open2ch.net
携帯で見る

日本史@おーぷん2ちゃんねる

ローカルルールの議論・経過についてはwiki
おーぷん初心者はよくある質問と回答を見てね
板一覧 | ヘッドライン | ランキング | 履歴

設定
レス順 | 作成順   
1: 信長だいすゅき (91) 2: 幕末の有名人のご先祖様は何してた人? (9) 3: 南進論選んだ大日本帝国www (286) 4: 日本神話にシモネタが多いのはなぜなのか (3) 5: 歴史学科に入学が決まった無知な俺におすすめの歴史本教えてくれ (17) 6: 【皇国史観】日本の起源を語ろう【戦後史学】 (15) 7: 後北条氏時代の江戸 (22) 8: 復興!周王室(天子)!倭人は呉の末裔か!?vol.6 (14) 9: 雄略天皇【武】  (13) 10:客観的に憲法今まで改正なしって凄くね (20) 11:おまいらとっておきの日本史の知識教えてくれ (91) 12:【幕藩体制】江戸幕府その1【徳川氏】 (222) 13:官位について語るスレ (40) 14:日本史雑談スレ (377) 15:【源氏】鎌倉幕府part1【北条氏】 (11) 16:継体天皇について執拗に語ろう (16) 17:朝鮮併合は必要だったか否か? (36) 18:判官びいきされている日本史上の人物 (9) 19:なぜ日本は滅びなかったのか (23) 20:山本五十六の評価 (24) 21:梶原景時がいなかったら鎌倉幕府安泰説 (4) 22:北条が秀吉に臣従してたら (60) 23:残っていたらいいなと考える史料 (9) 24:明治天皇の子孫について (6) 25:おっさんのやり直し日本史を生暖かく見守るスレ (301) 26:【急募】関ヶ原〜大阪冬の陣夏の陣に詳しい人 (4) 27:太平洋戦争までを簡単に (4) 28:任那日本府についてのんびり語ろう (17) 29:日本史テスト単語まとめ (26) 30:狗奴国に自信ニキ (14) 31:北条時行「どうすりゃいいんだ」 (1) 32:阿衡の紛議ってさ (3) 33:藤原氏で最も優秀だったのは誰か (5) 34:日本の「海賊・湖賊・水軍」などに関して大雑把に語ろう (11) 35:神武天皇と日向三代【神武東征】 (50) 36:ゆるーく日本史を語るスレ (3) 37:【高校日本史】 因果関係を明確にした学習整理 (3) 38:【賤】穢多・非人・番太・山窩について語ろう【民】 (15) 39:戦国時代初期が好きな奴おるんか? (9) 40:この人何した人ですか? (2) 41:★__ 【幕末】日本史上最悪の大罪【長州】 __ (12) 42:_  【錦の陣羽織】会津藩vs長州藩【錦の御旗】  _ (17) 43:後白河法皇を追憶するスレッド (10) 44:古代史に登場する神社仏閣や地名の今 (16) 45:纒向遺跡(纏向遺跡・巻向遺跡)について語ろう (10) 46:院政についてのんびり語ろう (6) 47:岩倉具視卿の生涯を振り返るスレ (15) 48:古代の豪族 (18) 49:歴代将軍で一番優秀だった人 (7) 50:【花の御所】室町幕府スレ1【足利氏】 (8) 51:【神話】出雲と大和【歴史】 (21) 52:喜連川藩(徳川家の臣下だったのかどうか判然としない) (14) 53:日本史上の人物の趣味・特技を語るスレ (39) 54:織豊政権の兵農分離は本当に優れものだったか? (7) 55:戦国時代にキリスト教の代わりにイスラム教が伝来していたら (24) 56:日本は世界で最も成功した社会主義国って本当? (28) 57:宗氏(対馬島主)および対馬の歴史 (34) 58:福岡の歴史好きに質問なんだが (20) 59:平安時代について語ろう (10) 60:【平城京】奈良時代について語るスレ【天平文化】 (2) 61:俺の先祖が結構有名な武士だった (12) 62:【讃岐・阿波】四国の歴史スッドレ【伊予・土佐】 (21) 63:日本史の名言、名シーン、名台詞をあげるスレ (22) 64:「高天原実在説」をとる人がその所在地を推測するスレ (27) 65:戦国時代の大阪の武将を語るスレ (14) 66:交野市の歴史について語ろうぜ! (25) 67:お前らが伊達政宗について色々俺に教えるスレ (19) 68:江戸時代の里子と家の関係 (2) 69:クレクレ厨のモアモアプリーズについて (6) 70:足利義教公 (16) 71:【婆娑羅】佐々木道誉part1【大名】 (2) 72:幕末を除く江戸時代の「朝幕関係」について語ろう (1) 73:CHAGEandASKAについて語るスレ (14) 74:◆この板の自治雑談質問相談投票スレ立て依頼総合★1 (6)  
スレッド一覧   過去ログ   ごみ箱(仮)

【1:91】信長だいすゅき
1名無しさん@おーぷん:2018/07/13(金)23:29:48 ID:G2X




82名無しさん@おーぷん:2018/09/28(金)02:11:28 ID:b52
上代特殊仮名遣ってのが曲者だよね
8母音とか言われてるけど母音の万葉仮名に甲乙の文字なんてない
それでいて使い分けてない古史古伝を後世の偽書扱いするんだから支離滅裂
それこそこの人ならこうは書かないという偽造対策なんだという方が理解できる

83名無しさん@おーぷん:2018/10/01(月)22:19:44 ID:RUh
>>82

遅レスメンゴ

先代旧事本紀だが、ソースになる源資料が今も何処かにあるんジャマイカ。
蘇我氏だけが記録を独占していたとか、ダウト過ぎ。
公開出来ないような事が記述されてるのでは?
きっと、何度か用紙劣化の為に写本(転記)が繰り返されてると推察する。
「何処に保存されてるのか?」ってかい?
賢所だと思う。

84名無しさん@おーぷん:2018/10/11(木)06:12:19 ID:Upd
賢所なら江戸城西ノ丸が明治6年に焼失した時に灰になってないだろうか?
公開できないような資料なんかを持ちだしても誰得だろうしなあ

バックアップが簡単にできるデジタル時代でさえ皆油断して電子の藻屑化したデータは少なくないと思う

85名無しさん@おーぷん:2018/10/15(月)20:54:57 ID:4Yx
先代旧事本紀は9世紀に成立した、とされる。
平安遷都、794年、
聖武天皇即位、724年、
日本書紀成立、720年、
古事記編纂、712年、
奈良遷都、710年、
蘇我蝦夷、入鹿親子の遭難、645年、

蘇我氏嫡流滅亡の645年、大化の改新発令の年に蘇我氏邸宅炎上によって保管されていた「天皇記」、「国記」が焼失した、とされる。
一次資料群が蘇我氏邸宅敷地内にあったとしても一部は救出された可能性がある。
また、他の場所でも保管されていたであろう。
それらの再編纂の道程が古事記、712年であり、日本書紀720年であるとすれば、806(延暦25年or大同元年)には既に成立されてとされる「先代旧事本紀」は国の鑑(かがみ)編纂事業のアンカーの地位を占める史書であった事が推測される。
序文だけが難点で本文は一次裾野的一次資料と言うマスクデータに立脚している可能性は否定しきれない。
そうして、そのマスクデータたる一次資料自体が〝地球上の何処かに〝保管されていると私は思う。
〝地球上の何処か〝と申すのは、欧州の古い銀行のプライベート金庫に保管されている可能性も考慮したのである。
1945年3月の東京大空襲以後、本土決戦の可能性も想定し、中立国に運び出した可能性だ。
それは考え過ぎだとすれば、皇居か伊勢、熱田、出雲の三社殿の何処かと考えるべきだろう。

86名無しさん@おーぷん:2018/10/15(月)21:02:09 ID:4Yx
>>85の訂正。
文中なかほど、

>本文は一次裾野的一次資料と言うマスクデータに立脚
↑ X

>本文は裾野的一次資料と言うマスクデータに立脚
↑ ◯

タイピングのミスでした。申し訳ありません。

87名無しさん@おーぷん:2018/10/15(月)21:57:06 ID:4Yx
たまたま、今は十月だが、勤め先の休憩室に掛かっている電力会社から配られたカレンダーを眺めていると英語でoctober、その上に漢字で神無月と小さな文字で印刷されていた。
神無月と言う言い方は現行カレンダーで今もひっそり、しかし、紛れもなく、健在なのだ。
これは何を意味する?
12ヶ月で1ヶ月間だけ、八百万の神々が出雲の一堂に於いて会する、(出雲以外は神々の留守で神無月)と言う答えは一応、及第。
本当はもっと、深い意図が隠されている。
八百万の神々が年に一度、一堂に会する地とは、神界の宗主権の在りかを暗示している。
出雲大社こそが八百万の神々の潜在主権社(やしろ)である、と言うのが我が神道のオフィシャル解釈なのだ。
国譲り神話があるにも関わらず、である。
記紀(国譲り神話)は筆授の伝承(いわば、成文法典)。
中世以降の俗説とされる神無月の語源は俗説であるが故に公式な典拠を有せざる慣習法、いわば、以心伝心の面授。
俗説であるとアカデミズムに一刀両断される体裁を採る事によって、不文律、慣習法典、以心伝心の直観的伝承を達成していると見た。
現実に出雲では神有月と呼んでいるのだからね。
この民間神話伝承プログラムを設計したのは先代旧事本紀の元ソースを所有していた神官たちだろうね。

88名無しさん@おーぷん:2018/10/15(月)22:02:23 ID:4Yx
法学の伝統では慣習法も立派なオフィシャル法と解釈される。

89名無しさん@おーぷん:2018/10/15(月)22:56:57 ID:4Yx
出羽三山(月山、羽黒山、湯殿山)信仰と言うのは古神道で、信濃の諏訪大社もそうだ。
古神道とは縄文人社会オリジナルの信仰文化に外来の宗教インスピレーションが被(かぶ)さって成立したと思われる。
古代縄文人社会に外来の宗教インスピレーションが流入する経路は陸路と海路が想定されるが、沖縄の看過牛の習俗を例に採れば明らけく、海路を辿って到達したものであろう。

90名無しさん@おーぷん:2018/10/17(水)01:31:47 ID:dOw
>>87
一同に会する神々というのは実際にあった話なんじゃないかと思うね
盆暮れの帰省ラッシュがいつ始まった話なのかは知らないけれど、参勤交代だって基本的には守が集う話だし
稲荷が市役所なら出雲大社は国会にあたるわけで、話してたことは色々あったんだろうけど、基本的には縁結びだったんじゃないだろうか?

91名無しさん@おーぷん:2018/10/17(水)01:48:26 ID:dOw
で、それだけの移動があれば文字通り道ができていたはず
そういえば古代の大道は真っ直ぐなんだけど終点に街じゃなくて古墳があったりするんだよな、そういうところで陳情かなんかしてたのが参拝のルーツだったりして
明治期の鉄道なんかも参拝客の為に作られたものが多い気がする、出資が集めやすいんだろうね

名前: mail:

【2:9】幕末の有名人の ご先祖様は何してた人?
1名無しさん@おーぷん:2018/08/31(金)18:16:01 ID:uMX
 直系血族って結構続かないって話だけど実際どうなんだろう? 

 そんな暇つぶしから始まった本スレです



2名無しさん@おーぷん:2018/08/31(金)18:21:01 ID:uMX
直系血族の定義ですが 養子で入った場合は養子先になります。 

幕末は階級が 低い人がいて 歴史をたどることができないと思いますので手堅く 藩主から進めます。

3名無しさん@おーぷん:2018/08/31(金)18:21:44 ID:uMX
【1】薩摩藩 
 
 島津家 

 江戸幕府を倒す原動力となった藩。 
 鎌倉時代からずっと続く武門の家。 
 この家が鹿児島県との歴史とも言うべきでしょうか。 

 結果→ 血脈絶えず 島津義弘。

4名無しさん@おーぷん:2018/08/31(金)18:24:00 ID:uMX
【2】長州藩  

 毛利家 

 薩摩藩島津家と同じく幕末で活躍した藩。現在の山口県を治めている。 

 結果→ 血脈たえず毛利元就までいきつく。   

5名無しさん@おーぷん:2018/08/31(金)18:26:13 ID:uMX
【3】肥前藩 

 鍋島家 


 明治維新で優遇された薩長土肥のうちの一翼。 
 現在の佐賀県を治めていた。  
 
 結果→血脈絶えず 鍋島直茂までたどり着く。

6名無しさん@おーぷん:2018/08/31(金)18:28:27 ID:uMX
【4】 土佐藩 

 山内家 

 関ヶ原の合戦で 現在の 高知県に入封した山内一豊の藩 

 結果→ 初代藩主山内一豊の弟の一族。 

7名無しさん@おーぷん:2018/09/01(土)04:16:22 ID:7Vx
【5】芸州藩 

 浅野家  
 
 長州藩に隣接する大藩。 現在の 広島県おさめる。 
 関ヶ原の戦いで対抗のあった福島正則が 統治していたが 武家諸法度に引っかかって その後を紀伊藩から転封となり統治。 

 結果→ 血脈たえず浅野長政までたどりつく。

8名無しさん@おーぷん:2018/09/01(土)04:20:21 ID:7Vx
【6】福山藩 

 条約改正で奮迅した 老中 阿部正弘の一族。 

結果→ 最後の藩主は 隣接する浅野長政。 
    先の藩主に 子供がいなかったので 明治政府との掛け合いとなった。 
 先の藩主までは 戦国時代にまで遡り 関ヶ原の戦いまでは 五千石を領する阿部正勝の 家系である。 
 残念ながら信長の野望には出てきません。

9名無しさん@おーぷん:2018/09/04(火)19:01:58 ID:N0h
【7】 彦根藩  
   

 徳川四天王 の一人 井伊直政がおさめた藩。 
 幕末に直弼が安政の大獄に よって反感を買う 桜田門外の変で死亡。 
 その後彦根藩は勤王の藩となり 幕末を乗り切る。 

 結果→ 井伊直政まで遡る

名前: mail:

【3:286】南進論選んだ大日本帝国wwwww
1名無しさん@おーぷん:2017/09/02(土)11:40:28 ID:feM
【天才】【北進論】大日本帝国陸軍 ➡︎ 
昭和16年7月7日 関東軍特種演習で85万の軍勢を展開。
ドイツ軍の作戦「タイフーン作戦に」合わせてソ連に宣戦布告する
予定だった、ドイツのヒトラーと外務大臣リッべントロップから矢
のような催促が日本に来ていた。日本の勝利条件はシベリア軍団を
5ヶ月ほど足止めするだけ
(その前提で昭和9年から満州に9つの要塞を建設、最大は虎頭要塞)

【馬鹿】【南進論】大日本帝国海軍 ➡︎
 昭和16年12月8日 真珠湾攻撃 日本の勝利条件 
連合軍に勝って降伏させること



277名無しさん@おーぷん:2018/07/09(月)05:44:21 ID:cLz
>>1ははっきりと


  昭   和   1   6   年

と書いており、日米戦争の時代の話であると書いてあるのだが、
気違いにはこれが「明治の話」に見えるらしいw

昭和16年は明治時代だったのかよwww

278名無しさん@おーぷん:2018/07/09(月)05:44:54 ID:iTC
>>275
戦時中じゃいつだかわかりませんよ、ドローン否定派ですか?

279名無しさん@おーぷん:2018/07/09(月)05:46:07 ID:iTC
>>59の話が明治時代なのがわからないおばかさんなのですね

280名無しさん@おーぷん:2018/07/10(火)02:29:49 ID:r5o
>>278
昭和16年にドローン技術があったんですか~

281名無しさん@おーぷん:2018/07/10(火)02:31:54 ID:r5o
さっさと質問に答えてくれませんか?

「人が乗せられない=人間以上に重い機銃も爆弾も魚雷も積めない飛行機で、どうやってアメリカの戦闘機や爆撃機、空母や戦艦を破壊するんですか?」

たった一行の問いにすら答えられないんですか?

282名無しさん@おーぷん:2018/07/10(火)02:34:43 ID:r5o
わずかたった一つの問いにすら答えずに論点をすり替えて逃げ回ってるのは「お前」ですからね?
二宮忠八がどうこうなんて話は関係ありません。

『戦時下で、人が乗せられない飛行機に何の意味があるか?』

問題なのはここだけです。
意味がないなら、こんな話を持ち出す事自体ナンセンスです。

283名無しさん@おーぷん:2018/07/10(火)02:41:32 ID:r5o
>>279
馬鹿ですか?
>>59の話は>>57の話を踏まえての書き込みじゃないですかw
>>57はハッキリと、

>鰯油で飛行機が飛びますか?
>松根油以上に現実味無いですよね?

こう書いてます。
松根油なんて使い始めたのは昭和20年の戦争末期の時期ですよ~www

284名無しさん@おーぷん:2018/07/10(火)02:48:59 ID:r5o
まあ、昭和16年時点でドローン技術が有ったと思ってるような「気違い」じゃ話になりませんけどwww
ドローン技術が存在したなら、特攻隊を無人で飛ばせば良かったじゃないですか。
何で人間が必要だったんだ?ドローン技術があるんだろ?お前の妄想では。

285名無しさん@おーぷん:2018/07/10(火)02:59:42 ID:H8n
鯨油なんてペリー来航の頃の話じゃないですかやだー
明治時代から考えてればヘッセルマンエンジンみたいなのがもっと早く出てきて研究が進んだんじゃないかって話でしょ?

286名無しさん@おーぷん:2018/07/15(日)19:36:04 ID:wnR
>>282
人が乗せられない飛行機って要するに飛行模型でしょ?
模型の意味は百聞は一見にしかずということで、文字でいくら主張しても信じられない人でも動作が一目瞭然だから開発援助を獲得しやすくなる事にあるのだけど、
その動作原理が実機と同じものだということを理解できない科学音痴には人間が空を飛ぶ話とは関係ない只のオモチャにしか思えなくて猫に小判というだけの話だな

まあ戦時下とは言っても日清戦争の頃の明治の話で、現代とは違って飛行原理は知られてない未発見の時代なんだから仕方がないね
飛行機で人が死ぬ時代になってから本人が話をする機会があったようで、その昔話通り軍で発見された設計図を技師に見せたらちゃんど飛ぶ設計だとわかって却下した軍人が誤りだったと謝った歴史ぐらいは知っておくべきだけどさ

名前: mail:

【4:3】日本神話にシモネタが多いのはなぜなのか
1名無しさん@おーぷん:2018/06/05(火)14:51:01 ID:CB8
なぜなのか



2名無しさん@おーぷん:2018/06/20(水)12:37:40 ID:20C
降臨した神々と、それを祭り上げた連中が、そういう性格だったから。

3名無しさん@おーぷん:2018/06/20(水)17:43:09 ID:mhS
勢力を拡大するには人材が必要だからね
それを支えられるだけの豊かな大地だったのかもね

資源が少ないと奪い合いになるから禁欲的なものになるのではないか?
まあ人間満たされすぎても幸福を感じない莫迦になってしまった的な贅沢な悩みは尽きなくて
禁欲も大事だという話になるみたいだけれども
そんなことを考えてしまう程には自然は退屈させてくれなかったのではないかな?
少なくとも災害で減った分は補わないと滅亡するんだから子孫繁栄は大事

名前: mail:

【5:17】歴史学科に入学が決まった無知な俺におすすめの歴史本教えてくれ
1名無しさん@おーぷん:2016/02/15(月)17:06:06 ID:M6E
時代や国は問わず



8名無しさん@おーぷん:2016/02/17(水)12:12:33 ID:SGx
>>7
小林よしのりでオススメと言えば、
戦争論(1)、2、3と、『台湾論』、『沖縄論』、そして最近出版された『新・戦争論1』

この辺りが歴史モノの本

9名無しさん@おーぷん:2016/02/21(日)05:00:21 ID:tkX
網野善彦『日本の歴史を読み直す』
おすすめやで

10名無しさん@おーぷん:2016/02/21(日)12:09:02 ID:YpD
>>9
それ良い本だけど、入門としては取っつきづらくない?

11名無しさん@おーぷん:2016/03/03(木)19:05:27 ID:bW9
まずは実証主義の立場に立った方がいい。人に説明するとき説得力をもって話す力がつく。
あとは岩波の日本通史だったか歴史講座だったか、通史的な研究をまとめた本をよんで歴史学とはこういうものだ、と認識しといた方がよい。
とにかく、右や左と言う前に研究の仕方を知っといた方がいい。
ネットにあるような知識のひけらかしあいじゃないから

12名無しさん@おーぷん:2016/04/02(土)16:43:33 ID:Poo
>>9
これは絶対読んどけ

13名無しさん@おーぷん:2016/04/02(土)16:46:51 ID:Poo
論文とか読むのもいいけど早いうちから史料の読み方を勉強しておくといいよ

歴史を研究していくにあたってぶっちゃけ高卒レベルの歴史の知識も必要ない

14名無しさん@おーぷん:2016/04/02(土)16:48:43 ID:Poo
連投ですまんけど歴史学とはどういうものかを早め早めに知ろう

15名無しさん@おーぷん:2016/08/11(木)10:24:33 ID:dyl
近現代史が好物、学びたいならば、このブログも読んでおけば?
基礎知識があれば、かなり惹かれる内容が多い
ただ更新が月8~9回は学生さんだからかな
http://goo.gl/E4lvBk

16名無しさん@おーぷん:2017/03/15(水)09:47:58 ID:Xh9
>>13
の言う通り専攻に進んだらある程度は要るにしろそんなに知識はいらないし正直広くは必要ない。
卒論とかを目指していくなら尚更広く知ってる必要ないからできるだけ早いうちから
専攻か興味あることに絞ってそういう類の本をよむほうが良い。

余裕があれば他に手を出すくらいで

17名無しさん@おーぷん:2018/04/20(金)02:34:26 ID:cga
http://youtu.be/_l2DBWPBa_A

名前: mail:

【6:15】【皇国史観】日本の起源を語ろう【戦後史学】
1名無しさん@おーぷん:2015/11/10(火)19:15:50 ID:FB5
【日本】とはいったいいつできたのか?

神武天皇即位年からなのか?
ヤマト王権誕生時なのか?
明治政府誕生年からなのか?
大戦後の主権回復時なのか?

既存の学説でもあなた独自の説でもいいので書きこんでください。



6名無しさん@おーぷん:2015/12/20(日)09:11:10 ID:I1N
>>3
称号が変わっただけで建国年とはいえんやろ
大変換点ではあるかもしれんけど

7名無しさん@おーぷん:2015/12/20(日)09:48:18 ID:2KG
>>6
対外的、少なくとも対中国に於いては、倭ではなく「日本」という国になった、
そして中国皇帝の「属国」ではなく、「対等の天皇」が対等の中国皇帝に使いを送ると公式に宣言した契機ではある。
確実に年数も特定出来るし。

8名無しさん@おーぷん:2016/02/06(土)12:12:00 ID:dxo
>>3
そういう説はフェミ系の学者が唱えて一時的に受けてたけど
女系論と女権論を意図的にごっちゃにしたもので
学問的でない。政治的プロパガンダだよ

9名無しさん@おーぷん:2016/02/06(土)12:16:31 ID:dxo
日本も天皇も天武天皇からだろ、言葉それ自体は。
日本が持統天皇とか初耳、そんな説あるか?

10名無しさん@おーぷん:2016/02/06(土)12:18:06 ID:dxo
天皇と書かれた木簡が出土してるのに
いまだに大宝律令説? 古い学説じゃね?

11名無しさん@おーぷん:2016/02/07(日)17:57:30 ID:qcf
「天皇」という称号を制定したのは天武五年(676年)
倭国から日本国に国号を変更したのは天武十二年(683年)

12名無しさん@おーぷん:2016/06/02(木)19:13:18 ID:hT8
持統が中継ぎしたようにみえて、本当の中継ぎは大海人皇子なんだよな
天智天皇がバックレた後に壬申のクーデターを演出することで色々とウヤムヤにできた事が多いような気がする

13名無しさん@おーぷん:2018/02/04(日)16:08:07 ID:2uI
大化の改新がなかった場合、この辺ってどうなっていたの?

14名無しさん@おーぷん:2018/06/03(日)08:00:13 ID:J7l
>>13
蘇我氏が天皇になっていた

15名無しさん@おーぷん:2018/06/10(日)17:04:45 ID:4df
日高見国由来説ってある?

名前: mail:

【7:22】後北条氏時代の江戸
1名無しさん@おーぷん:2017/09/09(土)09:56:06 ID:Ds0
史料となるのは分限帳や寺社の記録その他



13名無しさん@おーぷん:2018/03/29(木)01:09:16 ID:xCp
太田道灌公の足跡
http://www.asahi-net.or.jp/%7Ejt7t-enmt/index1/oota.html

14名無しさん@おーぷん:2018/03/29(木)01:10:25 ID:xCp
後北条氏時代の江戸には寺町が複数あった
今の麹町の局沢や
芝や浅草等に

15名無しさん@おーぷん:2018/03/29(木)08:30:11 ID:ueR
徳川家康と城 第3回 | 家康入城以前の江戸はさびれた漁村だったのか
https://shirobito.jp/article/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%AE%B6%E5%BA%B7%E3%81%A8%E5%9F%8E%20%20%E7%AC%AC3%E5%9B%9E%20%7C%20%20%E5%AE%B6%E5%BA%B7%E5%85%A5%E5%9F%8E%E4%BB%A5%E5%89%8D%E3%81%AE%E6%B1%9F%E6%88%B8%E3%81%AF%E3%81%95%E3%81%B3%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%BC%81%E6%9D%91%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%8B

>戦国大名北条氏の重要拠点の一つで、
>城下町もそれなりに発達していたのである。
>「江戸は砦のある漁村」といったイメージはこの際払拭する必要があるのではなかろうか。
>前述岡野友彦氏が指摘されたように、
>江戸は浅草からはじまる利根川・常陸川水系と、
>品川からはじまる太平洋海運とを結ぶ結節点に位置していたわけで、
>江戸が平安時代から中世を通じてある程度発達していた点をみておく必要があるように思われる。

小和田哲男先生はこう語っている

16名無しさん@おーぷん:2018/04/30(月)11:37:00 ID:yBT
小田原衆所領役帳 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%94%B0%E5%8E%9F%E8%A1%86%E6%89%80%E9%A0%98%E5%BD%B9%E5%B8%B3
当時の江戸の範囲が分かる史料

東京市史稿
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1915622
この182コマから192コマに
小田原衆所領役帳の江戸の部分が大体載ってる

17名無しさん@おーぷん:2018/04/30(月)11:38:51 ID:yBT
後北条氏時代の江戸の範囲は今の23区の半分くらい
山手線圏内は大体当時から江戸で
浅草~銀座や練馬区豊島区も当時から江戸

18名無しさん@おーぷん:2018/04/30(月)11:42:47 ID:yBT
名称は今の名称だけど
街道も鎌倉街道や川越街道や大山街道や中原街道があるし
後北条氏は駅伝を復活させたり
当時から陸上交通網も発達していた

19名無しさん@おーぷん:2018/04/30(月)11:47:24 ID:yBT
品川歴史館特別展
https://ebarahist.exblog.jp/9017288/
室町時代の史料の事も書いてあるけど
品川湊の事務的な記録で
既に伊勢方面からも商船が来ていた事が分かっている

20名無しさん@おーぷん:2018/05/31(木)23:31:00 ID:l72
鎌倉街道 平安後期からある
川越街道 太田道灌時代に完成
中原街道 後北条氏が再整備
大山街道 〃

これらの街道が後北条氏時代の江戸でも
幹線道路として存在していて
宿場町があったり等
水運だけではなく陸運も発展していた
あと後北条氏は駅伝制の復活も行ったな

21名無しさん@おーぷん:2018/06/01(金)03:13:49 ID:P5K
>>20
鎌倉街道って東山道と並走してるのが不思議だな
現代なら渋滞でバイパスとかよくあるけど、なんで廃道でわからなくなるほど使われなくなったんだろう?清水国道じゃあるまいし

22名無しさん@おーぷん:2018/07/23(月)23:30:49 ID:UaG
>>21
東山道武蔵路は
武蔵国が東海道に所属替えになった後も300年くらいは
街道として使われていたようだね

ただ勝呂廃寺等
結構大きな寺が廃寺になったり
その他東山道武蔵路沿いに廃寺がある程度あったり
平安末もしくは鎌倉時代前半くらいに
武蔵国西部で何かあったのかもしれない
それで古代の官道のような街道の維持が難しくなったのかもしれない

あと鎌倉街道は今でもある程度道が残っているね

名前: mail:

【8:14】復興!周王室(天子)!倭人は呉の末裔か!?vol.6
1名無しさん@おーぷん:2014/06/04(水)22:57:25 ID:8bBNeaDz9
男子無大小、悉黥面文身。自謂太伯之後(晋書)
倭者、自云太伯之後。俗皆文身(梁書)

神武天皇は入れ墨をしていた!

過去スレ
復興!周王室(天子)!倭人は呉の末裔か!?
http://unkar.org/r/history/1189507021
復興!周王室(天子)!倭人は呉の末裔か!?vol.2
http://mimizun.com/log/2ch/history/1206938431/
復興!周王室(天子)!倭人は呉の末裔か!?vol.3
http://logsoku.com/thread/academy6.2ch.net/history/1225586417/
復興!周王室(天子)!倭人は呉の末裔か!?vol.4
http://unkar.org/r/history/1256401997
復興!周王室(天子)!倭人は呉の末裔か!?vol.5
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/history/1295856332/



5名無しさん@おーぷん:2014/09/24(水)00:39:47 ID:EiLpvxHRX
本家からわざわざ糞スレもってくんなよw
周王室と倭人は関係ないからなw

6名無しさん@おーぷん:2015/01/28(水)19:06:17 ID:2Sh
>>5

糞スレかもしれないが、なぜか書き込みが多いぞw

7日本万歳:2015/02/02(月)22:37:11 ID:EWe
日本万歳

8名無しさん@おーぷん:2015/04/05(日)07:47:14 ID:ubr
本家2ちゃんでは、なぜか人気スレだな

9名無しさん@おーぷん:2015/04/05(日)07:47:44 ID:ubr
呉服=和服だな

10名無しさん@おーぷん:2016/12/14(水)16:25:08 ID:aaZ
何気に歴代最長だった周王朝

11名無しさん@おーぷん:2018/01/11(木)21:52:23 ID:wD2
で、太白の末裔って他に誰か居ないの?
遺伝子調べれば一発じゃね?

12名無しさん@おーぷん:2018/06/03(日)07:58:48 ID:J7l
>>11
太伯には子孫も末裔もいない
だから死んだ後は弟が呉の王位を継いだんだぞ

13名無しさん@おーぷん:2018/06/03(日)15:44:03 ID:eHO
>>12
太公望の先代、というか太公、つまり先々代が末っ子を贔屓したのか末子相続なのか嫁の差か知らないが、上2人が周を出て句呉という国を作った訳だよな?
んで史記の31巻に「太伯卒,無子,弟仲雍立」と書かれてるようだが、これは誰に聞いた話だろうか?

14名無しさん@おーぷん:2018/09/15(土)18:31:38 ID:UPA
親が家を出たなら子も家を出た可能性はないのだろうか?
下の子が育たなかったりして亡くなった時に跡継ぎが家に居なければそう書かれる可能性ってないのかな?

名前: mail:

【9:13】雄略天皇【武】 
1名無しさん:2014/04/11(金)18:30:48 ID:5FJWVXO3V
Q:南朝ではなく北朝と接近したほうが良かったような気がするが。

A:交通上ムリがある

A:整理しよう
当時の同盟国は百済で敵対する高句麗は北魏に朝貢している
北魏としては宋と高句麗に挟撃されるのを嫌うので
百済王の長ったらしい上表文を貰っても高句麗の南下政策は黙認するわけです
北魏も国内に不安要素が皆無ではないので南朝を併合するほどパワーもない
一方宋は皇族同士の殺し合いが盛んで、かつ豪族の貴族化が激しく軍事力が低いというよりは
戦略的指導体制に不備があるため、北伐とかは一流の武将にも反対される始末で強行しても失敗します
要は南朝は軍事的には当てにならないが北朝は戦略的に味方にならない
詰んだ状態なわけです



4名無しさん@おーぷん:2014/05/01(木)11:37:44 ID:aAjFbWvDD
倭王武の上奏文に見られるようなヤマトの強烈な領土拡張意識は、
天壌無窮の神勅が当時からあったような気がする

5名無しさん@おーぷん:2014/05/01(木)15:13:10 ID:zSwt3hQwO
>>4

まあそんな感じだな。

始祖王の遺言とかがあったような感じだな。

6名無しさん@おーぷん:2014/05/19(月)03:28:44 ID:3lcY7IyF2
倭国は親魏倭王でかつ黄幢を預かる責任者なんだよ、これは異例のズバ抜けた扱い
倭国としては魏の同盟国のつもりであり、魏→晋→宋という魏の正統な継承政権の
同盟者という地位はアイデンティティーとして譲れない
北朝とはもちろん戦略的な理由から非公式な交流はあったろうけど
公式な国交を開くわけにはいかなかったんだよ

7名無しさん@おーぷん:2014/05/20(火)10:18:47 ID:ZBZjC5sUF
>>4

> 天壌無窮の神勅


かっこいい表現だ

8名無しさん@おーぷん:2014/09/24(水)00:42:01 ID:EiLpvxHRX
武の上表文は朝鮮半島の南半分は倭国に権利があるってことを説明してるだけ
だから「百済も含めて」都督諸軍事を認めろって話

9名無しさん@おーぷん:2015/04/05(日)07:44:29 ID:ubr
新年度なので保守

10名無しさん@おーぷん:2015/04/05(日)07:46:11 ID:ubr
連続かきこであがるはずだ

11名無しさん@おーぷん:2016/02/29(月)22:08:37 ID:MIn
倭王武と雄略天皇が同一人物とは限らんよ?

12名無しさん@おーぷん:2017/12/17(日)21:16:20 ID:iZp
スサノオ

13名無しさん@おーぷん:2018/03/12(月)08:29:25 ID:zHI
雄略天皇の顔って絶対おっさんよな

名前: mail:

【10:20】客観的に憲法今まで改正なしって凄くね
1名無しさん@おーぷん:2017/08/21(月)12:38:59 ID:hT9
よく考えてみても革新派が、憲法維持したいとか異常だわ



11名無しさん@おーぷん:2017/08/25(金)16:51:14 ID:Ubq

考えてみれば当たり前の話で、
【つい15年前】、
日本中を無差別爆撃し、海上封鎖し、原爆を落としたのがアメリカであった。

戦後は戦後で、勝手に憲法を作り替えられ、不敬罪は廃止され、
アメリカに都合の悪い人間は片っ端から「公職追放」された一方、共産主義者は「凱旋将軍の如く」仕立てられて釈放したのがアメリカであった。

更に付け加えて言えば、アメリカ本国に帰ったマッカーサーが、アメリカの国会での証言で、
「日本人なんぞ13歳のガキ」呼ばわりした事も当時の人間は誰でも知っていた。

こんなアメリカに好意など感じる訳も無い。
「60年安保闘争」は、右翼と左翼が仲良く手を取り合って、岸信介という【アメリカのスパイ】と戦ったのである。
岸は日米安保を結んでさっさと辞任、その後の池田勇人は、
「憲法改正なんぞより経済優先」とかほざいて、完全に憲法改正機運を押しつぶしてしまったのだ。

憲法改正が出来なかったのは【自民党の怠慢】の責任というのは、何万回指摘してもしすぎる事は無い。

12名無しさん@おーぷん:2017/08/25(金)16:51:48 ID:Ubq
>理想を言っても、実現しなければイヌの糞だよ。

つまり、あなたは55年体制以来の自民党の歴史を全否定するのですかw

13名無しさん@おーぷん:2017/08/25(金)17:02:57 ID:Ubq
>>8
それも違うな。
日本国憲法は、アメリカによる【占領統治法】だったのだ。
GHQ統治時代の日本と言えば、アメリカが国防を代行するのが当然だったので、
「軍隊を持たない、国の交戦権は認めない」という内容で当たり前。

逆に言えば、【占領統治法】を70年経っても改正しなかった日本人の方が異常なのだ。
本来だったらサンフランシスコ講和条約の時点で廃棄されるべきゴミだった。

しかし、それに猛反対したのが【吉田茂】。
吉田は戦時中、軍部に迫害されたというルサンチマンを抱えており、
また、当時の軍部が社会主義とかナチスドイツ、ソ連などに狂ったように心酔していた姿を見て、
『再び日本に軍隊を持たせたら、そっくりそのままソ連の手先に変貌するのではないか』
と警戒して、日本の軍備は最小限にし、アメリカ軍の占領統治を継続するよう求める日米安保条約を結んできたのである。

つまり、吉田茂は「日本軍よりも米軍の方が信用出来る」と考えていたのだ。
確かに、515事件や226事件、三月事件や十月事件を繰り返すような「日本軍」よりは信用出来ると考えても無理は無いが。
それに、21世紀の今でも、明らかに「中国の主張の代弁者」と化している自衛隊出身の「軍事評論家」が居たり、
中国人の何らかの血縁関係に在る人物が自衛隊になっていたりするので(妻とか片親が中国人とか)
吉田茂の心配もあながち「杞憂」の一言では片づけられないのが実状。

だが、結局アメリカ軍とて「トンキン湾事件」の自作自演でベトナム戦争介入を行うような陰謀国家だったし、
決して「綺麗な軍隊」などではなかったのであるが。

14名無しさん@おーぷん:2017/08/25(金)17:40:11 ID:6gw
>>13
それは9条だけ着目した見解だよ。全条文に込められた悪意というか仕掛けについて調べることを薦めるよ。

15名無しさん@おーぷん:2017/08/26(土)18:02:46 ID:IDb
>>14
昭和天皇は、今の憲法で満足だったようだが?
天皇条項が問題になった時なんかも、
「良いじゃないか。今までの歴史上でも天皇は象徴的存在だったのだし」
と仰ったそうだし。

むしろ大日本帝国憲法に書いてあったような、
軍隊を指揮する【大元帥陛下】なんてのがフィクションだよ。

そもそもあんなフィクションを定めてしまったからこそ、
【天皇の戦争責任】なんてのが問われるようになってしまった。
何せ、軍隊の最高指揮者は「天皇=大元帥陛下」って事になったんだから。
部下の軍部が何かしでかそう物なら、たちまち最高指揮官である天皇の責任が問われるのは当然の事。

大日本帝国憲法は、日本国憲法と比べて「良かった」と言う人も居るけど、
対して「良い」とは思わないね。

「押しつけ憲法」という意味でも、日本国憲法と同じだし。

小林よしのりが『大東亜論』で指摘したけど、
大日本帝国憲法は、民間が盛んに作っていた「私議憲法」を片っ端から無視して明治政府が「押しつけ」した憲法なんだよ。

美智子皇后が五日市憲法を高く評価した話は有名だけど、
日本の新しい憲法を考えるのであれば、
大日本帝国憲法だけじゃなく、民間人が全身全霊を打ち込んで作り上げた私議憲法をも参考にすべきだと思うね。

16名無しさん@おーぷん:2017/08/26(土)18:13:53 ID:IDb
なお、沖縄人にとっては一般常識だし、今でも沖縄人は恨んでいるようだが、
昭和天皇は沖縄を【売った】。
昭和天皇も吉田茂と同じく、
「日本に軍隊はいらない。持っても軽武装まで、国防は全面的にアメリカに頼るべし」
って考えであったらしい。

これまた当たり前の話で、
戦前、226事件の青年将校や、宮城事件の将校たちは、

『天皇陛下の御為に!』

と叫んでは、天皇の信頼する臣下を殺して回ったり、クーデター未遂を起こしまくっていた。

本土決戦用に用意されていた「松代大本営」とは、「天皇・皇后の為の刑務所」とでも言うべき施設であり、
当時の軍部の本音は、平和志向の天皇は邪魔だという認識であった。

昭和天皇自身、何度か当時の軍部の思い出を語っており、

「もしも私が堂々と戦争反対と言ったり、軍部の主張を天皇大権を使って退けたりなどすれば、首をちょん切られたか、死ぬまで精神病院に放り込まれただろう」

などと語っている。

こんな昭和天皇が、日本人による軍隊に対して不信感を抱くのも当然の事であり、
のちにアメリカ国務長官になったアレン・ダレスを通じてアメリカに、
「例え講和条約を結んだとしても、日本からアメリカ軍は出て行かないでほしい」
と懇願していた事が明らかになっている。

その担保として代わりに、沖縄をアメリカに【売った】のだと。
まあ、昭和天皇の意向など関係なしに、既に沖縄はアメリカの軍政統治下に在ったのであり、
昭和天皇の言葉は、その現状の承認と、
「でも、潜在的主権は日本に在る」
という事をアメリカに認めさせた=つまり日本は沖縄返還要求をする資格を有するという意味では画期的では在ったのだが…

17名無しさん@おーぷん:2017/08/26(土)20:56:56 ID:LpH
>>15
「昭和天皇は、今の憲法で満足だったようだが?」という話は、終戦の詔勅に
「朕ハ茲ニ国体ヲ護持シ得テ忠良ナル爾臣民ノ赤誠ニ信倚シ常ニ爾臣民ト共ニ在リ」あるようにと、ポツダム宣言受諾に当たって最低限の条件であった「国体護持」が確保されたことを言っているにすぎない。
つまり「君民共治」という国家形態が日本が世界の殆どの国々と異なる歴史伝統を持っていることを意味する。

ただ、103条の条文全体に流れるトーンはやはり日本破壊の自爆装置みたいなものであると言わざるをえない。
これを理解しない憲法論議なんて無意味でしょう。GHQというかソ連のスパイが仕掛けた爆弾をみずから温存する行為に他ならない。

昭和20年8月15日の「終戦の詔勅」、あれの中身をちゃんと読むと、当時の日本政府の立場、昭和天皇の思いが切実に感じられる名文だよ。

18名無しさん@おーぷん:2017/09/03(日)10:02:45 ID:flz
>>12
デタラメでも構わないから、改正されさえすれば良いなんてものじゃないんですけどね

19名無しさん@おーぷん:2017/10/26(木)18:32:44 ID:nKB
(戦前の)右翼思想と(戦後の)在日狐狸庵(含む帰化人)どもは我々を亡国フルスロットルに至らしめる二大業障だと思う。

20名無しさん@おーぷん:2018/01/21(日)19:10:32 ID:dCI

このままロクでもない9条を持ってると
中国に攻め込まれて日本国民はなぶり殺しにされるぞ。
チベット、内モンゴル、ウィグルのような地獄が始まる。

名前: mail:


新規スレッド作成
タイトル:
名前: mail:

スレッドをもっと見る(11~)
おーぷん2ちゃんねるの投稿は著作権を放棄しパブリックドメインとして公開しています。
まとめブログやウェブサイト上で自由に転載・創作を行えます。

おーぷん2ちゃんねるに関してのお問い合わせは こちらまで
2018 satoru.net