。
外国人の為に尽くせば日本人が苦しむ。それ当たり前。

34名無しさん@おーぷん:2017/05/03(水)22:33:17 ID:???
歴史にたられば言っても生姜無いが
結果論からしたら露西亜の南下を防げた点では有用だったと思う

日本が統治してなかったらたぶん今頃ロシア領だろうし

35名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)19:11:26 ID:???
>>34
日露戦争で既にロシアの脅威は追い払ってるじゃん。
あとは日英同盟を堅持しつつ、大英帝国の権威を根拠に朝鮮半島を永世中立国として世界中に認知させておけば良いだけの話だよ。

なお、ロシアの極東軍事力が回復したのは、第二次五カ年計画が成功した後だから、1930年代の後半だよ?
(事実、満州事変の頃は極東軍事力は皆無に等しく、さっさと無抵抗で満州全土から撤退している)
日露戦争とスターリンの軍部粛清のお陰で、極東ロシア軍は30年は使い物にならなかったんだよね。

もしもその間、朝鮮半島に無駄に投下していた資金をフル活用して満鉄付属地の要塞化や、
日本列島全土の近代化を推し進めておけば、
そうそう簡単にロシアの南下なんて起こるはずがないのであって。

36名無しさん@おーぷん:2017/05/06(土)14:54:46 ID:???
>>27
それは秀吉の時にやっておけばよかったんじゃないの?
散々攻め立てて足利政権と同じ肩書き貰っただけという結果であれば
その出兵費用で買収すれば倭の五王以上のものを寄越してきたんじゃないだろうか?

名前: mail:

【8:9】判官びいきされている日本史上の人物
※ID非表示スレ
1名無しさん:2014/03/30(日)20:08:11 ID:???
源義経、楠木正成、真田信繁が3強か?



2名無しさん:2014/03/31(月)09:52:48 ID:???
会津白虎隊

3名無しさん:2014/03/31(月)16:55:02 ID:???
坂本竜馬、西郷隆盛

4名無しさん:2014/04/01(火)07:29:56 ID:???
平敦盛。
熊谷次郎直実の行動もあって
見事な判官びいきになっている。

5名無しさん:2014/04/01(火)18:38:54 ID:???
新撰組、とくに土方と沖田

6名無しさん:2014/04/13(日)22:24:38 ID:???
徳川慶喜

7名無しさん@おーぷん:2014/05/08(木)13:13:03 ID:???
>>1

8名無しさん@おーぷん:2014/09/27(土)09:08:39 ID:???
吉田松蔭

9名無しさん@おーぷん:2017/04/14(金)10:21:53 ID:???
戦後になってからの織田信長の評価。
元々はそんなに高くは評価されてなかったというのに、
今じゃ「どうしてこうなった」状態の高評価なんだもんなぁ……

名前: mail:

【9:23】なぜ日本は滅びなかったのか
1名無しさん:2014/04/20(日)23:29:32 ID:ttkStZEzu
土壇場で神風吹いちゃうから?



14名無しさん@おーぷん:2016/07/01(金)23:30:45 ID:6C9


15名無しさん@おーぷん:2016/07/12(火)03:32:53 ID:jm7
>>7
その二つの国を統合してにほんなんだよ。
滅ぶとか以前の話だわさ。

16名無しさん@おーぷん:2016/07/13(水)00:52:44 ID:p9X
本国王と倭国王の関係が気になる

17名無しさん@おーぷん:2016/07/13(水)01:40:40 ID:p9X
亦曰本国みたいな記述が無いかとググったけと引っかからないな
漢文としておかしいのだろうか?

18名無しさん@おーぷん:2016/08/07(日)12:40:42 ID:vag
日本と中国の戦いが、日清戦争で日本が勝ったケースを除けば
攻め込んだ方が負けることを思うと、日本に攻め込むことが難しいってのが
有るんではないか? 

19名無しさん@おーぷん:2016/08/07(日)23:27:24 ID:Q6W
そういえば北から攻めこむって何でなかったんだろう?

20名無しさん@おーぷん:2016/08/11(木)20:19:45 ID:dyl
軍事的なお話だと、海洋国と大陸国の本質だろうね。
海洋国は海軍みたいに柔軟な発想だから、陸軍はその延長で中国を制圧出来た。
まぁ、結果は終戦で手放しなんだけどね。

北からの侵略、ロシア帝国はイギリス帝国より紳士の国を自負してたからじゃないの?
それが仇となって、間宮・近藤のコンボで、樺太北部制圧で終了。
戦後は火事場泥棒で北方領土をゲットしたけど、中韓の行き過ぎた占領したから、今の中国のジャイアンに気が気じゃないと思う。
日本が遅かれ早かれ国際司法に中韓対象だけでなく、ロシアも追加したら、世界的な威信を失墜するのは明らか。
必死な予防線工作しているよ。

21名無しさん@おーぷん:2017/04/14(金)09:43:31 ID:F3K
>>9
何よりも問題なのは、
「俺様は日本人なんだぜ~」
と言う以外に、何らの自信も無い下劣な連中が存在していること。

存在だけならともかく、ひたすら在日コリアンとか、海外在住の外国人とかこき下ろしているのを見ると虫唾が走る。
孫正義とかソフトバンクを批判するのは自由だが、お前さん自身は孫正義やソフトバンク並みに納税してるのか問いつめたい。

朝鮮系と言われる池田大作や創価学会が税金逃れしていると言われるが、
日本人や日本企業とて税金逃れを恒常的に行っていた事は問題になった「パナマ文書」に明らかだ。
なぜ日本人の脱税していた連中は叩かれないのか?

とこう書くと、たちまち「在日コリアンw」とか言われるネットの風潮。
「俺様は日本人だ!」と言う以外に何らの自慢も無い連中に反吐が出るのも当然では?

22名無しさん@おーぷん:2017/04/14(金)09:45:37 ID:F3K
>>15
いや、無理があるぞ、それ?
じゃあクマソやハヤト、エミシなんかは、「同じ日本人であった」と言うのかね?
日本書紀や古事記では、明らかに「異民族」扱いであり、討伐対象であったのだが。

23名無しさん@おーぷん:2017/04/14(金)09:48:00 ID:F3K
>>20
トルコと10回以上も露土戦争を行ってるロシアのどこが「紳士」だよ?
条約破りの常習犯じゃねえか。
江戸時代の日本に対してもレザノフが北方を荒らし回ったし、
対馬事件とか引き起こして日本人に死者も出してるんだが。

名前: mail:

【10:24】山本五十六の評価
1消費税増税反対:2014/03/17(月)02:31:09 ID:F4kMfJstw
山本五十六は名将か愚将か



15名無しさん:2014/04/09(水)19:48:01 ID:1pl6WCaSb
馬謖ってダメだたん?
孔明に買われてたんでわ?

16名無しさん:2014/04/10(木)04:09:55 ID:ju3nNl6JP
>>15
劉備には「あいつには大事を任せるな」と口だけの輩と見抜かれてたよ

17山崎渉◆lPjZXnt732:2014/04/11(金)20:10:08 ID:nvE48hnGl
叔母さんとこに山本元帥からの葉書が有った。叔母さんもとっくに亡くなって、今はどこのあるのかわからない。

18名無しさん@おーぷん:2014/06/22(日)21:26:00 ID:CEgeGaKRI
「あ号作戦」ってのはどうなんかな。

失われた四隻の正規空母を補填する意味で、陸上航空基地から、攻撃機を発進させ、ニューギニアの戦線を打開すると言うアイデアだ。

しかし、航空機燃料と爆薬、爆弾外装の資材である金属資源等を節約しながら、ニューギニア戦線を維持出来るものだろうか?

もし、湯水の如く、爆撃機を発進させらるなら、護衛機として、後離距離はゼロ戦、月光は申し分ないのだから、燃えやすい一式ライターであろうとも、敵ポートモレスビー基地を草も生えぬ焼土と化せしむる事が出来たであろう。況んや、ガダルカナル如きをや、だ。

山本元帥のなすべき事は、帝国の資源をニューギニア戦線に集中させる、に尽きていたはず。その意味から、率先して、海軍自ら、あらゆる局面で、戦艦打撃部隊を惜しまず投入して見せてほしかった。艦隊保全主義を改めず、予算と資源供給を大本営に要請しても、通るまい。

19名無しさん@おーぷん:2014/07/31(木)09:42:40 ID:ZVJsmsr1t
艦隊派なんだよな

20名無しさん@おーぷん:2014/10/02(木)21:39:12 ID:2vnS7q3D9
大日本帝国万歳

21名無しさん@おーぷん:2014/10/02(木)23:09:06 ID:AScsDBrXj
条約派から寝返った

三国同盟に反対したってのも果たして褒められるべきことかねえ?
この頃の親英米派の弱点は二つあった

1、「どうやって英米と仲良くするのか具体例がない」
2、「仮にうまく行って英米と仲良くなっても未来永劫仲の良いまま推移するとは信じられない」

この二点を突破できなかった以上、山本が信用されなかったのは当然なんだよな。

ナチスドイツと言えばとてつもない人種差別国家のように思われがちだが、
少なくとも当時のアメリカよりは【はるかにマシ】だったとさえ逆説的に言える
というのは、少なくともヒトラーにしろ、ヒトラーの書いた『我が闘争』にしろ、実際のナチスドイツの行動にしろ、
少なくとも日本人を【我々白人と同じ人間】として認めていた
『アーリア人の産み出した文化のコピーしか能のない二流民族』
とは書いてあったが、それであっても、
そもそも【同じ人間】扱いしていなかったアメリカの酷い人種差別よりは百倍マシだったのだ。

山本の部下で、なぜか賛美される事の多かった井上成美はドイツ語ができたので、原著でヒトラーの我が闘争を読み、日本人差別的な箇所を示して海軍中堅幕僚たちを黙らせたという逸話があるが実際はほとんど逆だった
つまり中堅幕僚の方が、
『英米はそもそも日本人を人間扱いしていないではないか』
と問い詰め、井上は一言も答えられずに絶句したのだ

22名無しさん@おーぷん:2014/10/02(木)23:10:46 ID:AScsDBrXj
結局ドイツと手を組むのなら
もっと戦略的に
そしてスピーディーにドイツと組むべきだったろう

そっちの方がはるかに日本の国益だって守られたし
日本に有利な条件で同盟を結べたに違いないのだ

23名無しさん@おーぷん:2015/09/02(水)23:51:27 ID:vNm
愚将とまでは言わないが凡将

ミッドウェイ
米機動部隊撃滅と島嶼攻略の優先順位があやふやで
現場は大混乱の上大敗

その後のガタルカナルでの消耗戦
国力で劣る日本が一番やっちゃいけないことをやってしまった

24名無しさん@おーぷん:2017/04/07(金)08:27:09 ID:1G5
インド洋から連合艦隊を引き抜いた時点で愚将。
しかも陸軍やドイツに花を持たせたくなかったというだけの私欲だったのだから。

名前: mail:


新規スレッド作成
タイトル:
名前: mail:

スレッドをもっと見る(11~)
おーぷん2ちゃんねるの投稿は著作権を放棄しパブリックドメインとして公開しています。
まとめブログやウェブサイト上で自由に転載・創作を行えます。

おーぷん2ちゃんねるに関してのお問い合わせは こちらまで
2017 satoru.net